ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

人体に残された6つの進化の名残。

      2017/06/12

人体には、今はもうほとんど意味を成さない部位がたくさんあります。

それは、古代・・・まだ人が人の形をしていなかった頃の名残だと言われています。

欧米では、現在でも進化論に否定的な意見が多いですが、このような名残を見ると、どうしても進化論を支持したくなってしまいます。

一体どんな部位が進化の名残なのでしょうか?早速見てみましょう!

【スポンサーリンク】

その1.耳介筋

耳介筋

野生動物の多くが持っている耳介筋。

要は、耳を自由に動かすことのできる筋肉の事です。

人の耳介筋は著しく退化しており、神経も貧弱なため、他の筋肉を動かさずに耳介筋だけで耳を動かすのは、かなり難しいです。

耳を動かせる人は、約1000人に1人だと言われています。

さらに、1万人に1人の割合で片方づつ動かせる人もいるんだとか。

耳介筋はもちろん筋肉のことですので、元々動かせることのできる人なら、鍛えようによっては片方づつ動かせるようになるかもしれないですね!

その2.鳥肌

鳥肌

鳥肌は本来、相手を威嚇するために毛を逆立てる時の動きなのですが・・・

体毛がほとんど無い人間の場合は、ほとんど意味を成していません。

よーく見ると、産毛が逆立っているのが分かりますが、全くもって威嚇になっていません。

本来なら、毛を逆立てて体を大きく見せることで相手を怯ます効果がありますが・・・産毛じゃどうしようも無いですよね。

その3.親知らず

親知らず

植物や木の実など、多くの咀嚼が必要だった食べ物を食べていた頃の名残です。

今では、ほとんどの人がしっかりと生えそろうことはなく、歯茎に埋没している事が多いです。

中には、しっかり生え揃う人もいますが、食べカスや汚れが溜まりやすく歯磨きもしにくいため、口臭や歯周病の原因になるそうです。

絶対とは言いませんが、出来るだけ若い内に抜いておいた方が、傷の治りも早く痛みも少ないそうですよ!

その4.尾骨

尻尾

読んで文字の通り、尻尾の名残です。

希にしっぽの生えた子供が生まれることがありますが、ほとんど動かすことはできず、ただぶら下がっているだけになってしまいます。

本来、尻尾は体のバランスを支える働きがありますが、今の人には全く必要のない物ですね。

人間は、野生生物の中ではありえないほどバランスを崩しながら歩く動物です。

しかし、優れた平衡感覚を持つことでそのバランスを瞬時に解析し、倒れないように歩くことができます。

もし、この平衡感覚が少しでも鈍かったら、サイヤ人のように尻尾の生えた人類になっていたかもしれないですね!

その5.長掌筋

長掌筋

「長掌筋(ちょうしょうきん)」と言います。

木登りや物を掴む時に力を発揮する筋肉ですが、人にとっては既に無用の長物です。

なんたって、日常生活の中で「ぶら下がったり」「よじ登ったり」する事はほとんどありませんからね。

手をまっすぐ出して、親指と小指をくっつけた時、手首の部分に筋のようなものが浮かび上がった人は、長掌筋が色濃く残っている証拠です。

約11%の人は既に退化して持っていないそうです。

もちろん、日常生活には一切支障はありません。

その6.副乳

ブタ

かつては、人の祖先には股の部分まで複数の乳首が生えていたそうです。

もちろん、人の形を成していない獣時代の話です。

ブタや犬のように、複数の乳首を持っていっぺんに多くの赤ちゃんを育てていた証拠です。

今も小さなくぼみや、乳輪のような物を持っている人がいます。

男性でも見ることができますが、女性の場合だと妊娠中に違和感を覚えて発見する事が多いそうです。

もちろん、今ではほとんど退化していますので、乳腺が発達することはありませんし、なんの支障もないのですが、気になる人は除去してしまうそうです。

これからも進化が止まらない?

人の脳は3万年の間で、1割減少している事が分かっています。

それが、進化なのか退化なのかは議論の尽きない所ではあります。

しかし、昔は備わっていた季節の移り変わりを察知する能力、食べられるものを見極められる能力など、失われた力があることも確かです。

さらに、将来は足の小指が完全に無くなると言われています。

すでに、日本人の多くが第2関節しか持っておらず、逆に欧米人はほとんどの人が第3関節まで持っています。

どうやら、これからも人類の進化は止まらないようですね!

 - 動物

アドセンス

  関連記事

男はつらいよ・・・悲しい運命が待っているオス達。

男はつらいよ・・・。 毎日会社で怒られ、休日は嫁に小言を言われ、子供には無視され …

自力で目の色を変えられるってホント?その方法とは・・。

中二病を患っている男子諸君。 朗報である。 なんと、自力で自分の目の色を変えるこ …

犬が糞をする時に飼い主をジーッと見つめる理由が可愛い。

犬が糞をする時に、あなたの事をジーッと見つめることはありませんか? もちろん、全 …

太っている人を「豚」呼ばわりするけど・・・豚さんは肥満体型ではない!

うーむ、そういう話じゃないような気がしますが・・・まあ、それはそれとして。 つま …

タヌキは狸寝入りするの?意外と深いタヌキに関する4つのトリビア

タヌキと言って想像するのはジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」という人も多いのではな …

人体の謎シリーズ。実は、よく分かっていない人体の謎4選

さて、これまでも多くの人体の謎を紹介してきましたが、まだまだ分かっていない事がい …

究極の長寿、クローン生物。不老不死のベニクラゲ。

前回の記事(ウニの寿命が200年って本当!?長生きな生き物達。)で紹介した、クロ …

アニメの世界だけじゃない!?オッドアイを持つ人々。

「オッドアイ」それは、左右で瞳の色が違う事を言います。 よくアニメで見かける設定 …

夏の大敵、蚊の知られざる生態。効果抜群!蚊の撃退法を伝授!

梅雨の時期に入り、ジメジメと湿気の多い季節になりましたね。 あと、2~3週間もす …

キモかわいい?びっくり仰天、こんな変な生き物いるんですね!

さて、今回も皆さんに今まで見たこともないような「珍獣・珍虫」を紹介したいと思いま …