ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

これでも動物?ヒトデやナマコってよく考えると、かなり不気味。

      2017/06/28

海の生き物は総じて不思議です。

その中でも、特に不思議なのは「ヒトデ」や「ナマコ」などの棘皮(きょくひ)動物と言われる種類!

あまりにも身近で害のない存在なので、関心を持って接する機会はありませんが、よくよく考えてみるとかなり不気味な生き物です。

今回は、そんな「ヒトデ」や「ナマコ」について紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

ヒトデやナマコが面白い!

ヒトデ

「別に興味ないのでいいです」

こんな声が聞こえてきますが、是非読んでください!

絶対面白いから!

絶対人に話したくなるから!

たぶん・・・なるから!

心臓がない

頭のないナマコ

なんと!ナマコには心臓がありません!

というか、血管自体が退化して機能していないのです!

血管が使われていないということは、その長たる心臓も必要ないのです。

じゃあ、どうやって酸素を取り込んでいるのか?

実は、血管の代わりに水管という海水を直接流している管があるのです。

魚などは、エラから海水を取り込み、酸素を取り出して血液に乗せますが、ナマコは直接海水を体内に流して酸素を取り込んでいるんです!

頭もない

ヒトデ

棘皮(きょくひ)動物には、頭もありません。

ほとんどの動物には、脳と呼ばれる神経細胞の塊が存在するのですが、それがナマコ達には無いのです!

「じゃあ、どうやって考えているんだ?」

「さあ?」分かりません。

目も耳も鼻もない

ナマコとクラゲ

もう、何も無いですね。

しかし、ナマコやヒトデは光に反応したり、獲物を感知して食べたりしています。

どうやっているのでしょう?

実は、ナマコやヒトデの皮膚には神経が張り巡らされてあり、皮膚で色々と感知しているみたいですね。

どうせなら目くらい付けておけばいいのにね!

強い再生能力!

動いてるヒトデ

これは、人間にも欲しい能力ですね!

ヒトデは一部がちぎれたとしても、時間が経てば再生できます。

しかも、ちぎれた方も新たな個体として生きる事もあるんですよ!

ナマコに関しては、腸などの内蔵まで再生します。

人間に置き換えたらすごいですよね!

交通事故で、ぱっかーんって2つにちぎれても、時間が経ったら2人になれるんですよ?

なんか、怖いけどすごい!

性別も無い

大きいヒトデ

雌雄同体というやつですね!

オスにもなれるし、メスにもなれる。

生まれた時は、オスだけど時間が経つとメスになるって奴もいるみたいですね!

相手に合わせて性別を変えることができるなんて、究極の愛ですね!

それを考えれば、人間の恋愛なんてまどろっこしいったらありゃしない。

男だろうが女だろうが、好きになったら一緒になればいいさ!

でも、人間に近い

大きいナマコ

こんなに変な生き物なのに、遺伝子レベルで考えると人間に近い生き物なんです!

人間とウニの遺伝子レベルを比べてみると、なんと70%も合致しているんだとか・・・。

ハエと比べてみると40%だそうで、少なくとも虫よりはずっと近い存在だったことが判明しました。

という事は、退化してしまっただけで、人間にも似たような機能があるのではないでしょうか?

そういえば、人は受精卵からある一定の時期までは、男でもあり女でもあると聞いたことがあります。

しかも、失った指を特殊な薬で再生させたという話も聞きました。

もしかしたら、将来は本当の意味で再生医療が出来るかもしれないですね!

肛門からも食べれる

ナマコのお尻
出典土偶StaticRoute

なんと、ナマコは唯一ある立派な口を使わず、肛門から獲物を食べることがあるそうです。

心臓も頭も目も耳も鼻も性別も無くて、唯一ある口と肛門を使い間違えるなんて・・・。

しかも、肛門には肛歯と言われる歯もあるそうで、前からも後ろからもちゃんと食べれるんですって。

肛門に歯か・・・。

これは人間には置き換えたくない。

考えただけでムズムズします。

面白かったでしょ?

「ごめん、ほとんど読んでないわ」

なんて声が聞こえてきますが、まあいいです。

興味のある方だけ読んでください。

棘皮動物は、人間に近い存在でありながら丸っきし構造の違う生き物なので、知れば知るほど面白いです。

ただし、海でナマコやヒトデを見つけたからといって、不用意に触ってはいけません。

中には毒を持つ種類もありますので、水族館で鑑賞することをおすすめします!

 - 動物

アドセンス

  関連記事

男性にも子宮がある?黒目の大きさは全員一緒?人体の面白トリビア!

人間の体は、不思議でいっぱい! 今回は、学校の保健体育では教えてくれない人体の面 …

妖精?飛ぶと姿が消える神秘の蝶「グラス・ウィング・バタフライ」

まるでファンタジーの世界からやってきたかのような蝶がいました! その名は「グラス …

「オシドリ」は全然オシドリ夫婦じゃなかった・・・

「あの夫婦は喧嘩もしないし、仲がいいわ。本当にオシドリ夫婦ねー」 なんて、良い意 …

まるで宝石のよう・・・洞窟に星空を作る「土蛍」に感動。

光の届かない、暗い洞窟の中にも星空はあります。 それは、世界8大不思議の一つ「土 …

ウサギは1匹になると寂しくて死んでしまう・・・これは、嘘!

そうなんですか!? なんだか、ドラマやアニメでよく使われる話なので、てっきり本当 …

言われてみれば・・・人間ってなんで5本指なんだろう?

今までそんな事1回だって考えたことありませんでしたけど・・・。 言われてみれば「 …

ネコの雑学!首をかしげるのは何故?猫舌って本当?

日本全国、1000万匹の猫の皆さん。 あなたたちの可愛い仕草に人間達はメロメロで …

【閲覧注意】蜘蛛って知れば知るほど凄いって思う。

ゴキブリや蛇に並んで苦手な人が多い生き物「蜘蛛」 しかし、その奇々怪々な見た目と …

アマゾンの常識、ピラニアは怖くない!実は臆病な魚でした。

ピラニアと言うと、極悪なボスが水槽の中に人を入れて食べさせる・・・。 みたいな怖 …

究極の長寿、クローン生物。不老不死のベニクラゲ。

前回の記事(ウニの寿命が200年って本当!?長生きな生き物達。)で紹介した、クロ …