ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

妖精?飛ぶと姿が消える神秘の蝶「グラス・ウィング・バタフライ」

      2017/09/05

まるでファンタジーの世界からやってきたかのような蝶がいました!

その名は「グラス・ウィング・バタフライ」!

和名は「スカシマダラ」と言います。

なんと、この蝶は「透明な羽」を持っているのです!

【スポンサーリンク】

透明な羽を持つ蝶

メキシコ、パナマ、コロンビアなどに生息している「グラス・ウィング・バタフライ」

実は、透明な羽を持つ蝶はこれだけではなく、実に数百種類もいると言うので驚きです!

この種類の蝶たちにはほとんど鱗粉がなく、中には全くない種も存在します。

というか、そもそも鱗粉って何なんでしょうかね?

普通の蝶でも元は透明?

モンシロチョウ

実は、鱗粉で隠れているだけでモンシロチョウなども、元の羽は透明なのです。

鱗粉の役割は大きく分けて2つあると言われています。

1つは、雨から羽を守ること。

2つ目は、色や模様などを構成し、威嚇や求愛に使うこと。

だそうです。

ちなみに、鱗粉は一度取ってしまうと二度と生えてくることはないので、とても大切なものなんです。

何のために透明になった?

羽が透明な蝶

グラス・ウィング・バタフライの羽が透明なのは、「周りの風景と同化するため」と言われています。

確かに、これだけ透明だと人間の胴体視力を以てしても見失ってしまいますよね。

ましてや、林や森林などでは、なおさらでしょう・・・。

暗い所でも見つからなさそうだし、明るい所に出たとしても今度は太陽の光が透き通って、どちらにしても見えにくいと思います。

スケルトン迷彩・・・恐るべし!

実は、毒もある

綺麗な蝶
出典コスタリカと愉快な仲間達

トンボマダラチョウは、羽が透明で見つかりにくいという特徴の他に、もう一つ武器があります。

それが・・・「毒」

なんと、トンボマダラチョウの体内には「ピロリジジンアルカロイド」という毒素が蓄積されており、鳥が食べられないようになっているんだとか・・・。

見つからない上に捕食されにくいとなると、もはや鉄壁の防御ですね。

周囲の蝶は、その鉄壁の守りにあやかろうと、トンボマダラチョウに似せて進化しそっくりに擬態した無毒の蝶もいっぱいいるんだとか・・・。

「長いものには巻かれろ」精神も、厳しい自然界では有効な手というわけですね。

日本にもいた!

オオスカシバ

なんと、日本にも透明な羽を持つ奴がいました!

蛾・・・ですけど。

「オオスカシバ」という蛾は透明な羽を持っています。

ただ、胴体が太くとてもじゃないですけど綺麗とか可愛いなんて印象は持てません。

同じような形なんですけどね・・・。

なんで、蝶は綺麗で蛾は気持ち悪いんでしょうか?

不思議です。

空飛ぶガラス細工

グラス・ウィング・バタフライは、日の当たる場所で飛んでいると、太陽の光が反射してキラキラと光ります。

そのため、現地では「小さな鏡」とも呼ばれているそうですよ。

それにしても、生命の神秘と言いましょうか・・・いるんですね、こういう生き物って。

妖精の国から、この世界に迷い込んだとしか思えません。

そのうち、耳長エルフとか見つかるかもしれませんね!

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

ウニの寿命が200年って本当!?長生きな生き物達。

近年、医療の発達や栄養価の高い食事のおかげで、人間の寿命がどんどん長くなっていま …

「頭のいい人は脳が重い」は嘘!頭のいい人の脳はどんな感じ?

現在ネット上や人の噂話の中には、人体に関する様々な迷信が飛び交っています。 例え …

「オシドリ」は全然オシドリ夫婦じゃなかった・・・

「あの夫婦は喧嘩もしないし、仲がいいわ。本当にオシドリ夫婦ねー」 なんて、良い意 …

男性にも子宮がある?黒目の大きさは全員一緒?人体の面白トリビア!

人間の体は、不思議でいっぱい! 今回は、学校の保健体育では教えてくれない人体の面 …

憐れなり・・・苦笑いしか出てこない太ってしまった動物の姿。

最近は、すっかり秋の空気になりましたね。 ハロウィーンが近づいていることもあり、 …

【激カワ注意】エゾモモンガの可愛すぎる生活。

エゾモモンガが可愛すぎる! 今、海外でも大きく注目されていて、「一度見てみたい! …

アマゾンの常識、ピラニアは怖くない!実は臆病な魚でした。

ピラニアと言うと、極悪なボスが水槽の中に人を入れて食べさせる・・・。 みたいな怖 …

超絶イケメンな「チャイニーズ・クレステッド・ドッグ」とはどんな犬?

イケメンな犬だって? まあ、犬は総じて可愛いし、総じてカッコイイから別段イケメン …

驚異的な高性能を持つ人体の不思議11選。

最近、ロボット学の著しい発展やコンピュータの進化により、我々人類の体は軽視されが …

昆虫の謎。進化途中の化石が見つからないって知ってますか?

みなさん「ダーウィンの進化論」をご存知でしょうか。 人間は猿から進化したっていう …