ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

最も有名なわらべ歌「かごめかごめ」の怖い二つの説

      2017/06/28

「かごめかごめ」は、日本で最も有名なわらべ歌と言っても過言ではないでしょう。

昔から子供の中では定番の遊びですが、15年程前からわらべ歌で遊ぶ子供が減ってきているそうです。

もちろん、今現在でも幼稚園などで親しまれている所もあるみたいですけどね!

【スポンサーリンク】

かごめかごめの怖い説

かごめかごめ

「実は、怖い歌でした」というのは、もう知っていますよね?

一番有名なのは、「流産」を歌ったと言われる説です。

しかし、実はそれ以外にもいくつか説があることを知っていますか?

今回は、そんな怖い童謡「かごめかごめ」の2つの説を紹介します。

流産説

階段

では、改めて流産説をおさらいしましょう!

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?

この説では「かごめ」を妊婦、「籠の中の鳥」を胎児と考えています。

そして、「鶴と亀が滑った」という部分が、突き落とされて流産してしまった事を表し・・・。

「後ろの正面だあれ?」という部分で、「誰が背中を押した?」と犯人を問いていると考えられています。

流産説が強くなった要因

この説が強くなった要因はいくつかあります。

まず「かごめ」を「籠女」と書くことができると言う事。

籠女とは妊婦のことを指す言葉で、お腹をかかえている姿が「籠を抱いている」ように見える様子が由来しています。

さらに、「いついつ出やる」の部分を「いつ赤ちゃんが生まれるか」という妊婦目線で解釈することができます。

重ねて、「夜明けの晩」とは、夜が明ける寸前のことを指し、「赤ちゃんが臨月に達している」ことを表しているのです。

鶴と亀は?

実は、この「鶴と亀」という表現は明治時代以前の文献には出てきません。

つまり、明治時代に入って付けられた後付けの歌詞、もしくは伝承が変化してしまった間違いなのです。

明治以前の歌詞は「つるつるつっぱいた」もしくは「つるつるつっはいた」と言うものです。

この言葉は「ずるずると引っ張った」と言う意味だそうですが・・・。

引っ張った・・・流産した妊婦から・・・何を?

罪人説

刀

この歌は「罪人」を表す歌だという説があります。

処刑場で、斬首されている姿を子供たちが真似た物だというのです。

確かに、子供は残酷ですし時代が今とは違いますから、当時の子供たちが真似をしていてもおかしくありません。

この説では「かごめかごめ」の歌を、どのように解釈しているのでしょうか?

後ろなのに正面?

「後ろの正面」というのは考えてみると不気味ですよね?

後ろなのに正面?

これは、「斬首された首だけが後ろを向いている」事を指しているのです。

「かごめ」を「囲め」が訛ったものだと考え、「囲め、囲め」と罪人を取り押さえる様子を表しています。

「籠の中の鳥」を「牢屋の中の罪人」と考えると、「いついつ出やる」は、その言葉通り「いつ牢屋から出されてしまうのか」という罪人の恐怖を指しています。

何故牢から出ることを恐怖するのか?

犯人が牢から出されるのは、何も釈放される時だけではないですよね?

そう、死刑の時です。

そして「鶴と亀が滑った」を「逃げ惑う姿」と解釈する事ができます。

最後は、斬首されたあとに「体は正面を向いているのに、首だけ後ろを見ている」事を表現しているのです。

恐ろしい。

この説を強くする要因

この説を強くしている要因として、子供たちが遊んでいる姿が挙げられます。

まず、一人を大勢で囲む姿を処刑場の竹垣に囲まれた罪人に見立てていると考えられます。

しかも、真ん中の一人は目を隠しています。

これは、目隠しされている姿を真似たのではないかと言われています。

怖いわらべ歌はまだまだあります

わらべ歌

怖かったですね!

でも、この遊びの一番の謎は、基本的に「女児の遊び」という点です。

そして「夜明けの晩」を夜が明けているのに暗い、つまり「盲目を表しているのでは?」という説もあります。

さらに「後ろの正面」ではなく「後ろの少年」と歌う地域もあります。

「女児」「盲目」「滑った」「後ろの少年」・・・これが示す事とは?

この遊びの続きは知ってますよね?

目の見えない少女の後ろに立つ人間は、誰であろうと言い当てられてしまうと・・・次のオニになってしまいます。

その「オニ」とは、一体どんな事を意味するんですかねえ・・・。

 - ミステリー ,

アドセンス

  関連記事

コックリさんの起源?海外では「ウィジャボード」と呼ばれている。

西洋版コックリさんに「ウィジャ盤」「ウィジャボード」と呼ばれている物があることを …

ゴースト現る!?絶対何かいると思う世界の廃墟4選

さて、自分の中で廃墟好きが再熱している今日この頃・・。 せっかくですので、皆さん …

中二病が捗る世界のかっこいい5つの武器

男ならば、皆さん心の内に「中二病」を秘めていますよね? 「中二病」とは、「中学二 …

古代エジプト文字解読の鍵になった「ロゼッタストーン」とは?

よく、遺跡発掘や歴史のテレビ番組などで、石版や壁画の文字を説明する場面があります …

あたまの体操をしよう!面白パラドックスを紹介!

さて、今回は前回の記事で紹介しきれなかった有名なパラドックスを紹介します。 頭の …

人の空想が生み出した世界で語り継がれる想像上の怪物5選

科学の発達していなかった遥か昔・・・ 人間の力を大きく超える自然現象は、神が起こ …

歴史上の事実!武将たちの男好きは流行だった?

よく、織田信長は同性愛者で美少年である森蘭丸を常にそばに置いていた。 なんて話を …

幽霊は本当に錯覚なのか?幽霊に関する実験で分かったこと。

はたして、幽霊は存在するのか?ただの錯覚なのか? それとも、限られた人間にしか察 …

最高、故に最強!世界に存在する伝説の刀。

世界には、伝説に登場する宝具・武器が今も尚、存在しているものがあります。 その姿 …

意味不明、絶対に読めない奇書「コデックス・セラフィニアヌス」

世界には奇書と呼ばれる本が存在しています。 今回紹介するのは、その中でも比較的最 …