ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

猫パンチにも種類があった!繰り出す状況で意味が変わる?

      2017/09/13

猫好きならば、たまらない仕草の一つ「猫パンチ」

目にも止まらぬ高速パンチは、人間の反射速度をもってしても完全に見切ることはできません。

そんな、猫パンチにも種類があった!

一体どんな意味があるのでしょうか!?

【スポンサーリンク】

猫パンチの種類

猫パンチ

猫パンチは大きく分けて3つに分類できます。

それぞれの状況と照らし合わせて考えると、どんな気持ちなのかも良くわかります。

では早速、どんな種類があるのか見てみましょう!

「興味津々!」「遊びたい!」

興味津々

猫が敵意を持っているかいないかは、爪が出ているか否かで大体分かります。

実は、猫パンチにも爪が出ているパターンと出ていないパターンがあるのです。

爪が出ていないパンチの場合は「興味津々」で相手を押さえつけてじっくり観察したいのです。

さらに、飼い主が寝ている時に顔をちょんちょんと触ってくる時があると思います。

その時は、自分に興味を持ってもらいたい時・・・つまり「遊びたい!」って思っている時なんです。

でも、だからって触ろうとすると嫌がるんですよね・・・ほんと猫って自由ですね。

「ウザイ!」「痛い!」

シャドーボクシング

次は爪の出ているパターン。

この時は割と強めのパンチを繰り出します。

飼い主がしつこく撫でてきたり、嫌がることを続けていると叩かれます。

これは、ストレートに「嫌がっている」場合が多いですが、気難しい猫の場合だと「そうじゃない!」っていう意味だったりします。

つまり、「撫でて欲しいけど撫で方が気に入らない」とか「触ってもいいけど抱っこはヤダ」とか、猫パンチしたくせにすぐ寄ってくる場合はこのパターンが多いです。

さらに、病気をしていたり見えない怪我をしてる時もパンチする場合があります。

なので、一度触ってパンチをされたら、確かめるためにもう一度同じ箇所を触ってみるといいでしょう。

それでも、嫌がる仕草を見せるときは病気や怪我を疑った方がいいかもしれません。

「攻撃!」「排除します!」

本気パンチ

これは、力いっぱいぶん殴ります。

猫とは言え本気パンチを繰り出されると、人間の弱い皮膚など簡単に引っ掻かれてしまいます。

文字通り、相手にダメージを負わせる勢いで殴るため、「完全にキレてる」もしくは「拒絶反応」と見ていいでしょう。

興奮状態の猫に近づくのは非常に危険です。

爪切りされていない鋭い爪は、最悪の場合、皮膚を切り裂いて針で縫う事にもなりかねません。

実際そうした事件は多く、赤ちゃんを踏み台にして13針縫う怪我を負わせた例や、成人男性の肩を30針縫う大怪我をさせた例もあります。

むやみに興奮させたりビックリさせないようにしましょう。

ネコ科ならみんなやる!

ライオンパンチ

猫パンチは、ネコ科の動物ならみんなやります。

しかし、家ネコとは違い大型のネコ科動物のパンチは桁が違います。

ヒョウのパンチは、一撃でキングコブラを倒すことができる威力がありますし。

ライオンのパンチに至っては、ハイエナの背骨を折る事もできる威力なんですよ!

さらに、「飼育されていたライオンのパンチを飼育員が受けて、片肺が破裂した」なんて事件もありましたね。

そこまでになると、もはやかわいい仕草とは言えなくなりますね。

かわいいと侮ってはいけない

右パンチ

彼らは一流のハンターです。

いくらサイズが小さくても、本気を出せば人間を圧倒する力を発揮します。

ただ、普通に接している分には猫だって怒ったりしませんし、本気パンチも繰り出しません。

当たり前ですけど、「嫌がること」「痛いこと」をしない!

遊ぶ時は程ほど!

とはいえ、あの可愛い顔を見ると嫌がっててもギュッと抱きしめたくなっちゃうんですけどね!

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

脳も足も肛門も無い!?何にもない謎の深海生物。その名も「珍渦虫」

何も無い? そんなわけなないでしょう! 生物である以上、何かしらの器官があるはず …

こんな猫ちゃんもいるんだ!知らなかった世界の猫。

一口に猫と言っても、色んな種類がいますよね? 現在、ペットとして親しまれている主 …

蝉のおしっこって汚いの?アメリカでは食用にされている。

蝉に関するトリビアを紹介します! 子供の頃、よく蝉を捕まえる時におしっこをかけら …

ペンギンみたいな鳥「パフィン」が超カワイイ!人気急上昇!

か、かわいい! 欧米で大人気の鳥「パフィン」 ペンギンのように見えますが、ちゃん …

地球バンザイ!絶対驚く生き物のトリビア5選

さて、今回はまたしても生き物に関するトリビアを紹介したいと思います。 きっと驚く …

驚異的な高性能を持つ人体の不思議11選。

最近、ロボット学の著しい発展やコンピュータの進化により、我々人類の体は軽視されが …

砂漠の歩く「きな粉餅」サバクキンモグラの可愛い3つの特徴

皆さんは、サバクキンモグラという動物をご存知ですか? 最近その名を知られるように …

夏の風物詩「蝉」。その辛すぎる一生に涙・・・

夏の風物詩の1つ「蝉」 彼らの「みんみんみん」という鳴き声を聞くと「夏だなぁ」っ …

妖精?飛ぶと姿が消える神秘の蝶「グラス・ウィング・バタフライ」

まるでファンタジーの世界からやってきたかのような蝶がいました! その名は「グラス …

太っている人を「豚」呼ばわりするけど・・・豚さんは肥満体型ではない!

うーむ、そういう話じゃないような気がしますが・・・まあ、それはそれとして。 つま …