ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

オーメン真っ青!「666」は不吉な数字じゃなかった!?

   

そーなの!?

じゃあ一体「666」って何なのさ!

オーメンさんが悲しそうな顔してますよ!

一体どういうことなの?

【スポンサーリンク】

666じゃなかった!

悪魔の数字

実はこれ、数年前に分かっていたことなんです。

今まで「666は獣の数字」・・・サタン、つまり「悪魔を表す数字」として知られていました。

悪魔崇拝の人たちは、キリスト教を迫害するためにあえてこの666という数字を掲げていたのですが・・・。

オクシリンクスの遺跡にあった、最古のヨハネの黙示録を新たな写真技術で解析した所「666」ではなく「616」であったことが判明しました!

悪魔の数字は「616」だったんですね!

うわー、6階建てのホテルやマンションの人は最悪ですね・・・。

とは言っても、熱心なキリスト教徒でもない限り気にしないか。

今までのこじつけがアダになった・・

悪魔

オカルト番組の中でも何かと使われている666という数字。

「事件の西暦と日時を足すと666になるから悪魔の仕業」とか

「硬貨を全部足すと666円になるから世界が支配されている」とか

ガセ・・・とまでは言いませんが、もしフリーメイソンやらイルミナティやらが世界を牛耳っていたとしても、初歩的な所で間違っていたのは残念ですね。

やろうと思えば何だってこじつけにできるんです。

例えば、有名な所では

「NEWYORK」という文字を、「A」を「1」、「B」を「2」と数え、それぞれに「獣の数字である6」をかけていくと、「N」は「14×6」、「E」は「5×6」、「W」は「23×6」という事になっていき、「NEWYORK」の全ての文字は、「84、30、138、150、90、108、66」となり、全てを合計すると、これまた「666」になると言うのです。

つまり、ニューヨークのあのテロは悪魔の仕業だって話らしいです。

そんなわけあるかい!

これからは616になるそうです

怖い

今まで、悪魔崇拝で度々使われていた666の数字。

今回の指摘によって彼らはどう対処するのかというと、

「666というのは、我々がキリスト教者を恐怖させるために用いてきた数字です。もし数字が616になるのなら、今度は我々はそれを使う。それだけのことです。」

なるほど、そこは素直に認めるんですね!

それにしても、今回の間違いが見つかったヨハネの黙示録は3世紀頃の物ですので、少なくとも1700年以上も間違えていたことになります。

これには、キリストもがっかりだったでしょうね。

これからが本当の奇跡の始まり?

儀式

しかし、これで間違いが分かったので、これからは正しい悪魔崇拝が出来るようになったわけです。

今まで、悪魔を召喚できなかった人達は、肝心な数字を間違えていたからなのではないでしょうか?

これから、正しい数字で悪魔様を呼び出せば、案外すんなり降臨してくれるかもしれません!

「ちょっと、今まで数字違ったよー。勘弁してよーもー。」

とか文句の一つでも言いながら出てきてくれるんじゃないでしょうか?

でも、もしかしたらもっといろんな所で間違えてる可能性も大いにありますよね。

 - ミステリー , ,

アドセンス

  関連記事

最高、故に最強!世界に存在する伝説の刀。

世界には、伝説に登場する宝具・武器が今も尚、存在しているものがあります。 その姿 …

ヒトラーの側近には「ヒムラー」というヤバイ奴がいた。

あの有名なドイツの独裁者「アドルフ・ヒトラー」には、似たような名前の側近がいまし …

幽霊は本当に錯覚なのか?幽霊に関する実験で分かったこと。

はたして、幽霊は存在するのか?ただの錯覚なのか? それとも、限られた人間にしか察 …

森に飲まれた古の廃墟「ベンメリア遺跡」密林の奥地で修復を阻むものとは。

カンボジア・アンコールワット遺跡から東へ直線距離で約40km。 そこには、森に飲 …

あなたも発症し得る!?世界に存在する5つの奇病。

この世には、信じがたい奇病が確かに存在しています。 それらの中には、先天性のもの …

あたまの体操をしよう!面白パラドックスを紹介!

さて、今回は前回の記事で紹介しきれなかった有名なパラドックスを紹介します。 頭の …

キリストを貫いた神殺しの聖槍「ロンギヌスの槍」とは?

ロンギヌスの槍と言われて思い浮かべるのは、「新世紀エヴァンゲリオン」という方が多 …

「クレイモア」「ソードブレイカー」空想ではない実在する5つの武器

ソーシャルゲーム・漫画・アニメの世界で当たり前のように出てくる武器の数々。 でも …

世界に実在する呪いの財宝。「ホープダイヤモンド」

この世には「呪い」と呼ばれるモノがあります。 それは、幽霊や超能力と同じ類の超常 …

背中がゾクゾクする奇書!あなたは最後まで読めるか?

「読むと精神が狂う」と言われている日本の奇書。 元々、奇書とは「面白い、優れた書 …