ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

世界最高の知識が記されている「エメラルド・タブレット」とは・・

      2017/05/02

世界最高の知識とは何か?

物質の創造?生命の創造?宇宙の真理?

今回紹介するのは、そんな事も可能になってしまうかもしれない世界最高の知識の一つ。

伝説あるいは神話の世界だけではない、実際に「錬金術」が記されているという「エメラルド・タブレット」について紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

「エメラルド・タブレット」とは

エメラルドタブレット
出典chahoo

「エメラルド・タブレット」が発見された経緯は、いくつか説があります。

その一つは、ギザの大ピラミッドの中にあるヘルメス・トリスメギストスの墓。

そこで、かの有名なアレクサンダー大王が発見したと言われています。

詳しい出処は分かりませんが、少なくとも12世紀頃に「エメラルド・タブレット」がアラビア語からラテン語に翻訳され、中世ヨーロッパに持ち出されたそうです。

誰が作ったのか?

ヘルメス
出典Tadaoh! Design

古い言い伝えによると、ギリシャ神話に出てくる12神の1人「ヘルメス・トリスメギストス」が自らエメラルド板に刻んだと言われています。

この「ヘルメス」という人物は、実際に存在したと伝えられていますが、実は「3度の転生を繰り返し人々に貢献した偉大な賢者だった」とも記録されている不思議な存在なのです。

はじめは、天文学の研究に携わりピラミッドの建造に貢献した賢者。

2度目は、自然科学・哲学・医学・数学の賢者として多くの人間を教育した賢者。

3度目は、エジプトの都市計画に携わり、化学・医学・哲学の賢者だったと言われています。

さらに、彼は生涯3度の人生の中で3万6525冊の本を書いたとされ、後に42冊の本に再編集された物を「ヘルメス文書」と呼ばれています。

現存していない!?

では、肝心な「エメラルド・タブレット」は、今どこにあるのでしょうか?

それがなんと・・・実は現在、実物の現存は確認されていません。

「エメラルド・タブレット」についての書はいくつも発見されているものの、実物の発見には至っていないのです。

ピラミッド

しかし、「エメラルドタブレットを見た!」という報告はいくつか残っています。

その一つは、1925年アメリカ人の「モーリス・ドーリル」という、後に「通信教育大学ブラザーフッド・カレッジ」を開校した男の話によると・・。

メキシコ、ユカタン半島のピラミッドで12枚の「エメラルド・タブレット」を発見!

翻訳し、写し取った後にピラミッドへ返したとされていますが、多くの専門家から疑問視されている報告でもあります。

パラケルスス
出典Theurbanlegend~みんなの都市伝説図書館~(画像はパラケルスス)

1493年~1541年の「パラケルスス」というスイス出身の医師であり科学者であった男の証言では・・。

「幼少期に父親の診療所でエメラルド・タブレットが飾ってあった」と言っています。

彼は後に「不老不死の霊薬」俗に【賢者の石】と言われる存在を作り出すべきだと主張し、様々な秘薬や医療に関する本を出している。

さらに、「全宇宙は一つの生きた生命体」と考え、集団心理を発見したとも言われているすごい人なんです。

もしかしたら、密かにエメラルド・タブレットを所持し、長い歳月をかけて解読していたのかもしれません!

どのような内容が?

タブレット
出典零画報

では、実際にはどのような内容が書かれていたのでしょうか?

正直に言って、書かれている内容は凡人に理解できる物ではありません。

そのため、ザ・凡人の私にはうまく説明はできませんが・・・。

恐らく「スピリチュアル的な生命哲学」みたいな感じでしょうか。

とにかく、それを完全に理解することができれば、金属以外の物質でも金にすることが出来るそうです。

それを証明するかのように、錬金術が行われていた時代の書に「われらの黄金は世俗の黄金にあらず」とか・・。

「汝ら自身をして生ける〈賢者の石〉に変成せしめよ」なんて言葉が残されています。

また、エメラルド・タブレットには、こんな事も書かれています。

このタブレットに書かれている智恵は古代神秘の基本であり、目が開き、心が開けたものが読めば、その人の智恵を百倍にも増してくれるであろう。

よく分からんけど、なんかすごい内容みたいです。

結局は夢物語?

「そんな馬鹿なことあるかい!」と、大抵の人は思いますよね。

私も、正直信じてません。

ただ、エメラルド・タブレットについて触れられている著書や壁画は、近代だけではなく何百年も前、もっと言えばピラミッドの建造時期にまで記されています。

実際に、何でも金に変えてしまう技術があったとは思えませんが、エメラルド・タブレット自体はあったのかもしれません。

ただし、先程も言った通り現存の確認にまでは至っていない所を見ると、世界の闇に回収されたか、破壊されてしまったのか・・・。

今となっては、世界の謎となってしまいました。

うーん。あってほしいな・・・エメラルド・タブレット。

 - ミステリー ,

アドセンス

  関連記事

幽霊は本当に錯覚なのか?幽霊に関する実験で分かったこと。

はたして、幽霊は存在するのか?ただの錯覚なのか? それとも、限られた人間にしか察 …

「ネコふんじゃった」という曲は・・・作曲者も発祥国も分かっていない。

実は、誰もが知っている「ネコふんじゃった」という曲は、作曲者もどこの国の曲なのか …

嘘か本当か?コスタリカの石球はオーパーツと言えるのか?

オカルト系の書籍の中で、一昔前にオーパーツとして紹介されていた「コスタリカの石球 …

最も有名なわらべ歌「かごめかごめ」の怖い二つの説

「かごめかごめ」は、日本で最も有名なわらべ歌と言っても過言ではないでしょう。 昔 …

異常磁場!?重力が歪み、ほうきが立つ「オレゴンの渦」とは?

「世界の中心」・「呪われた地」・「禁断の森」 まだ、アメリカが開拓される前から、 …

いる?いない?世界で存在を信じられている妖精5選

今回は、世界で信じられている妖精達の話をしましょう。 妖精というと、「小さくて・ …

キリストを貫いた神殺しの聖槍「ロンギヌスの槍」とは?

ロンギヌスの槍と言われて思い浮かべるのは、「新世紀エヴァンゲリオン」という方が多 …

地球の悲鳴?不気味な音が聞こえる「アポカリプティック・サウンド」とは?

オカルト好きの間で一時期話題になりました「アポカリプティック・サウンド」 その不 …

幽霊って本当にいるの?矛盾点だらけの存在

古くは、紀元前から今日まで多くの人が目撃し、そして恐怖している存在。 「幽霊」 …

ヒトラーの側近には「ヒムラー」というヤバイ奴がいた。

あの有名なドイツの独裁者「アドルフ・ヒトラー」には、似たような名前の側近がいまし …