ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

珍獣さん、いらっしゃい!こんな動物見たことない!

      2017/02/22

今のご時世いくら珍獣と言えど、テレビで見たことの無い珍獣なんかいないと思いませんか?

これだけの情報化社会で虫ならばともかく、動物となると珍しくても1度は目にしたことがあると思います。

が、しかし!

それでも、10人中8・9人は「見たことない!」と言わせるほどの珍獣たちを紹介しましょう!

【スポンサーリンク】

珍獣コレクション!

珍獣って何でこんなにも心を踊らされるんでしょうね!

見たこともない動物を見ると、まだまだ世界は広いんだなって思い知らされるというか・・。

まだ見ぬ可能性を感じるというか・・・とにかく夢が広がるんです!

そんな、好奇心と高揚感を感じて頂けたら本望でございます!

ソレノドン

ソレノドン
出典フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所

いきなり、見たことないのでは?

ソレノドンは、ネズミやモグラの仲間です。

哺乳類の中では非常に珍しい、毒液を持つ動物なんです。

鼻と頭蓋骨は特殊な関節で繋がっていて、グリングリン動かせることができます。

普段は、昆虫や動物の死骸を食べているようですが、獲物を捕獲することもあるそうで、その時に唾液に含まれる毒を使って獲物を麻痺させるとの事です。

一応、かわいい・・・のかな?

センザンコウ

センザンコウ
出典ひかたま(光の魂たち)

か、かっこいい!

まるで、鎧を身にまとっているような珍獣です。

絶対、防御力高いですよね!

アルマジロに似ていますが、全く別の種の生き物です。

アルマジロも同じように体が硬い鱗で覆われていますが、その鱗は防御のためでしかありません。

しかし、センザンコウの鱗は刃物のように鋭く、武器としても使えるので攻撃力も高いんです!

アルマジロと、ヤマアラシを融合させた感じですね!

センザンコウの鱗は古くから、漢方薬・媚薬・革製品として人気が高いのですが、ほとんど流通していない希少品です。

ハネオツパイ

ハネオツパイ

可愛いけど、名前がちょっと危険ですね。

ツが小さかったら危ない所でした。

実は、ツパイという総称なんですが、この種類のツパイは尾っぽが羽のようになっている事から「羽尾(ハネオ)」と名前の初めに付くんですね。

このツパイという珍獣は非常に面白いんです。

なんと、普段はアルコール分3.8%の天然の酒(正確には花の蜜)が主食なんです。

ブルタゴ椰子という花の蜜は、天然発酵するとアルコール分を持つようになります。

その為、ブルタゴ椰子の蜜を飲む生き物は、このツパイくらいしかいないんです。

人に換算すると、毎日ビールの大瓶を7~8本飲んでる事になります。

なんとも酒豪な生き物ですな!

シロヘラコウモリ

シロヘラコウモリ

世界で唯一の白いコウモリです。

コウモリというと、洞窟や廃墟に住んでいるイメージですが、このコウモリは熱帯雨林に住んでいます。

非常に珍しい種なので、その生態はあまりわかっていませんが、昼の間はバナナの葉に集まって寝ているみたいです。

その姿がとっても可愛くて「密林の宝石」や「密林の毛玉」と呼ばれています。

でも、この毛玉の集まり・・・実は、オスは1匹だけであとは全部メスなんです。

なんとも羨ましい、ハーレム状態で寝ているという贅沢っぷり!

許せん!

カカポ

カカポ
出典秘密にしたい生き物【超厳選】

世界で、唯一空を飛ぶことができないオウムです。

ダチョウやペンギン、孔雀やニワトリの他にも空を飛べない鳥がいたんですね!

現在は、その個体数は100羽ほどしか確認されておらず、常に絶滅の危機にさらされている珍獣です。

ニュージーランド固有の種なのですが、元々ニュージーランドには小型の草食動物がほとんどおらず、このカカポはその枠に入り込んだと考えられています。

つまり、他の地域で言う所のウサギの位置にカカポがいるって感じですね!

その為、陸上の生活に慣れ過ぎて空を飛ぶ能力が退化したのではないかと言われています。

まだ見ぬ珍獣達に心躍る

ハシビロコウ
(画像はハシビロコウ)

どうですか?

見たことない動物が1匹はいたんじゃないですか?

世界には、まだまだ未踏の地が残されています。

アマゾンの奥地やロシアの広大な森、そしてほとんど分かっていない海底。

そこには、まだ見ぬ珍獣がいると確信しています!

本当に知らないだけで、人間と完全に意思疎通できる生き物だっているかもしれません。

ロマンですね!

 - 動物

アドセンス

  関連記事

アリの苦手な物。チョーク1本で動きを封じ込められる?

これからは、いや~な害虫の季節になりますね・・・。 中でも、厄介なのが「アリ」。 …

アニメの世界だけじゃない!?オッドアイを持つ人々。

「オッドアイ」それは、左右で瞳の色が違う事を言います。 よくアニメで見かける設定 …

これでも動物?ヒトデやナマコってよく考えると、かなり不気味。

海の生き物は総じて不思議です。 その中でも、特に不思議なのは「ヒトデ」や「ナマコ …

まるで、ひとつの生命体!大群で飛ぶ鳥の秘密。

鳥に限らず「群れ」って凄いですよね。 同じ種が集まって同じ行動を取る姿は圧巻の一 …

【閲覧注意】蜘蛛って知れば知るほど凄いって思う。

ゴキブリや蛇に並んで苦手な人が多い生き物「蜘蛛」 しかし、その奇々怪々な見た目と …

おっとりし過ぎ!ナマケモノの信じられない怠けエピソード。

みなさんご存知の「ナマケモノ」 動きが遅いために付けられた名前は、まさにその通り …

トカゲに耳が付いている理由が面白い!今まで、ずっと謎だった!?

そもそも、トカゲに耳なんてありましたっけ? あります! 我々の考えているような形 …

飛べないオウム「カカポ」の無防備すぎる習性とは?

珍獣中の珍獣「カカポ」 その個体数は現在確認されているだけで数100羽程度しか把 …

自力で目の色を変えられるってホント?その方法とは・・。

中二病を患っている男子諸君。 朗報である。 なんと、自力で自分の目の色を変えるこ …

昆虫の謎。進化途中の化石が見つからないって知ってますか?

みなさん「ダーウィンの進化論」をご存知でしょうか。 人間は猿から進化したっていう …