ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

夢をコントロールする部族「セノイ族」は本物か?

      2017/07/10

もし、夢が自由に操れるとしたら・・・あなたはどんな夢が見たいですか?

「お金持ちの夢」「異性にモテまくる夢」「超能力が使える夢」「憎いアイツをボコボコにする夢」

きっと、毎日夜が待ち遠しい生活になるでしょうね。

もし、そんなまさに夢のような生活を送っている部族が、現実に存在するとしたら?

【スポンサーリンク】

夢を司る部族「セノイ族」

セノイ族

東南アジア、マレー半島中南部に住んでいる山岳部族「セノイ族」

男子の平均身長は152cm、頭髪は巻き髪が多く、頭が微妙に長いのが特長です。

短身の部族である彼らは、子供の頃から「明晰夢」を見る訓練をするという。

そんな、妖精のような生き方をしている人が本当にいるとは・・・。

美しいですね。

明晰夢とは?

赤ちゃん

よく、夢の中で「は!これは夢だ!」と気づくことがあると思います。

大抵は、そのあとすぐに起きてしまい、もう一度同じ夢を見ようとしてももう戻れない・・・。

明晰夢は違います。

「これは夢だ!」と気づいても目覚めることはなく、一定時間夢の中を自由に行動出来る夢のことです。

幽体離脱・・・とも似ていますが、ニュアンスが少し違います。

明晰夢はあくまで夢の中、歩き回ったところで死ぬことはありません。

セノイ族に伝わる、明晰夢を見る方法

寝る

それは、とても簡単な事です。

「家族と夢の話をする」です。

なんだか、素敵な部族ですね!

そう、彼らは自分の見た夢を色々な人と共有することで、夢と現実の境目を少しづつ曖昧にしていくんです。

時には、村人総出で一人の夢の話を協議し、それがどのような解釈ができるかを話し合ったりするそうです。

基本的には、怖い夢でもなんでもポジティブに考えること。

それが、明晰夢への第一歩だそうです。

明晰夢でのルール

怖い夢

セノイ族の間では、明晰夢を見る時にルールがあるそうです。

それが

1.夢の中で恐怖に打ち勝て
2.夢の中で快楽を探せ
3.夢の中で何かを成し遂げろ

だそうです。

まるで、本当に夢の中で生活しているみたいですね!

夢の中で喧嘩したら現実世界で謝る

なんと、彼らはもし夢の中で誰かと争うことがあれば、起きてからその相手に謝りに行くそうです。

自分の見た夢のことを相手に話し、まるで過去の喧嘩の精算をするかのように「あの時はゴメン」って謝るんだとか・・・。

もはや理解できない領域の話しですが、彼らにとっては日常のようで・・・。

でも、少し考えてみると、もし自分に身の覚えのない事で謝られたとしたら、絶対に相手を許せると思いませんか?

もしかしたら、そうやって常日頃から「謝る」という気持ちと「許す」という気持ちを育んでいるのではないでしょうか?

だとしたら、とても高貴な生き方ですね!

凄い!

セノイ族には精神病がない

涙

驚くことに、セノイ族の中で精神的に病んでいる人は一人もいないそうです。

さらに、争いごとも無く、みんなが仲良く暮らしているそうです。

それは、夢を皆で共有することで一人一人の結束が強まり、日頃から謝る文化を身につけているからだと言われています。

争いのない社会を実現するには、有効な手なのかもしれませんね!

否定するセノイ族

しかし、不思議なことに実際にセノイ族に会いにいくと・・・。

「そんな事実はない」

と、明晰夢について否定するそうです。

不思議な話ですね!

彼らは元々、山奥に住む山岳部族のため、外界との接触を快く思っていないそうです。

最近は、多部族との混血も進んでいるそうで、純血なセノイ族の数が減っていると言われています。

もしかしたら、明晰夢のことは外界には漏らさず、既に封印した・もしくは失われてしまった力なのかもしれません。

彼らは、本当に夢を操ることが出来たのか・・・。

謎は夢の中です。

 - ミステリー , ,

アドセンス

  関連記事

ヒトラーの側近には「ヒムラー」というヤバイ奴がいた。

あの有名なドイツの独裁者「アドルフ・ヒトラー」には、似たような名前の側近がいまし …

キリストを貫いた神殺しの聖槍「ロンギヌスの槍」とは?

ロンギヌスの槍と言われて思い浮かべるのは、「新世紀エヴァンゲリオン」という方が多 …

幽霊は本当に錯覚なのか?幽霊に関する実験で分かったこと。

はたして、幽霊は存在するのか?ただの錯覚なのか? それとも、限られた人間にしか察 …

2015年!バミューダトライアングルで100年前の船が発見される!

2015年、なんと今年になって約100年前に謎の失踪をした貨物船が発見されました …

世界三大美人に小野小町が含まれているのは・・・日本だけ。

あれま~。 それは知りませんでした・・・。 確かに、世界規模で見て日本人が含まれ …

【恐怖】わらべ歌「あぶくたった」を掘り下げて考えてみよう。

さて今回は、わらべ歌の中から「あぶくたった」(もしくは、あわぶくたった)という歌 …

女性の脚がガクガク震える?神秘のパワースポット「ボスコヮンヌーン」

何とも不思議なパワースポットがあるものです。 男性は何ともないのに、女性だけが反 …

意味不明、絶対に読めない奇書「コデックス・セラフィニアヌス」

世界には奇書と呼ばれる本が存在しています。 今回紹介するのは、その中でも比較的最 …

世界の謎バミューダトライアングル、解明。ダウンバーストとは?

バミューダトライアングルと言えば「魔の三角海域」と呼ばれ、様々な事故や失踪事件が …

ロダンの代表作「考える人」は・・・実は何も考えていない。

彫刻家オーギュスト・ロダンの最も有名な作品「考える人」 誰でも一度は見たことがあ …