ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

【ガチで閲覧注意】このクモえげつない!本当の本当にありえない体。

   

最初に出てくるクモなら、ギリギリ大丈夫かも・・・

いや!やっぱりクモが苦手な方は、今すぐ退避だ!

かくゆう私も大嫌いでしてね・・・このままではディスプレイを破壊してしまうかもしれない。

でも、定期的に見たくなっちゃうんだよな・・・怖いもの見たさの人はどうぞご覧ください。

【スポンサーリンク】

ステンドグラス付きのクモ

綺麗なクモ

なんだこれ!どうなってるんだ!?

お腹の部分がキラキラに光っています!

このクモは「ミラースパイダー」と呼ばれており、「クモ界の宝石」とも言われています。

体長5ミリ以下の小さな体で、モザイク状の鏡のようなお腹が特徴です。

主に熱帯雨林に生息しており、毒性の有無や生態などは全くわかっていないそうです。

何で光ってるの?

光っているクモ

それにしても、クモとはいえ綺麗な体をしてますね。

この体は、魚類のウロコと同じ構造をしており、色素胞細胞が生成するグアニン結晶が原因のようです。

本来クモは、天敵である鳥類に食べられないよう、警戒色で派手だったり見つからないよう地味な色をしているのですが・・・

このクモに関しては、鳥類が大好きなキラキラ光る体をしています。

何故、そのような危険を冒しているのか?

何が目的なのかは、分かっておりません。

アサシンスパイダー

アゴダチグモ

和名「アゴダチグモ」

その特異な形態が特徴のクモですが、安心してください。

日本近隣には住んでおらず、オーストラリア南西部でしか見つかっていません。

唯一首を持っているクモで、口からは長い鋏角(牙)が伸びています。

他にも、鋏角が発達しているクモはいますが、真下に向かって垂直に伸びている鋏角を持つのはこのクモの他にはいません。

暗殺者と呼ばれるわけ

アサシンスパイダー

このクモはもうひとつ、特異な特徴があります。

それが「共食い専門のクモ」と言うものです。

つまり、彼らの主食は他の小型のクモです。

小さな巣を張っている小型のクモを狙い、わざと巣を揺らしておびき寄せ、近づいてきた所をガブッとヤってしまいのです・・・

まさに、クモだから知っている特徴を逆手にとって確実に獲物を捕える・・・

騙し、不意打ち、共食い・・・自然界では汚い手なんて当たり前なんですね。

【超閲覧注意】ペラペラのクモ

ペラペラのクモ

うびゃあああ!きめえええ!

体中が痒くなってきました!

うううう、お腹痛い。

こちらは、「ラップ・ラウンドスパイダー」という種類です。

擬態という概念のさらに上の、「同化」という技を持っていますね!

もはや、赤外線センサーでも搭載していないと見つけることはできませんね!

いつもは普通の体

張り付いているクモ

外敵から身を隠すときは、ペラッペラになりますが・・・

狩りをするときは、普通のクモと変わらない姿なのです。

体長は1センチに満たないほど小さな物ですが、見た目がキモすぎてもうだめだ・・・

こんなの、人間の察知能力程度じゃまず見つけられません。

よっぽど注意深く観察しないと、うっかり木の枝ごと掴んでしまいそうです。

どうやら毒はなさそうなので、万が一掴んだとしても平気でしょうが・・・あ、無理。

生命体の常識を覆すクモの世界

いかがですか?

想像の範疇を超えた形をしていますよね?

我々人類の常識では考えられない形態を持っていて、もはや生命の神秘と呼ぶ事すらためらってしまう程です。

本当に地球上の生き物なのでしょうか?

地球生命皆家族・・・ううう、家族・・・。

もし、ノアの方舟に彼らが乗るなら、私は地球と共に滅びます。

最後に、クモのダンスでも見て心を落ち着かせましょう。

まあ、もちろん閲覧注意なんですけどね。

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

「オシドリ」は全然オシドリ夫婦じゃなかった・・・

「あの夫婦は喧嘩もしないし、仲がいいわ。本当にオシドリ夫婦ねー」 なんて、良い意 …

トカゲに耳が付いている理由が面白い!今まで、ずっと謎だった!?

そもそも、トカゲに耳なんてありましたっけ? あります! 我々の考えているような形 …

蝉のおしっこって汚いの?アメリカでは食用にされている。

蝉に関するトリビアを紹介します! 子供の頃、よく蝉を捕まえる時におしっこをかけら …

「ホーホケキョ」の「ホー」の部分は・・・身近な動物の意外なトリビア。

ウグイスの鳴き声と言えば「ホーホケキョ」ですよね? 実は、この鳴き声の前半部分「 …

パパが妊娠!?タツノオトシゴの面白トリビア!

そういえば、タツノオトシゴって何者なんでしょうかね? 魚・・・でいいのかな? 貝 …

繁栄を極めたヤドカリの世界!こんなものまで借りてたのか!?

巻貝を背負いながらトコトコ歩いているヤドカリって可愛いですよね! 貝殻を背負う行 …

寿命は2年しかない?ダイオウイカの意外な真実。

ヨーロッパに伝わる海の伝説「クラーケン」 そのモデルだと言われているのが「ダイオ …

珍獣さん、いらっしゃい!こんな動物見たことない!

今のご時世いくら珍獣と言えど、テレビで見たことの無い珍獣なんかいないと思いません …

猫パンチにも種類があった!繰り出す状況で意味が変わる?

猫好きならば、たまらない仕草の一つ「猫パンチ」 目にも止まらぬ高速パンチは、人間 …

【激カワ注意】エゾモモンガの可愛すぎる生活。

エゾモモンガが可愛すぎる! 今、海外でも大きく注目されていて、「一度見てみたい! …