ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

古代エジプト文字解読の鍵になった「ロゼッタストーン」とは?

      2017/06/27

よく、遺跡発掘や歴史のテレビ番組などで、石版や壁画の文字を説明する場面がありますよね?

「この石版には古代エジプト語でこう書かれている・・・」とかね。

でもちょっとまって・・・古代エジプトと言ったら紀元前3000年頃から始まる時代です。

そんな昔の言語がどうして分かるのでしょうか?

【スポンサーリンク】

古代エジプト文字の鍵「ロゼッタストーン」

ロゼッタストーン

実は、エジプトには4世紀頃までは普通にヒエログリフ(古代エジプト文字の一つ)を読める人がいたと言われています。

しかし、それ以降は読み手が絶ってしまい、1822年、約1500年の時を経て「ジャン=フランソワ・シャンポリオン」もしくは「トマス・ヤング」が解読を成功させるまで誰も読むことはできませんでした。

そして、その解読成功の糸口となったのが「ロゼッタストーン」

一体、ロゼッタストーンの何が古代エジプト文字の解読に役立ったのでしょうか?

そもそも、ロゼッタストーンって何なんでしょうか?

3つの言語で書かれていた

古代エジプト

ロゼッタストーンの画像を見るとよくわかると思いますが、上段・中段・下段の全部で3部構成になっているように見えます。

実はこれ、上段・中段・下段で書かれている内容は同じなんです。

では、何が違うのか?

書かれている言語が違うんです!

「上段が古代エジプトのヒエログリフ」「中段がデモティック(古代エジプト文字の一つ)」「下段が古代ギリシア語」で書かれています。

今で言うと、ちょうど日本語表記と英語表記と中国語表記がされているようなもんですね!

つまり、どれか一つの文字でも分かれば他の言語解読の大きな鍵となるのです!

最初に解読できたのは下段の「古代ギリシア語」

ギリシア文字

元々古代ギリシア語は学者たちによく知られていて、完全な解読をするのに時間はかかったものの、幸いロゼッタストーンの保存状態が良く、そのほぼ全文を解読することができました。

すると、行政や宗教の専門用語が多く使われていることが分かり、その言葉の意味を理解するのに苦労したそうです。

確かに、例え日本語で書かれていたとしても、政治の専門用語や憲法に書かれているような堅苦しい言い回しなんて、意味不明な所もありますからね・・・

さらに、人物名が多く書かれていることも判明し、それが後に残り2つの言語「デモティック」と「ヒエログリフ」解読の大きな進歩に繋がります。

人物名からヒントを獲得!

ヒエログリフ

まず、失われてしまった未知の言語「デモティック」と「ヒエログリフ」から、書かれているであろう人物名の特定を試みました。

もし、3つとも同じ内容が書かれているなら、古代ギリシア文字で書かれていた人物名が残り2つの言語でも書かれているはずだからです!

そして、さらに解読を進めることになった、ある仮説が世界中に広まります。

「もしかして、異国人の名前は発音通りに書かれているのでは?」

つまり、「日本 太郎」という名前の人が英語では「Tarou Nihon」と表記されるように・・・

「発音をそのまま文字に当てはめて書かれている」と考えられたのです。

その仮説は的中しており、その発見により「デモティック」と「ヒエログリフ」の文字を解読、さらに発音まで特定することに大きく貢献しました。

しかし、それだけでは文字の意味までは分からず、完全に理解するまでにはさらに時間と地道な努力を重ねる必要がありました。

残された奇跡

残されたロゼッタストーン

そもそも、このロゼッタストーンは1799年エジプトに遠征中だったナポレオンが、ナイル河口のロゼッタ付近で発見したもので、現地の人からはぞんざいな扱いをされていたのだそうです。

もともとの全容の一部とはいえ、中段のデモティックで書かれた内容が、ほぼ全文残されていたことは奇跡としか言えないでしょう。

下段の古代ギリシア文字で書かれていた部分が残されていたことも大きく、もし下段部分が失われていたら、古代エジプトの歴史は今も深く知られることがなかったかもしれません。

「数千年経ってなお残されていたこと」「数千年保つように作られていたこと」「数千年文字の歴史を受け継いでいたこと」

その一つでも欠けていたら、何も分からずただ忘れられ続けていたかもしれませんね。

気になる内容は?

