ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

自力で目の色を変えられるってホント?その方法とは・・。

   

中二病を患っている男子諸君。

朗報である。

なんと、自力で自分の目の色を変えることができるかもしれない事が分かった!

・・・って、それ本当!?

【スポンサーリンク】

必要なのは栄養?

野菜

手術なんていらない!

痛いことや危険な事もしない!

必要なのは「根気と栄養」

それで、自分の目・・・つまり、瞳の色を変えることができるかもしれない・・・。

一体どういうことなの!?

目の色って何のこと?

目

皆さんの言う「目の色」というのは、瞳の周りにある「虹彩」と言われる部分になります。

外人さんは、この虹彩の色がブルーだったりグリーンだったりするのですが、日本人のほとんどはブラックかダークブラウンです。

希に、明るいブラウンの人もいますが、やはりブルーの人はあまり見かけないですよね。

そもそも、この虹彩とは「目に入る光の量を調節する為の物」であり、黒い正体は肌の色を決める物と同じ「メラニン」です。

強い日差しから目を保護するために黒くなっているので、日差しの強い地域に住んでいるほど黒色に近くなります。

なので、北ヨーロッパなど日差しの弱い地域に住んでいる人は、虹彩のメラニンが少なくブルーやグリーンが多いという事になります。

しかし、そうすると重要なのは栄養ではなく「遺伝子」なのではないでしょうか?

虹彩の色は栄養とは、無関係のように思えますが・・・。

虹彩は健康のパロメーター

虹彩

実は、虹彩は大脳や内蔵、神経系と密接な関係があり、脳の延長線とも言われています。

そのため、虹彩を詳しく観察することによって、病気の有無や全身の健康状態をある程度把握する事が出来るそうです。

ちょっと胡散臭いですが、虹彩学は100年以上の歴史があり「虹彩分析士」という職業もあるんですよ!

ヨーロッパでは特に知られていて、日本より遥かにメジャーな存在だそうです。

つまり、何が言いたいかと言うと・・・全身が健康になればなるほど「虹彩の色はブルー寄りに変化する」という事です。

ホントかなぁ・・。

野菜食べろ!

人参

実際に、食生活を変えてから虹彩の色が変わったという人は意外と多いです。

その中のひとり、アメリカ在住の健康生活アドバイザー「スティーブ・ファクター」さんは、肉中心の生活から野菜やナッツなど「完全菜食主義」にした事で、虹彩の色が変化したそうです。

仕事上「完全菜食主義」に移行してから約6年・・・。

元々、ダークブラウンだった虹彩は、少しづつグリーンが入り始め・・・今ではエメラルドにまで変わったそうです。

また、加工食品を絶った生活に切り替えたという人も、ブラックからブラウンに変化したという話もあります。

虹彩の色が変わったと言う人の中には日本人も含まれており、全員に共通している事は「加工食品は食べない」「野菜中心の食生活」の2つです。

うーむ、肉は食べなくても平気だけど、野菜は食べないと死んじゃいますからね。

そう考えると、人間って草食性の方が強いって事ですかね・・。

デトックスの専門家も同意見!

専門家

「毒素や老廃物の排出をすれば、瞳の色が変化する可能性はある」

そう言うのは、デトックスの専門家です。

彼らも、虹彩は健康を表すパロメーターとの認識があり、便秘解消や全身のむくみを取って、毒素を体外に排出することで虹彩に溜まった老廃物を解消し、多少明るい色に変化してもおかしくないとの事です。

なるほどね・・・確かに、血行なんかも関係ありそうですし、デトックスによって体に変化が起こるのであれば、体の各部位に関係している虹彩に何らかの変化があってもおかしくないですよね!

しかし、それにはやはり「野菜中心の生活」が不可欠であり、加工食品を避ける必要もあります。

健康になれば、目の色も変わる!

美しい女性に多い虹彩の色は「ブラウン」だそうです。

さらに、心理学の観点から見ても、一番親しみを感じやすい目の色は「ブラウン」なんだとか・・。

理由は「ナチュラルに見えるから」

確かに、目の色が明るいブラウンの人って、凄く健康そうで無垢な感じですよね?

もしかしたら、ブラウンだから健康そうに見えるのではなくて、本当に健康だから虹彩の色がブラウンになっているのではないでしょうか!

お菓子や加工食品ばかり食べている人は、濁ったドス暗い虹彩になっているかもしれません。

「肉を食うな」

とは言いませんが、いつもの食生活にサラダを追加してみてはいかがでしょうか?

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

これも生きてる証拠、世界の超臭い動物達。

生き物は総じて臭いですが、世界には臭すぎて近寄れない最悪の動物がいます。 人間も …

アホウドリも天然記念物なの?国に指定されている意外な動物達。

天然記念物とは、日本原産の動物・植物・または土地の事を言います。 「実は日本のオ …

キモかわいい?びっくり仰天、こんな変な生き物いるんですね!

さて、今回も皆さんに今まで見たこともないような「珍獣・珍虫」を紹介したいと思いま …

珍獣さん、いらっしゃい!こんな動物見たことない!

今のご時世いくら珍獣と言えど、テレビで見たことの無い珍獣なんかいないと思いません …

「ホーホケキョ」の「ホー」の部分は・・・身近な動物の意外なトリビア。

ウグイスの鳴き声と言えば「ホーホケキョ」ですよね? 実は、この鳴き声の前半部分「 …

タヌキは狸寝入りするの?意外と深いタヌキに関する4つのトリビア

タヌキと言って想像するのはジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」という人も多いのではな …

驚異的な高性能を持つ人体の不思議11選。

最近、ロボット学の著しい発展やコンピュータの進化により、我々人類の体は軽視されが …

寿命は2年しかない?ダイオウイカの意外な真実。

ヨーロッパに伝わる海の伝説「クラーケン」 そのモデルだと言われているのが「ダイオ …

大人になると小さくなるカエル?その名も「アベコベガエル」

不思議な生物が多い両生類の中でも、ひときわ異彩を放っているカエルがいます。 それ …

猫パンチにも種類があった!繰り出す状況で意味が変わる?

猫好きならば堪らない仕草の一つ「猫パンチ」 目にも止まらぬ高速パンチは、人間の反 …