ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

驚異的な高性能を持つ人体の不思議11選。

   

最近、ロボット学の著しい発展やコンピュータの進化により、我々人類の体は軽視されがちのような気がします。

そこで今回は、改めて人体の高性能さを認知することにしましょう!

人体の凄い能力を紹介しますよ!

【スポンサーリンク】

人間の目の画素数は5億7600万画素

目

平均な人の目をデジタルカメラに置き換えてみよう!

そうして計算すると、その画素数はなんと「5億7600万画素」を超えます!

iPhone6sの持つ画素数は1200万画素程度。

つい、2年程前まではデジタルカメラの持つ最高画素数は6000万画素ほどでした。

最近は一気に性能が上がりキャノンでは2億5000万画素のCMOSセンサーを開発しています。

しかし、それでも人間の目には及ばないんですね。

心臓が一生の内に送り出す血液の量「浴槽115万杯分」

浴槽

人間の心臓が一日の内に送り出す血液の量は約8000ℓです。

1年で計算すると292万ℓ。

80年で計算すると2億3000万ℓを超えます。

これを一般的な浴槽で計算すると約「115万杯」に相当するのです。

全くピンときませんが、8000ℓと言うと牛乳パック8000本分ですからね。

その量を毎日全身に送っているわけです。

人間の指は13nmまで感じることができる

手

1nmは、0.000001mm。

1ミリの実に100万分の1の小ささです。

13nm以下になると触れていても気づくことはありません。

もし、人間の手を地球サイズに置き換えると家一軒一軒を感じ取れる事になります。

凄いですね!

人の目で見分けられる色の数は約10万色

色

色というのは、本来数ではなく可視域の事ですから・・・

厳密に言えば人間の可視光線域である380~780nmの波長内であれば、無限に見ることができます。

しかし、実際の違いを見分ける能力は個人差が激しく、男女でもかなり開きがあります。

一般的に男性よりも女性の方が多く色を見分けることができます。

くしゃみの速度は新幹線並み

くしゃみ

くしゃみによって放たれる唾の速度は時速320kmを超えます。

つまり、新幹線並みの速度で飛び出すわけですね!

そりゃ、あんなにデカイ音がするはずです!

人体を構造する原子の数は星より多い

星

人体を構造する原子の数を計算すると、全宇宙に存在する星の数より多いのだ。

宇宙の壮大さをそのまま人体の中に閉じ込めている事になります。

そう考えると、なんだか神秘的な感じになりますよね!

人間は僅かに光っている

光ってる

実は、人間は微弱な光を放っており、常に光っているのです。

しかし、その光は人間の目で感じることはできません。

それほど弱い光なのですが・・・。

まさか光っていたとは、知りませんでした。

心臓が止まっても精子は3日程生きる

細胞

脳細胞は酸素の供給が止まると2~3分程で死んでしまうのに対し、精子は3日も生きます。

生きているという事は、機能すると言う事なので、もちろん活用することができます。

人体の神秘ですね。

自分は死んでしまっても種を残そうという意思は生き続けるのです。

マッチ箱サイズの骨で9トンを支える

骨

人間の骨はコンクリートよりも硬いと言われています。

なんとマッチ箱サイズの骨で9トンの重さに耐える事が出来るのです。

まあ、骨が耐えたとしても肉はダメでしょうけどね。

5万種類の匂いを嗅ぎ分けることができる

匂い

人間の嗅覚も馬鹿にできませんね!

物心つく前の匂いも記憶しているのだとか。

しかし、大抵は無意識で嗅いでいる匂いがほとんどなので、意識して匂いを嗅ぎ分ける練習をしないとそこまでの力は出せません。

長距離を走る能力は、動物界一

走る

人間の持つ最大の力は、頭脳ではなく持久力。

獲物を文字通り地の果てまで追いかける事が出来る唯一の動物。

地上を長距離走ることにおいて右に出る生物はいません。

人間って凄い!

いかがですか?

人間だって馬鹿にならないですよね!

他にも色々な機能や能力がありますが、その全てをコンピュータが上回る事は100年かかっても難しいと思います。

ただ、・・・いずれは、全てにおいて抜かされる日も来るのでしょうね。

もしかしたら、100年と言わず50年で・・・。

ありえない話じゃないだけにちょっと怖いです。

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

パパが妊娠!?タツノオトシゴの面白トリビア!

そういえば、タツノオトシゴって何者なんでしょうかね? 魚・・・でいいのかな? 貝 …

ネコの謎行動は何故?「トイレ後のハイテンション」「新聞紙の上に乗る」

猫って本当に身勝手ですよね? せっかく買ってあげたおもちゃで遊ばずに、レシートを …

【ガチで閲覧注意】このクモえげつない!本当の本当にありえない体。

最初に出てくるクモなら、ギリギリ大丈夫かも・・・ いや!やっぱりクモが苦手な方は …

超絶イケメンな「チャイニーズ・クレステッド・ドッグ」とはどんな犬?

イケメンな犬だって? まあ、犬は総じて可愛いし、総じてカッコイイから別段イケメン …

夏の風物詩「蝉」。その辛すぎる一生に涙・・・

夏の風物詩の1つ「蝉」 彼らの「みんみんみん」という鳴き声を聞くと「夏だなぁ」っ …

こんな猫ちゃんもいるんだ!知らなかった世界の猫。

一口に猫と言っても、色んな種類がいますよね? 現在、ペットとして親しまれている主 …

軍用のイルカなんているの!?信じられないような「イルカ」の存在。

イルカとは、水族館のアイドルのあのイルカです。 頭が良い事は知ってましたけど・・ …

憐れなり・・・苦笑いしか出てこない太ってしまった動物の姿。

最近は、すっかり秋の空気になりましたね。 ハロウィーンが近づいていることもあり、 …

一般家庭で飼っている犬は・・・鼻をあまり使っていない。

え!? どういう事! 犬って鼻を使う動物じゃないんですか? さて、という事で今回 …

タヌキは狸寝入りするの?意外と深いタヌキに関する4つのトリビア

タヌキと言って想像するのはジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」という人も多いのではな …