ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

蝉のおしっこって汚いの?アメリカでは食用にされている。

      2017/02/20

蝉に関するトリビアを紹介します!

子供の頃、よく蝉を捕まえる時におしっこをかけられていました。

あの頃はなんの考えもなく、ただ「やられた~」なんて思っていましたが・・・。

今になって思うと、あのおしっこって危険じゃないんでしょうか?

虫のおしっこって想像しただけでも、鳥肌が立つんですが・・・。

【閲覧注意】虫の画像があります。

【スポンサーリンク】

蝉のトリビア

蝉
現在、全国的にアブラゼミが減少しているって知ってますか?

蝉といえば「アブラゼミ」ですよね。

あの赤茶色のどこにでもいる一般的なセミでしたが、今はなんとクマゼミが生息範囲を広げているそうです。

クマゼミはアブラゼミよりも大型の蝉で、西日本を中心に生息していましたが、地球温暖化の影響で東日本にも進出してきています。

逆に、ミンミンゼミは比較的涼しい環境を好むため、東日本に生息していましたが、近年ではその数を減らしています。

クマゼミは鳴き声が大きいですからね!

公園の近くに住んでいる住民にとっては、一時期とは言え騒音問題になりかねませんよ!

蝉のおしっこ

セミのおしっこ
出典渓流詩人の徒然日記

では、本題の「蝉のおしっこ」についてですが、実はあれ・・・ほとんど水なんです。

よって、ほぼ人体には無害。

変な話、口に入っても大丈夫です。

蝉は、木の樹液を吸っているので、その時の余分な水分を体外へ出しているだけなので、有害物質は含まれていません。

一説によると、逃げる際に体を軽くするため飛び立つ瞬間におしっこをするんだとか。

まあ、だからといって完全に安全とも言い切れませんので、口に入ったと思ったら軽く口をゆすぐくらいはした方がいいですね!

とりあえず、害は無さそうなので安心しました!

アメリカでは食用のセミがいる

串に刺さったセミ
出典Kantele-Suomiho-Fuga
*画像は北京だそうです。

衝撃の事実です。

なんと、あの先進国のアメリカでは、蝉を食べているんだそうです!

気になる味は

幼虫はナッツのような味。成虫はエビに似ている

との事。

食べ方は様々で「唐揚げ」「煮付け」「素揚げ」「炒め物」とバラエティ豊かです。

中東アジアでも食べられていて、栄養価も高いんだとか・・・。

しかも・・・なんと、沖縄でも蝉を食べる文化があるそうです。まじか・・・。

成虫は、体がスカスカなので「カリカリ」とした食感とエビのような風味が最高なんだそうですよ。

商品化しない理由は「採算が合わないから」との事。

想像しただけで、寒気がします・・・。

殻も食べるよ!

蝉の抜け殻

人間って本当に何でも食べるんですね・・・。

なんと、蝉の抜け殻も食べる文化があるそうです。

こちらは、主食というよりも漢方で使われるようですね。

効能は

鎮痛、消炎、解熱、けいれん止め、アレルギーにも有効とされる。

といった物のようです。

何でもいいわけではなく、スジアカクマゼミという種類の蝉を使っているみたいですね!

「蝉退(せんたい)」という物だそうです。興味のある方は調べてみてください。

ただ、だからといって間違っても、そこらへんに落ちている蝉の抜け殻を食べないようにしてください!

あくまでも、漢方ですから!

ワシントンでは17年蝉が食べれるよ!

セミチョコ
出典不摂生なおやじの気儘日記

アメリカでは17年周期で大量発生する「17年蝉」という蝉がいます。

その数は大変なもので、街中が蝉に覆われるそうです。

そこで、ワシントンにある複数のレストランでは、その17年蝉の羽化したてを期間限定で食べるそうですよ!

ソフトシェルクラブのように、柔らかい表皮のまま油で揚げて、カリットロっと頂くそうです。

もう、気持ち悪くなってきました・・・勝手に食べてくれ。

夏の風物詩で抑えとこうよ

夜のセミ

伝統料理とはいえ、そんなに必死になって食べなくても・・・と思ってしまいます。

それはまあ、置いておいて・・・こんな話をご存知ですか?

「もぬけの殻」というのは蝉の抜け殻が由来だという話です。

そもそも、漢字では「蛻の殻」と書き、蝉や蛇の抜け殻の事を指すのです。

つまり「犯人を追い詰めたが、そこは既に蛻の殻だった。」というのは、何も犯人に通じる証拠がないわけではなく・・。

厳密には「直前までここにいた。明らかにいたが、今はいない。」という意味になるんです。

最後に1つ勉強になりましたね!

間違っても、野生の蝉を食べないように!

 - 動物 ,

アドセンス

  関連記事

寿命は2年しかない?ダイオウイカの意外な真実。

ヨーロッパに伝わる海の伝説「クラーケン」 そのモデルだと言われているのが「ダイオ …

猫パンチにも種類があった!繰り出す状況で意味が変わる?

猫好きならば堪らない仕草の一つ「猫パンチ」 目にも止まらぬ高速パンチは、人間の反 …

まるで、ひとつの生命体!大群で飛ぶ鳥の秘密。

鳥に限らず「群れ」って凄いですよね。 同じ種が集まって同じ行動を取る姿は圧巻の一 …

タヌキは狸寝入りするの?意外と深いタヌキに関する4つのトリビア

タヌキと言って想像するのはジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」という人も多いのではな …

憐れなり・・・苦笑いしか出てこない太ってしまった動物の姿。

最近は、すっかり秋の空気になりましたね。 ハロウィーンが近づいていることもあり、 …

おっとりし過ぎ!ナマケモノの信じられない怠けエピソード。

みなさんご存知の「ナマケモノ」 動きが遅いために付けられた名前は、まさにその通り …

自力で目の色を変えられるってホント?その方法とは・・。

中二病を患っている男子諸君。 朗報である。 なんと、自力で自分の目の色を変えるこ …

夏の大敵、蚊の知られざる生態。効果抜群!蚊の撃退法を伝授!

梅雨の時期に入り、ジメジメと湿気の多い季節になりましたね。 あと、2~3週間もす …

【閲覧注意】蜘蛛って知れば知るほど凄いって思う。

ゴキブリや蛇に並んで苦手な人が多い生き物「蜘蛛」 しかし、その奇々怪々な見た目と …

ネコの雑学!首をかしげるのは何故?猫舌って本当?

日本全国、1000万匹の猫の皆さん。 あなたたちの可愛い仕草に人間達はメロメロで …