ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

「月」の謎に迫ってみよう!内部が空洞という説が面白い!

      2017/03/22

私たちにとって一番身近に宇宙を感じさせてくれる星「月」

こんなにも近くにあるのに、月は謎だらけの不思議な天体なんです。

何故、裏側を見せてくれないのか?

内部は空洞?

衛星にしては大きすぎる!

今回はそんな謎について迫ってみたいと思います。

【スポンサーリンク】

月の謎に夢を感じる

青い月

そんな魅力の星「月」はどのように形成されたのでしょうか。

実は、今でもその事で論争が続いています。

現在、月の誕生説として検証されているのは大きく分けて4つです。

「兄弟説」・・・原始の地球と同じように宇宙の塵が集まって出来た。

「親子説」・・・地球の誕生直後に地球の残骸が集まって出来た。

「他人説」・・・どこかからか飛んできた月を地球の引力が捕まえた。

「衝突説」・・・原始の地球に隕石が衝突し、その時に散らばった物が集まって出来た。

その中でも、有力なのが「衝突説」です。

まあ何にせよ、我々地球人にとって月は太陽と同じくらい愛着のあるものですし、ほかの星と比べても魅力を感じますよね!

月はいつも同じ面を地球に向けている

月

「月は地球に対し、決まった一面しか見せていない」

これは、有名な話です。

要は、いつ見ても同じ面しか地球に見せていないんです。

だから、毎日見てもお月さんにはウサギが見えるんですね!

でも、考えてみたら不思議ですよね?

なんで裏側を見せてくれないんでしょうか?

何故?

ハンマー投げ

例え話をしましょう。

例えば、紐が付いたボールをハンマー投げの要領で回してみましょう!

「ボールが月」「紐が引力」「あなたが地球」です。

どうですか?

ボールは、裏側を見せていますか?

どう考えても片面しか見せてないですよね!

要はそういう事なんです。

月自身が回っているというよりは「地球に回されている」だけなんです。

分かってしまえば、謎でもなんでもなく当たり前の話だったんですね!

月の中は空洞!?

蒼月

面白いですね!

本当に月が空洞なら、その空間には何があるんでしょうか?

ガス?酸素?もしかして、宇宙人の秘密基地!?

そもそも、何故このような突拍子もない説が浮上したのでしょうか?

何か理由があるはずです。

空洞説の理由

鐘

これは、月の地震・・・「月震」によるものです。

アポロ11号が月の表面に地震計を設置したのが最初で、その後の月探査でも度々地震計が設置されています。

その結果、「月震」は地球の地震と比べてはるかに長い事が判明しました。

なんと、揺れ始めからピークに達するまで30分以上かかる事もあり、揺れが収まるまでに数時間かかるんだとか・・・。

地球では有り得ないこの結果を受けて、科学者はこう考えたそうです。

つまり、鐘を鳴らす原理と同じように「月の内部が空洞だからこんなに長く揺れが続くんだ!」

そんなわけあるかい!

月

というのは、あくまでオカルト的な考え。

確かに、面白くて夢のある話ですが、現在の考えではほぼ否定されています。

そもそも、その月震は深い所では1100km、浅い所では300kmで観測されています。

という事は、そこに何かしら月震を引き起こす物があるということです。

さらに、震源地から月表面までの間にも振動を伝える物質がある証拠なんです。

もっと言ってしまえば2012年に発表された探査機「グレイル」のデータで作成された「月重力マップ」を見れば一目瞭然。

月の内部が空洞では絶対ありえない重力場が観測されています。

ロマンはあったんですけどね、残念ながら間違った説だったようです。

「月」は地球のサイズに合わない

大きい月

では、最後に「月」のサイズについて紹介します。

それは、「地球のサイズに対して、月が大きすぎる」という事です。

現在確認されている太陽系の衛星は170個余り。

木星だけで60個以上見つかっています。

月はその多くの衛星の中で、なんと5番目に大きい星です。

しかも、一番大きい衛星と比べても直径は1.6倍ほどしか違わないんです。

月があとほんの少し大きければ、地球との重力関係が崩壊し、地球の衛星とは呼べなくなってしまいます。

木星と衛星

こちらは、木星と4つの衛星の大きさを比べた画像です。

木星の大きさがよくわかりますね!

そして、こちらが地球と月を比べた画像です。

月と地球

月でか!

一緒に写っているのは、太陽系で2番目に大きい土星の衛星タイタンです。

やっぱり、どう考えても大きいですよね。

衝突説を支持する理由になる。

この大きさの違いは、衛星を獲得した経緯の違いによるものです。

木星や土星はその強大な引力で、飛んできた小さな星を引き寄せ自身の衛星にしたと考えられています。

それに引き換え、地球の引力だけでは月の大きさの星を引き寄せることはできません。

つまり、地球に隕石が衝突した時に、その一部が月になったという説を裏付ける要素でもあるんですね!

太古の地球を感じる

月

何故、人は月を見るのか。

何故、これほどまでに魅了されるのか。

もしかしたら、我々は月に残る太古の地球を感じているのかもしれません。

うーん、ロマンチック!

 - 科学・宇宙 ,

アドセンス

  関連記事

赤い月はいつもと何が違う?その簡単すぎる理由とは?

「あれ?今日は妙に月が赤いな・・・それに何だか大きくないか?」 そんな事を感じた …

人は不老不死になれるのか?寿命を司る領域テロメアとは?

人が思い描く究極の夢「不老不死」 時代を問わず、人々の中で脈々と受け継がれている …

冥王星の全貌が、NASA探査機で明らかに!誤差はたったの72秒!

2015年7月18日、人類の歴史に新たなページが刻まれました! 現在、準惑星に位 …

NASAからの重大発表!火星で水を発見!生命存在の可能性が浮上!

なんと!火星で水が見つかっていた! これは、2015年9月29日に米航空宇宙局( …

恐怖、薬が効かない!?耐性菌が生まれるわけとは・・・

今、医学界が警鐘を鳴らしている事をご存知ですか? 1929年に初めて「ペニシリン …

これは、異世界に行けるわ・・・世界のいろんな穴。

異世界へと続いてそうな、圧倒的存在感のいろんな穴をまとめてみました。 恐怖すら感 …

宇宙の事をもっと知りたい!とっても素朴な5つの質問。

宇宙の魅力は留まることを知りません。 研究は日々進められており、細かい事を含めれ …

【宇宙の不思議】異様な性質を持つ星。光を吸収?ガラスの雨?

この宇宙には、想像もできない不思議な星がたくさんあります。 その多くは、地球から …

【無限の猿定理】って知ってますか?理系だったら絶対好き!

理系だったら絶対好きだと思います! 無限の猿定理のような「考え方」というか、「表 …

新聞紙を100回折ると、宇宙の広さになる。

「そんな馬鹿なことがあるわけない!」 と思っているそこのあなた! これは、真実で …