ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

意味不明、絶対に読めない奇書「コデックス・セラフィニアヌス」

      2017/08/08

世界には奇書と呼ばれる本が存在しています。

今回紹介するのは、その中でも比較的最近作られたもので、実際に購入できる本となります。

しかし、それを読もうとしてはいけない。

というより、誰も読むことはできないのです。

【スポンサーリンク】

奇書「コデックス・セラフィニアヌス」

コデックス

その本は、未知の世界の事が書かれており、文字も未知の世界の言語で書かれているため誰も解読することができません。

内容は全11章から成っており、全ページ数は360ページにも及びます。

1976年~1978年の間に作られた物で、これを見た人は「異世界」「平行世界」の事が書かれていると言っています。

一体どんな内容なんですかね?

挿絵が多く入っているので、文字が読めなくてもそこそこ楽しめるそうですが、やはり内容に関しては想像できないみたいです。

誰が作ったの?

妙な植物

イタリアの建築家である「ルイジ・セラフィーニ」が30ヶ月の歳月をかけて作り上げた本です。

異世界の植物や動物、奇妙な生命体や機械、それに異様な性的表現がされていたり、見たこともない食事作法やゲームなど・・・。

子供がこの本を読むと、奇々怪々な挿絵の数々に発狂してしまう恐れがあります。

この本は今も買える物なので、もし手に入れても子供に見せないようにしてくださいね!

解読できない・・・

木

「作った人まで特定しているのだから、文字も解読できるんじゃないのか?」

そう思ったのは私だけではないようです。

今までに、何人もの言語学者や暗号解読のプロが挑んでいますが、未だに解読されていません。

書体はアルファベットに似ていますが、全く異なる言語で「いくつかの文字は文の先頭や末尾にのみ現れる」という事だけしか判明していません。

肝心な内容は誰にも分からないのです。

ヴォイニッチ手稿に似ている。

骸骨

「コデックス・セラフィニアヌス」は以前、当サイトでも紹介した世界一有名な奇書「ヴォイニッチ手稿」に似ています。

意味不明な言語で書かれている事、また奇妙な挿絵が多い事など、共通点は多いものの使われている言語も違いますし、何より作られた時代も違うので関連性は低いでしょう。

しかし、もしかしたら「コデックス・セラフィニアヌス」の作者は「ヴォイニッチ手稿」からインスピレーションを得た可能性はあります。

実は、アマゾンで買える

鹿

あれ・・・なんか急に安っぽくなったな・・・。

一気にミステリー感が覚めてしまいましたが、この「コデックス・セラフィニアヌス」はアマゾンで買えます。

値段は16,336円・・・高い。

でも、その値段を払う価値はあると思います!

何故なら、異世界の事が書かれている本ですよ!

誰も解読できない不思議な言語で書かれているんですよ!

ワーオ、こんな本見たことない。お買い得!

・・・もっと、ミステリーな感じになるはずが・・・こんなはずではなかった。

 - ミステリー ,

アドセンス

  関連記事

「世界の不思議」聖ヨゼフの螺旋階段の謎が解明された?

皆さん、「聖ヨゼフの螺旋階段の謎」を知っていますか? 世界の七不思議やオーパーツ …

最も有名なわらべ歌「かごめかごめ」の怖い二つの説

「かごめかごめ」は、日本で最も有名なわらべ歌と言っても過言ではないでしょう。 昔 …

また一つ世界の謎が解明された!「デスバレーの動く石」

長年、謎とされてきた「デスバレーの動く石」。 舞台は、通称「死の谷」と言われる広 …

バミューダトライアングルの真相!原因はメタンハイドレート?

バミューダトライアングルの謎について、前回の記事(世界の謎バミューダトライアング …

世界の謎バミューダトライアングル、解明。ダウンバーストとは?

バミューダトライアングルと言えば「魔の三角海域」と呼ばれ、様々な事故や失踪事件が …

この宇宙はある形に支配されている。探せばいくらでも見つかる不思議なパターン。

この宇宙は誰が作ったものなのでしょうか? もし本当に神様が作ったのだとしたら、何 …

女性の脚がガクガク震える?神秘のパワースポット「ボスコヮンヌーン」

何とも不思議なパワースポットがあるものです。 男性は何ともないのに、女性だけが反 …

歴史上の事実!武将たちの男好きは流行だった?

よく、織田信長は同性愛者で美少年である森蘭丸を常にそばに置いていた。 なんて話を …

「ヨーホー」ってどう言う意味?海賊に関する驚きの真実!

最近、パイレーツオブカリビアンを見直した所、素朴な疑問が浮かびました。 「ヨーホ …

地球の悲鳴?不気味な音が聞こえる「アポカリプティック・サウンド」とは?

オカルト好きの間で一時期話題になりました「アポカリプティック・サウンド」 その不 …