ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

オオコウモリがデカすぎる!その姿に似合わぬ食生活とは!

      2017/03/22

コウモリと言えば、吸血鬼のドラキュラ伯爵を連想しますよね!

しかし、実際に血液で食事をするコウモリは、980種の中でわずか3種。

しかも、その内2種は鳥類のみを専門とし、哺乳類を狙うのは「チスイコウモリ」の1種のみです。

意外ですよね!

【スポンサーリンク】

オオコウモリが怖すぎる!

オオコウモリ

見てください!この迫力!

確実にモンスターでしょ!クエスト発生でしょ!

オオコウモリは熱帯に生息し、日本でも沖縄と小笠原諸島に生息してるんだとか・・・。

羽を広げると2mを超える個体もいるみたいですよ!

2mって言ったら、ほとんどの人間より大きいですからね!

そんなのが、バッサバサ言わせながら羽ばたいてきたら、そりゃ恐怖ですよ。

オオコウモリの意外な食生活

ぶら下がっているオオコウモリ

こんなに大きくて恐ろしい姿をしているオオコウモリですが、その食生活は意外や意外!

主食は果実や花の蜜などの植物性なんです。

コウモリの多くは虫を食べる食虫性なのですが、オオコウモリは植物食なんだそうです。

しかも中には、コウモリを媒介して受粉する植物もあるそうで、コウモリに蜜を吸わせやすく進化した花もあるみたいですよ!

ベジタリアンでちょっとファンシーですよね!

なのに、なんであの色合いなんだ・・・もっとカラフルだったら馴染めたのに・・。

小型のコウモリとは少し違う?

オオコウモリと小型のコウモリには、主食以外にも違いがあります。

それは、発達器官です。

小型のコウモリは、超音波を使った「反響定位」・・・つまり、音を反響させて障害物や昆虫を知覚しています。

コウモリ
出典netgeek

*画像は小型のコウモリです。

その為、目は小さくその代わりに耳が大きく発達しています。

それ比べ、オオコウモリは視覚を頼って飛行するため、目は大きく発達し、代わりに耳は小さくなっています。

それに、顔つきもほかの哺乳類に近く、小型のコウモリのようなブサイク顔ではありません。

どっちかというとイケメン寄りかな?

世界中に分布する訳・・

あくびしているオオコウモリ

コウモリは南極大陸以外の全世界に生息しています。

しかも、驚くことに太平洋に浮かぶ小さな島々にも分布しているんです。

その理由は、哺乳類で唯一コウモリだけが鳥類に匹敵する飛行能力を持っているからです!

コウモリの場合は、鳥類のような滑空飛行ではなく羽ばたくことで飛行していますが、海を超えて遠くの島々にたどり着くこともできるんだとか。

あんな巨大なコウモリがいっぱい飛んで来るって考えたら鳥肌物ですよね・・・。

そんなオオコウモリの天敵は人間!?

焼いているオオコウモリ

なんと!

オオコウモリを食べる人達がいるそうです。

主に、西アフリカで親しまれているそうですが・・・美味しいのか?

味は、鳥に近く美味だそうです。

雑食ではないので肉の質も良く、みな喜んで食すみたいですよ。

ただ、オオコウモリはエボラ出血熱ウイルスの宿主です。

このため、その地域ではオオコウモリを食べた人がエボラ出血熱を発症し、感染拡大の一途を辿っているとのこと・・・。

国連食糧農業機関は「オオコウモリ、食べちゃだめ~!」って啓発しているようですが、食料の不足している現地では防ぎ切れていません。

そりゃ、腹減ってる時に目の前で「焼き鳥見つけた!」みたいな感じですからね・・・止まらないですわ。

大人しい性格でよかった

オオコウモリ

外国では、見た目が狐に見えることから「フライングフォックス」と呼ばれることもあるそうです。

狐・・・には見えませんが、目が大きくてちっちゃい耳が可愛いですよね!

人間も襲わないし、怖いのは大きさとウイルス保持者って事だけですね。

これで、ウイルスも持ってなかったらペットとしても飼えたかも・・・。

何にせよ、フォルムがカッコよすぎる!

という事で、イケメンコウモリの紹介でした。

 - 動物

アドセンス

  関連記事

脳も足も肛門も無い!?何にもない謎の深海生物。その名も「珍渦虫」

何も無い? そんなわけなないでしょう! 生物である以上、何かしらの器官があるはず …

【閲覧注意】蜘蛛って知れば知るほど凄いって思う。

ゴキブリや蛇に並んで苦手な人が多い生き物「蜘蛛」 しかし、その奇々怪々な見た目と …

夏の大敵、蚊の知られざる生態。効果抜群!蚊の撃退法を伝授!

梅雨の時期に入り、ジメジメと湿気の多い季節になりましたね。 あと、2~3週間もす …

ウニの寿命が200年って本当!?長生きな生き物達。

近年、医療の発達や栄養価の高い食事のおかげで、人間の寿命がどんどん長くなっていま …

まるで宝石のよう・・・洞窟に星空を作る「土蛍」に感動。

光の届かない、暗い洞窟の中にも星空はあります。 それは、世界8大不思議の一つ「土 …

砂漠の歩く「きな粉餅」サバクキンモグラの可愛い3つの特徴

皆さんは、サバクキンモグラという動物をご存知ですか? 最近その名を知られるように …

「オシドリ」は全然オシドリ夫婦じゃなかった・・・

「あの夫婦は喧嘩もしないし、仲がいいわ。本当にオシドリ夫婦ねー」 なんて、良い意 …

タヌキは狸寝入りするの?意外と深いタヌキに関する4つのトリビア

タヌキと言って想像するのはジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」という人も多いのではな …

「ホーホケキョ」の「ホー」の部分は・・・身近な動物の意外なトリビア。

ウグイスの鳴き声と言えば「ホーホケキョ」ですよね? 実は、この鳴き声の前半部分「 …

超絶イケメンな「チャイニーズ・クレステッド・ドッグ」とはどんな犬?

イケメンな犬だって? まあ、犬は総じて可愛いし、総じてカッコイイから別段イケメン …