ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

昆虫の謎。進化途中の化石が見つからないって知ってますか?

      2015/10/31

みなさん「ダーウィンの進化論」をご存知でしょうか。

人間は猿から進化したっていうあれです。

実は、未だに海外ではこの進化論を信じていない人が多く、人間は人間として神が作ったと思っているそうです。

今回は、そんな宗教的な話をするつもりはありませんが、ダーウィンの進化論の枠の外にいる生物は確かにいます。

それが、「昆虫」

【スポンサーリンク】

昆虫最大の謎

カブトムシ

まだ、地球を爬虫類や両生類が支配していた頃、奴らは突如として姿を現しています。

しかも、既に今の形・・・つまり完成系の状態で出現しているんです。

あれだけの摩訶不思議な形・生態を持っているのであれば、それ相応の進化が必要なはずです。

にも関わらず、その進化途中は全くの不明。

昆虫の先祖に当たる化石が見つかっていないのです。

ほかの生物と、かけ離れすぎている

バッタ

まず、空を飛ぶことだけの独立した器官を持つのは昆虫だけ。

鳥も空を飛ぶための翼がありますが、あれは元々は前足だった物が進化した姿であり、骨格を見ればそれが進化によって変化した物だという事が良くわかります。

しかし、昆虫の羽根というのは、つまり羽根であり、何かに由来しているものではないのです。

さらに、「バッタの脚の歯車」「サナギの中で1度ドロドロになる」など、他の生物とあまりにもかけ離れすぎていて、恐怖すら覚えます。

擬態できる謎

擬態

昆虫の中には、外敵に見つからないように体を擬態する種があります。

それ自体は非常に目を見張る物がありますが、ある謎が浮上します。

「どうやって擬態する植物を認識しているのか?」という事です。

昆虫は、人間のように物を立体的に見たり、色鮮やかな色彩を認知できていません。

にも関わらず、なぜ寸分違わぬ姿で擬態できるのか、未だに解明されていないのです。

まさに、「そのようにして生まれた」としか考えられません。

人間をもはるかに凌駕する能力

個々の力関係でみれば、人間に勝てる昆虫は僅かです。

しかし、昆虫は他の生物よりも完全に凌駕している特殊能力を持っています。

トンボ

例えば、「トンボ」

トンボの成せる飛行能力は非常に高く、「急発進・急停止・急上昇・急降下」

どれを取っても、人間の今の技術では再現不可能だと言われています。

クロカタゾウムシ

例えば、「クロカタゾウムシ」

漫画「テラフォーマー」でも登場しましたが、この昆虫の硬さは半端じゃない。

なにせ、硬すぎて消化ができないため鳥も食べないそうです。

さらに、硬さを極限まで高めたため、羽を開くことも出来ず。

ステンレス製の標本針でも刺さりません。

蜘蛛

例えば、「フォニュートリア・ドクシボグモ」

南米の住む世界最強の毒を持つ蜘蛛です。

人間が噛まれれば25分以内に死に至ると言われ、ギネス記録にも認定されています。

どれもこれも、ある能力だけを見れば人間を凌駕していますが、

正直、靴で踏み潰しちゃえば大抵の昆虫に勝てるんですよね・・・大きさの暴力ってすごい。

やっぱり海の生き物から進化した?

カニ

今、最も有力だと考えられている説は、海に住む「甲殻類」つまりカニやエビなどが進化したという説です。

確かに、海に住んでいる甲殻類と昆虫を比べてみると、いくつもの類似点が見つかります。

まず、両方共「外骨格」という・・・つまり、哺乳類のように「骨の周りに肉が付いてる」のではなく「肉の周りに骨がある」状態と言う事。

カニを思い出して下さい。

脚を食べる時は、殻の中から肉を引っ張り出して食べますよね?

さらに、甲殻類の硬さの根源「キチン・キトサン」という成分。

実は、昆虫の硬さも同じ「キチン・キトサン」が作用しているんです。

しかも、カニ・エビのアレルギーを持っている人は、基本的に昆虫を食べてもアレルギー反応するらしいです。
(普通は食べないですけどね・・)

このような共通点をみれば、甲殻類から進化したと言われても納得ですよね!

それとも地球外生物?

昆虫の起源

しかし、それにしても特異です。

カニやエビなどから進化したと言われても、やはり途中経過を示すような化石がないのは変わりませんし・・・

昆虫が、特異だと言われる理由の一つが「変態」という能力です。

イモムシがチョウチョウに変わったり、ボウフラが蚊になったりする事です。

生まれた時の姿と大人になった時の姿が、あのように著しく変化するのは、自然界広しといえど昆虫界のみです。

その異様な能力のせいで、「宇宙から来た生命体なのではないか?」とまで言われています。

確かに、それならば、他の動物達の進化論から外れていたとしても不自然ではありません。

もしかしたら・・・

まあ、夢の無い話をすると、今では地球で生まれだとほぼ確定してるんですけどね。

異常な敵対心

怒り

私たちって、虫に対して異常なまでの敵対心を持ってますよね。

特に「ゴキブリ」

ゴキブリは誕生以来、5億年間姿を変えてません。

つまり、生まれながらにあのフォルム、生まれながらに完成形だったんです。

酸素濃度が変化しようが、気温が変化しようが、あの姿を変えることはありませんでした。

もっと、可愛い姿だったらこんなに嫌われないのに・・・

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

左利きの人は短命ってホント?左利きに関するトリビア。

これは、昔から言われている都市伝説ですね。 それにしても、人間とは区別するのが好 …

なにこれ超カワイイ!!見過ごされガチな可愛い動物たち4選!

夏休みが終わって早半月。 そろそろ、生活リズムも勉強の感も戻ってきた頃でしょうか …

「アリ」のあまり知られていない凄い事実。どんな高さから落としても死なない?

虫の中でも一番身近な存在である「蟻」 家への侵入や食べ物に群がる事から、人に害を …

人体に残された6つの進化の名残。

人体には、今はもうほとんど意味を成さない部位がたくさんあります。 それは、古代・ …

珍獣さん、いらっしゃい!こんな動物見たことない!

今のご時世いくら珍獣と言えど、テレビで見たことの無い珍獣なんかいないと思いません …

飛べないオウム「カカポ」の無防備すぎる習性とは?

珍獣中の珍獣「カカポ」 その個体数は現在確認されているだけで数100羽程度しか把 …

顔が怖すぎる・・・ヒョウアザラシの顔が完全に魔物。

こえええ!なんだこのアザラシは! 完全に魔物の顔じゃないか! 可愛いイメージのア …

憐れなり・・・苦笑いしか出てこない太ってしまった動物の姿。

最近は、すっかり秋の空気になりましたね。 ハロウィーンが近づいていることもあり、 …

【ガチで閲覧注意】このクモえげつない!本当の本当にありえない体。

最初に出てくるクモなら、ギリギリ大丈夫かも・・・ いや!やっぱりクモが苦手な方は …

アニメの世界だけじゃない!?オッドアイを持つ人々。

「オッドアイ」それは、左右で瞳の色が違う事を言います。 よくアニメで見かける設定 …