ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

顔が怖すぎる・・・ヒョウアザラシの顔が完全に魔物。

   

こえええ!なんだこのアザラシは!

完全に魔物の顔じゃないか!

可愛いイメージのアザラシを完全に壊してしまうインパクトのある顔です。

性格は至って獰猛、南海では最恐クラスの捕食者です。

【スポンサーリンク】

ヒョウアザラシが怖い!

口を開けているアザラシ

南極の王者と呼ばれているアザラシがいます。

その名は「ヒョウアザラシ」

ヒョウという名が付いているだけあって、非常に獰猛な狩人なんです。

大きく鋭い牙にアザラシとは思えない表情・・・

こんなのに追いかけられたらトラウマどころじゃありませんね。

という事で、今回は南海の王者「ヒョウアザラシ」を紹介したいと思います。

サイズもデカイ!

ヒョウアザラシの牙

ヒョウアザラシは体長3m以上、体重300kg~500kgというビッグサイズです。

南極に住むアザラシの中では最大種となります。

しかも、なんとオスよりもメスの方が大型なんです!

体重もオスが平均300kgなのに対し、メスは500kgを越す個体も確認されています。

巨体にもかかわらず遊泳速度が早く、ペンギンや鳥も捕食します。

あんなサイズで襲われたら、ペンギン程度では成す術はありませんね。

同じアザラシだってお構いなしに捕食!

ペンギンを食べるアザラシ

実は、ヒョウアザラシの主食はオキアミという小さい海老のような物なのですが・・・。

時としてペンギンなどの動物を捕食することがあります。

そして、その捕食対象は別種のアザラシにまで及びます。

「ウェッデルアザラシ・ミナミゾウアザラシ・ロスアザラシ」

なども食べてしまうんですね。

しかも、ナンキョクオットセイを食べる時もあるというので驚きです。

本当に、南極では敵なしの王者のようです・・・

性格は非常に残忍・・

ペンギンを咥えるアザラシ

基本的な性格は荒く非常に残忍です。

1日15羽以上ペンギンを食べることもあり、狩りをするときは遊びながら狩ることもあります。

捕まえたペンギンを一旦水中に引き込み、かと思うと急上昇して海面で離します。

そうして、ペンギンが逃げ出した所をまた捕まえる・・・という完全にペンギンを手玉にとって遊んでいるんです。

ヒョウアザラシはその気になれば、大きく開いた口と鋭い牙を使って一撃で仕留められるはずなのに・・・

食べ方がひどい・・・

ヒョウアザラシ

ヒョウアザラシは、シャチのように獲物を丸呑みすることができません。

では、捕まえたペンギンをどのようにして食べるのか・・・

「噛み付いて、振り回して、遠心力で引きちぎる」

ひどい・・・怖すぎる。

食物連鎖の覇者とはいえ、食べ方が雑すぎます。

スウェーデンの映像作家、ゴラン・エルメ氏は長年にわたってヒョウアザラシを追っていましたが、捕食シーンのあまりの残忍さにこの仕事を辞めようかと考えたほどだといいます。

まあ、人間も知らないだけで豚や牛をえげつない殺し方してますけどね。

残酷だけど仲間思いな一面も・・

口を開けているアザラシ

こう見えても、仲間思いな一面もあるんです。

あるカメラマンダイバーが、ヒョウアザラシの捕食シーンを間近で撮ろうと近づいた時のエピソードです。

ヒョウアザラシはペンギンの尾っぽや脚に、噛み付いては離し、噛み付いては離しを繰り返していました。

カメラマンは最初、「ペンギンを遊びながら捕食している」と思っていたそうです。

しかし、よくよく映像を確認してみると、どうやらヒョウアザラシは「カメラマンのことを仲間だと思い込んでいる」事に気づきました。

そして、自分の捕まえた獲物を渡そうとする素振りを見せていたのです。

つまり、ペンギンの弱る所を見て楽しんでいたのではなく、仲間に獲物を分けようとしていたんですね!

実は、すっごい優しい動物なのかも・・・

王者といえど・・・

シャチ

いくら南海の王者といえど、同格の存在はいます。

それが海のギャング「シャチ」

ヒョウアザラシが食べられてしまう可能性があるとすれば、シャチによる捕食だけです。

そう、ヒョウアザラシでも唯一負けてしまう相手がシャチなんです。

しかし、そうそう捕まるわけではありません。

例外的に、怪我をしていたり、すでに死にかけの時に襲われるらしいです。

南海の王者でも、手負いなら食べられてしまうという訳ですね!

厳しい自然の中を生きている

ヒョウアザラシの顔

さて、「残酷だ残忍だ」なんて言ってきましたが、ヒョウアザラシは意味のない捕食はしません。

思わず遊んじゃう事もあるけど、そのあとは美味しく頂いています。

強すぎる故の余裕から、残酷だと思われがちですが、全ては生きるため・種を存続させるために必要な事なのです。

でも、やっぱり顔怖い。

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

猫パンチにも種類があった!繰り出す状況で意味が変わる?

猫好きならば堪らない仕草の一つ「猫パンチ」 目にも止まらぬ高速パンチは、人間の反 …

地球バンザイ!絶対驚く生き物のトリビア5選

さて、今回はまたしても生き物に関するトリビアを紹介したいと思います。 きっと驚く …

これでも動物?ヒトデやナマコってよく考えると、かなり不気味。

海の生き物は総じて不思議です。 その中でも、特に不思議なのは「ヒトデ」や「ナマコ …

これも生きてる証拠、世界の超臭い動物達。

生き物は総じて臭いですが、世界には臭すぎて近寄れない最悪の動物がいます。 人間も …

飛べないオウム「カカポ」の無防備すぎる習性とは?

珍獣中の珍獣「カカポ」 その個体数は現在確認されているだけで数100羽程度しか把 …

体が透け透け!スケルトンな生き物を集めてみました!

この世界にはスケルトンな動物が多く存在します。 体が透け透けと言うと深海魚に多い …

人体に残された6つの進化の名残。

人体には、今はもうほとんど意味を成さない部位がたくさんあります。 それは、古代・ …

脳も足も肛門も無い!?何にもない謎の深海生物。その名も「珍渦虫」

何も無い? そんなわけなないでしょう! 生物である以上、何かしらの器官があるはず …

おっとりし過ぎ!ナマケモノの信じられない怠けエピソード。

みなさんご存知の「ナマケモノ」 動きが遅いために付けられた名前は、まさにその通り …

驚異的な高性能を持つ人体の不思議11選。

最近、ロボット学の著しい発展やコンピュータの進化により、我々人類の体は軽視されが …