ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

まるで、ひとつの生命体!大群で飛ぶ鳥の秘密。

      2017/09/06

鳥に限らず「群れ」って凄いですよね。

同じ種が集まって同じ行動を取る姿は圧巻の一言です。

私達も、何か一つの目的のために大人数で集まってワイワイすることはありますが・・・。

いかんせん個々の我が強いせいのか、喧嘩したり輪を乱そうとする人がいますよね。

鳥にはそういうことって無いんですかね?

【スポンサーリンク】

大群で飛ぶ鳥の秘密

鳥の大群

大群で飛ぶ鳥は多くいますが、その中でも有名なのは「ムクドリ」ではないでしょうか。

こちらの動画をご覧ください。

*リンク切れの際はご了承ください

数百羽の集団がいくつも重なり、一つの大きな群れを形成しています。

まるで、一つの生命体のようにも見えますね!

実は、リーダーがいない

渡り鳥

実は、最新の研究では「鳥の群れにはリーダーがいない」という事が分かったそうです。

てっきり、リーダー的な一羽が全体を引き連れているのだと思っていましたが、あくまで個々が集まっているだけなんだそうです。

しかも、ムクドリだけではなく、ほとんどの鳥の群れにはリーダーがいないという事です。

渡り鳥の場合も同じ、先頭に立つ鳥は入れ替わりで飛んでいるので、リーダーはいないと考えられています。

しかし、だとしたらどうやってあんな複雑な動きをしているんでしょうか?

一体何がきっかけで大群を形成するんですかね?

鳥の群れは簡単3ステップ

ムクドリ

鳥の群れは簡単な3ステップで形成されています。

ステップ1.鳥は仲間と同じ行動を取ろうとする

なるほど、空を飛んでいても常に仲間を意識して飛ぶんですね!

だから、みんな一緒に一定方向へ飛ぼうとするのか!

ステップ2.同じ速さで飛ぼうとする

あれは、全員同じ速度で飛ぼうとしているのか!

早すぎず、遅すぎず・・・だからどんどん群れが合流できるんですね!

ステップ3.ぶつからない様にする

やっぱり、そこは重要ですよね!

同じ速度で飛んでいても、ぶつかってたら意味ないですし・・・。

我々人間も、大勢の人で行き交う中でもぶつからないように歩くことができますよね?

それと同じですね!

誰か一羽だけでも気づけばOK!

飛び立つ鳥

実は、群れの中にリーダーがいないメリットがあります。

それは「危機回避がスムーズ」という点です。

例えば、群れの中にリーダーがいるとすると、そのリーダーが動かない限りその場を自由に離れることができません。

危険が迫っていても、リーダーがその危険に気がつかなければスムーズに回避ができないのです。

しかし、リーダーがいなければ誰でもいい。

誰か1羽だけでも危険を察知して飛び立てば、あとの鳥は危険を察知していなくてもその鳥についていくのです。

他人任せも時には役に立つんですね!

東京でインコが多量発生

なんと、東京では野生化したインコが大量発生しているそうです。

2015年の夏頃から急増していると言われています。

多い時には2000羽近く集まるそうで、恐らくペットのインコがそのまま野生化したんでしょうね。

実は、このインコの問題は1980年代から知られています。

当時は500羽程度だったと言われていますから、近年は4倍近く増えているって事ですか・・。

もしかしたら近い将来の東京では、ムクドリではなくインコの群れが空飛ぶ姿を見れるようになるかもしれませんね!

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

こんな猫ちゃんもいるんだ!知らなかった世界の猫。

一口に猫と言っても、色んな種類がいますよね? 現在、ペットとして親しまれている主 …

ヤモリのおかげで【忍法!天井歩き】が出来るようになるかもしれない。

皆さん、ヤモリの凄い能力を知っていますか? 家の壁にへばりついている、あのトカゲ …

繁栄を極めたヤドカリの世界!こんなものまで借りてたのか!?

巻貝を背負いながらトコトコ歩いているヤドカリって可愛いですよね! 貝殻を背負う行 …

人体に残された6つの進化の名残。

人体には、今はもうほとんど意味を成さない部位がたくさんあります。 それは、古代・ …

タヌキは狸寝入りするの?意外と深いタヌキに関する4つのトリビア

タヌキと言って想像するのはジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」という人も多いのではな …

【閲覧注意】蜘蛛って知れば知るほど凄いって思う。

ゴキブリや蛇に並んで苦手な人が多い生き物「蜘蛛」 しかし、その奇々怪々な見た目と …

憐れなり・・・苦笑いしか出てこない太ってしまった動物の姿。

最近は、すっかり秋の空気になりましたね。 ハロウィーンが近づいていることもあり、 …

驚異的な高性能を持つ人体の不思議11選。

最近、ロボット学の著しい発展やコンピュータの進化により、我々人類の体は軽視されが …

生命の神秘!圧倒的な迫力で動く動物たちの大群。

今回は、虫の大群は扱っていないのでご安心ください。 それでも、大群恐怖症の人や苦 …

寿命は2年しかない?ダイオウイカの意外な真実。

ヨーロッパに伝わる海の伝説「クラーケン」 そのモデルだと言われているのが「ダイオ …