ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

夏の大敵、蚊の知られざる生態。効果抜群!蚊の撃退法を伝授!

      2017/02/14

梅雨の時期に入り、ジメジメと湿気の多い季節になりましたね。

あと、2~3週間もすれば本格的な夏が始まります。

七夕、夏休み、お祭り、花火、海開き!

もう少しで、楽しい季節がやってきますね!・・・憎き奴らと共にね・・・

【スポンサーリンク】

あまり知られていない蚊の生態

蚊のイラスト

そう、夏は睡眠の天敵「蚊」の季節でもあります!

憎い奴らが、あの耳障りな羽音と共に吸血しにやって来ます。

羽音で眠れないし、小さいから中々捕まらずにイライラしますよね!

今回は、そんな蚊の知られざる生態についてお話したいと思います。

これを読めば、少しは蚊の事が分かっていただけるはず!

夜に中々退治できないのはなぜ?

困っている男性

寝苦しい夜にうなされていると、決まってやってくるのが蚊の連中です。

やっと、眠れそう・・・って思っても

「ぶ~ん・・・ぶぅ~ん!」って耳元に来ますよね!ああ、ウザったい!

そんな時は、自分の耳元を「パチン!」

もしくは、「ブンブン!」と手で振り払いますよね。

でも、その方法ではほとんど退治することはできません。

何故か?

耳元で音が鳴っているから、近くに蚊がいると思いますよね?

でも実は、蚊の本体はもっと遠い位置にいるのです!

約20センチ

ものさし

耳元で「ぷ~ん」と羽音が聞こえている時、蚊の本体は約20センチ程離れたところにいます。

あの耳障りな羽音の原因は、1秒間に500~1000回という羽ばたきから来ている高周波です。

高周波は遠くまで音が響くので、さも耳元で鳴っているかのように感じますが、実は少し離れたところから発せられているのです!

なるほど・・・つまり、いくら耳元で手を叩こうが無意味ってわけですね!

なぜ、顔に近づくの?

蚊取り線香

寝ている時に、蚊が顔に近づく理由はいくつかあります。

まず、第一に吸血できるポイントが顔くらいしかないからです。

夏場とは言え、タオルケットくらい被って寝ますよね?

そうすると、吸血できるポイントは顔かわずかに露出している手足だけです。

足ならば、気がつかないかもしれませんが、手を顔の近くに置いていると、先ほど説明した高周波の影響で、やっぱり羽音が聞こえてしまいます!

もう一つの理由は、二酸化炭素に反応するからです。

蚊は、二酸化炭素・・・つまり、呼吸した時の吐いた息に反応して近づいてくるので、自然と顔の方に寄ってきます。

最後は、熱です。

蚊は、体温にも反応して近づいてくるのですが、頭部は他の部位に比べて比較的体温が高いので、蚊が寄ってくるのではないでしょうか。

「露出」「二酸化炭素」「熱」これら全てに当てはまるのは、やっぱり顔の近くなんですよね・・・・・とほほ。

すごい簡単な蚊の撃退法

止まっている蚊

あのウザったい蚊ですが・・・実はとっても簡単で、かなりの効果を期待できる方法があるんです!

そのためには、蚊の弱点について知らなければならないことがあります。

それは、「飛行能力がかなり低い」と言う事。

蚊はたった風速2mで、安定して飛行することができなくなります。

高度もマンション2~3階ほどが限界で、他の飛行生物に比べるとかなりお粗末な物です。

そのため、扇風機の風に当たるだけで「あ~れ~れ~・・・」と吹き飛んでしまいます。

扇風機

そうです!扇風機さえつけておけば、ほとんどの蚊は寄ってくることができないのです。

エアコンの風でも、吹き飛びます。

つまり、エアコンをつけながら、扇風機を回して部屋の空気を巡回するようにしておけば、蚊は飛行困難に陥りどっかへ行っちゃいます。

なんか、急に可愛く思えてきたな。

蚊のトリビア

ちなみに、蚊のトリビアについても、少し触れておきます。

嫌われ者の蚊ですが、これを読めば少しは許せるようになれるかも・・・しれない。

血を吸うのはメスだけ

血を吸っている蚊

奴ら、常に人間の血を求めて飛んでいる・・・そんなイメージですよね。

でも、蚊が血を吸うのは交尾した後のメスだけなんです。

産卵のために必要な栄養を確保するために吸血するんです。

しかも、3~7日に1度だけ、一生の内に吸血する回数もせいぜい3~4回程なんですよね・・・。

肝心のオスは何を吸ってるの?

花

オスに限らず、メスも普段は「花の蜜」を吸っています。

あれ?なんか急にメルヘンな生き物のように思えてきましたね。

オスは、一生花の蜜か草の汁しか吸いません。草食系だったんですね・・・。

蚊取り線香

という事で、最後はただの甘いもの好きの虫って話になっちゃいましたね。

実は、メスは吸血しないでも産卵することはできるんです。

ただ、その場合1度に10個程しか卵を産めません。

吸血した場合だと、500~600個程産めるようになるんですって!

血ってすごい栄養価高いんですね!

まあ、蚊の連中も普段は花の蜜を吸っているような穏やかな生物だけど、子孫を残すために嫌々血を吸っているのかも知れないですからね!

え?蚊には、血を貯める用の袋が元々備わっている?・・・奴ら、最初から血を狙って・・・・やっぱり敵だ!

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

繁栄を極めたヤドカリの世界!こんなものまで借りてたのか!?

巻貝を背負いながらトコトコ歩いているヤドカリって可愛いですよね! 貝殻を背負う行 …

【激カワ注意】エゾモモンガの可愛すぎる生活。

エゾモモンガが可愛すぎる! 今、海外でも大きく注目されていて、「一度見てみたい! …

おっとりし過ぎ!ナマケモノの信じられない怠けエピソード。

みなさんご存知の「ナマケモノ」 動きが遅いために付けられた名前は、まさにその通り …

これでも動物?ヒトデやナマコってよく考えると、かなり不気味。

海の生き物は総じて不思議です。 その中でも、特に不思議なのは「ヒトデ」や「ナマコ …

飛べないオウム「カカポ」の無防備すぎる習性とは?

珍獣中の珍獣「カカポ」 その個体数は現在確認されているだけで数100羽程度しか把 …

羽のあるアリって一体何者?普通のアリとは種類が違うの?

皆さん、羽の生えているアリ、つまり「羽アリ」と呼ばれている存在は知ってますよね? …

究極の長寿、クローン生物。不老不死のベニクラゲ。

前回の記事(ウニの寿命が200年って本当!?長生きな生き物達。)で紹介した、クロ …

男はつらいよ・・・悲しい運命が待っているオス達。

男はつらいよ・・・。 毎日会社で怒られ、休日は嫁に小言を言われ、子供には無視され …

「アリ」のあまり知られていない凄い事実。どんな高さから落としても死なない?

虫の中でも一番身近な存在である「蟻」 家への侵入や食べ物に群がる事から、人に害を …

こんな猫ちゃんもいるんだ!知らなかった世界の猫。

一口に猫と言っても、色んな種類がいますよね? 現在、ペットとして親しまれている主 …