ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

「オシドリ」は全然オシドリ夫婦じゃなかった・・・

      2017/04/12

「あの夫婦は喧嘩もしないし、仲がいいわ。本当にオシドリ夫婦ねー」

なんて、良い意味で使われる鳥。

でも、本当のオシドリは毎年ペアが違うって知ってましたか?

いい夫婦なように見えても、本心は新しい妻を見つけることしか考えてないんです。

【スポンサーリンク】

オシドリはオシドリ夫婦じゃない。

オシドリ

そもそも、何故オシドリは仲の良い夫婦の象徴になったのでしょうか。

実は、オシドリに関して昔からこんな言い伝えがあります。

「オシドリの夫婦の一方を捕まえると、もう一方が悲しみのあまり死んでしまう

どうやらこの話が由来になっているみたいですね。

「思い死ぬ鳥」略して「オシドリ」となったという説もあるそうです。

また「愛おしい」から由来しているとも言われているんです。

優しい一面も、もちろんあるんです

オシドリ

オシドリのオスは、メスの事を懸命に守ります。

それはもう、まさに命懸けで守ります!

例えば、別のオスが自分のメスに近づく事を警戒して、常に寄り添っています。

メスが迷惑そうにしていても「だって、心配なんだもん!」と、お構いなしにくっつきます!

もし、メスが外敵に襲われそうになった時は、オスは羽をバタつかせて、自分が傷ついているかのように振舞うんですよ!

これを「偽傷行動」と言います。

そうして、外敵の注意を自分に向けてメスを逃がすんです。

まさに、ベタ惚れ状態!

いい奴ですよね!

卵が産まれると急変!

一匹のオシドリ

がしかし、オスが優しいのも卵が生まれるまで。

メスが懸命に卵を守っている時、オスは何もしません。

一切育児に関与しないのです!

それどころか、なんと別のメスを見つけに旅立っちゃうんです!

挙げ句の果てに卵産みたての元妻を横目に、別のメスに求愛行動を取ることもある下衆な野郎なんですよ!

下衆は言い過ぎましたけど・・・まあ、こんな感じで「釣った魚に餌やる馬鹿はいねーだろ?」と言わんばかりのひどいオスなんです。

そんな昼ドラは毎年行われる

寝ているオシドリ

まるで昼ドラでも見ているような世界ですが、そんな悲劇がなんと毎年行われているというから驚きです。

そう、オシドリは一生同じペアではなく、毎年相手が違うんです!

なんてこった!

オシドリ夫婦って嫌味な言葉だったんですね!

毎年、オシドリの夫婦から「この薄情もの!」とか「捨てないでー!」とか聞こえてきそうですね・・・。

全く厳しい世界だ。

鳥類は一生ペアを変えない種が多い

鶴

実は、哺乳類は全体の3%しか一夫一妻ではありません。

ほとんどがハーレムを作って一夫多妻なんです。

しかし、鳥類は実に95%が一夫一妻!

しかも、一生ペアを変えない種が多いのです。

中でも、鶴は40年以上生きるため長い夫婦生活をしていることが多いです。

ハヤブサは、何年経っても毎年繁殖期になると求愛行動をし、相手が寿命で死ぬまで寄り添って生きます。

まさに夫婦の鑑ですね!

そんな中、オシドリと言ったら毎年ペアは変えるわ、産卵したメスから逃げるわ、すぐ求愛行動取るわ、ひどいもんです!

それも一つの生きる形

おしどり夫婦

まあ、ここまで好き勝手言ってきましたが、これも一つの生きる形なんですよね。

オスはできる限り多くの子孫を残すために行動しているだけなんです。

それよりも、注目すべきは哺乳類のほとんどがハーレムという形を作っているという点です!

人間も国が違えば、一夫多妻制ですよね!

人間がわずか3%の枠に入っているとは思えませんし・・・。

でも今は、女性に興味のない男性が増えてますよね・・・。

この際「肉食系男子に限り、ハーレムを作って良い」って事にしません?

その方が人口も増えるし・・・ごめんなさい、石を投げないでください。

 - 動物

アドセンス

  関連記事

ヤモリのおかげで【忍法!天井歩き】が出来るようになるかもしれない。

皆さん、ヤモリの凄い能力を知っていますか? 家の壁にへばりついている、あのトカゲ …

アリの苦手な物。チョーク1本で動きを封じ込められる?

これからは、いや~な害虫の季節になりますね・・・。 中でも、厄介なのが「アリ」。 …

顔が怖すぎる・・・ヒョウアザラシの顔が完全に魔物。

こえええ!なんだこのアザラシは! 完全に魔物の顔じゃないか! 可愛いイメージのア …

「アリ」のあまり知られていない凄い事実。どんな高さから落としても死なない?

虫の中でも一番身近な存在である「蟻」 家への侵入や食べ物に群がる事から、人に害を …

【ガチで閲覧注意】このクモえげつない!本当の本当にありえない体。

最初に出てくるクモなら、ギリギリ大丈夫かも・・・ いや!やっぱりクモが苦手な方は …

こんな猫ちゃんもいるんだ!知らなかった世界の猫。

一口に猫と言っても、色んな種類がいますよね? 現在、ペットとして親しまれている主 …

夏の風物詩「蝉」。その辛すぎる一生に涙・・・

夏の風物詩の1つ「蝉」 彼らの「みんみんみん」という鳴き声を聞くと「夏だなぁ」っ …

これも生きてる証拠、世界の超臭い動物達。

生き物は総じて臭いですが、世界には臭すぎて近寄れない最悪の動物がいます。 人間も …

自然界の中で、人間は弱い動物なのか?確かめよう!

自然界の中には、人間なんてまるで歯が立たない強い動物達がいます。 それらと比べて …

飛べないオウム「カカポ」の無防備すぎる習性とは?

珍獣中の珍獣「カカポ」 その個体数は現在確認されているだけで数100羽程度しか把 …