古代エジプト時代

ここまできて肝心なロゼッタストーンの内容について触れてませんでしたね!

実は、文字数以上に多くの情報が書き込まれているようで、全文を紹介することはできませんが、超簡単に言うなれば・・・

前半は偉大なる王の功績をたたえる文章、後半はその王のための神殿と祭りを「これこれ、このように定めるので皆も知っておくように」とのお知らせ

つまり、「王様はこんな事して私たちを豊かにしてくれたんだよ!だからその為の神殿とかお祭りとかするから、みんな知っててね!」みたいな感じだと思われます。

さらに、ロゼッタストーンには・・・

この法令は硬い石碑に、聖なる文字と、人民用の文字とギリシア語とで刻まれ、第一、第二、第三(級)の神殿に、永遠に生きる王の側に安置されるであろう。

と表記されていることから、もともとは神殿に置かれていて、同じような石碑がいくつもある事が分かりました。

実際に、ナイル上流のフィラエ島にある神殿にも、ほぼ同じ文章が刻まれており、それだけ広く周知されていた事だということが分かりました。

ちなみに、「詳しく全文を読みたい!」という人はこちらのサイトを参考にしてみてください!
ロゼッタストーン日本語訳

古代の文字に触れるロマン

壁画

かなり端折った上に駆け足だったので色々抜けていますが悪しからず・・・。

まとめると「ロゼッタストーンとは、古代エジプト文字を解読する鍵になった古代エジプトの石碑」という事です。

それにしても、古代の文字に触れるという事は、古代の生活に触れることと同義ですよね?

その時代の人たちの考え方や、感情なんかも読み解くことができます。

なんでも、古代エジプトの時代から「最近の若者はなっとらん!」みたいな文章が見つかっているそうですよ!

そう考えると今も昔も変わらず、同じことを繰り返しているようにも見えますが・・・。

同じ人間なんだな~と親近感も湧いてきますよね!

 - ミステリー , ,

アドセンス

  関連記事

【閲覧注意】世界で最も不気味な場所。「人形島」が怖すぎる・・・

世界で一番不気味な場所と言われている「人形島」 もう、名前だけで怖いんですが・・ …

ヒトラーの側近には「ヒムラー」というヤバイ奴がいた。

あの有名なドイツの独裁者「アドルフ・ヒトラー」には、似たような名前の側近がいまし …

この宇宙はある形に支配されている。探せばいくらでも見つかる不思議なパターン。

この宇宙は誰が作ったものなのでしょうか? もし本当に神様が作ったのだとしたら、何 …

「クレイモア」「ソードブレイカー」空想ではない実在する5つの武器

ソーシャルゲーム・漫画・アニメの世界で当たり前のように出てくる武器の数々。 でも …

幽霊は本当に錯覚なのか?幽霊に関する実験で分かったこと。

はたして、幽霊は存在するのか?ただの錯覚なのか? それとも、限られた人間にしか察 …

幽霊って本当にいるの?矛盾点だらけの存在

古くは、紀元前から今日まで多くの人が目撃し、そして恐怖している存在。 「幽霊」 …

日本で一番有名なストーンサークル「大湯環状列石」とは。

世界で一番有名なストーンサークルといえば、イギリスの「ストーンヘンジ」でしょう。 …

2000年間海に沈んでいた「アンティキティラ島の機械」

2000年もの間、海に沈んでいたロストテクノロジー。 「アンティキティラ島の機械 …

地球の悲鳴?不気味な音が聞こえる「アポカリプティック・サウンド」とは?

オカルト好きの間で一時期話題になりました「アポカリプティック・サウンド」 その不 …

世界の謎バミューダトライアングル、解明。ダウンバーストとは?

バミューダトライアングルと言えば「魔の三角海域」と呼ばれ、様々な事故や失踪事件が …