ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

歴史上の事実!武将たちの男好きは流行だった?

   

よく、織田信長は同性愛者で美少年である森蘭丸を常にそばに置いていた。

なんて話を聞きますよね?

でも実は、当時の武将のほとんどが男性好きだったという見解もあるんです。

一体あの時代に何が起きていたんでしょうか?

【スポンサーリンク】

武将たちの男好き

織田信長

今の時代では同性愛についてかなり理解が進んでおり、東京都の渋谷区と世田谷区ではすでに同性カップルが結婚に相当する関係と認める文書を出しており、正式に同性での結婚を認めています。

しかし、その昔・・・男の中の男「武将達」の間ではもっと自由に、もっとオープンに同性カップルを作っていたのです。

きっと、現代とでは性への意識や考え方が全く違ったんでしょうね。

別に「変態だ」とか「おかしい」なんて言うつもりはありません。

なにせ、大なり小なりどこの国どの時代でも同性愛はあるのですから。

武田信玄は女好きの豊臣秀吉を変態扱いしていた

武田信玄

何を隠そう、武田信玄は大の男好きで有名です。

屈強な武将のイメージが崩れてしまいますが、配下の武将「高坂昌信」に対してこんな手紙を送っているそうです。

弥七郎(高坂昌信)くん以外を愛したことは、今までもこれからも神に誓ってありません。

これは・・お熱いようで・・・。

そんな武田信玄ですが、かの有名な豊臣秀吉の事を変態扱いしていたと言われています。

と言うのも、豊臣秀吉は大の女好きでしかも特に「若ければ若いほどいい」とか「身分の高い女がいい」など、とにかく女に目がなかったそうです。

そんな姿を見て、武田信玄は

「織田の家臣に変態がいるぞ!成敗してくれる!」

なんて、思っていたんだとか・・・。

うーむ、現代からしてみればどっちがマシなのか判断しかねますね・・・。

上杉謙信「女は一切いらん!」

上杉謙信

武田信玄のライバルである上杉謙信に至っては、一切女を近づけずに子供を作ることもなく出家してしまいました。

そのため「謙信自身が女であったために女性を近づけなかったのではないか?」

という極端な説も囁かれております。

しかし、よくよく調べてみると、どうやらよく「美少年たちと朝まで宴会していた」という記述があるそうなんです。

「きやもしなる若衆数多あつめ候て、大酒まてにて度々夜をあかし」

上杉謙信は、このように何度も美少年たちと朝までどんちゃん騒ぎをしていたそうです。

何故、女性を忌み嫌うのか?

とは言え、女性を愛さなければ世継ぎは生まれないわけで・・・。

「そこに愛は無かったのか?」

と問われれば、そんなことは無いと思いたいのですが・・・。

当時の性への考え方は概ね・・

女性を抱くことは軟弱で恥ずかしいこと、男性に愛情を注ぐのは硬派で真面目

こんな感じだったと言われています。

また、僧侶の間では少年を美しく着飾って「観音様の化身」として神聖な存在として愛でていた事も分かっています。

まあ、僧侶たちは元々女性との関係は持てないのでしょうがないとは思いますが、神聖な存在と関係を持つのも如何なものかと・・。

平安時代から今でも続いている「お稚児さん」という奴も、大規模寺院では「男色の対象とされる若年の男性」という意味で、その為に女性のような化粧をするんだとか。

いずれにせよ、そういう文化があったことは間違いないですね。

男性好きは流行だった!?

このように、この時代では武将はもちろんの事、僧侶も大名も誰でも彼でも同性を愛する文化が広がっていたと言われています。

家臣の間では主君と家臣が関係を持つことは、信頼関係を築く意味もあったそうです。

そのため、家臣同士で主君の寵愛を奪い合い刃傷沙汰になったという記述も残っています。

また、下級の武士の間でもそれを真似て

「俺は、女になど興味は無い!男しか抱かん!」

みたいに堂々と宣言している人もいたそうです。

何はともあれ流行で終わってよかった

手をつなぐ

まあ、何はともあれ流行で終わって良かったですね。

もし、みんな真剣に上杉謙信みたいになっていたら、子供が生まれなくなってしまいますからね。

私のような下賤な存在には、男性を好むという気持ちは分かりませんが、否定をする気もありません。

第一動物界でみても、同性愛は普通にあることですから。

それに、武将たちのそれは「単なる欲」という訳ではなく、上に上り詰めるための戦略という面もありますし、気位の高さを証明するための行いでもあります。

いずれにせよ、男女逆転の世の中に加え、性に対して閉鎖的な現代では、その流行が再び訪れることはないでしょうね。

なんたって、今の男は草食系どころか「草」みたいな存在になってきましたから。

誰とも関係を持たない・・・ただそこにいる。・・・現代も十分おかしい時代だな。

 - ミステリー , ,

アドセンス

  関連記事

背中がゾクゾクする奇書!あなたは最後まで読めるか?

「読むと精神が狂う」と言われている日本の奇書。 元々、奇書とは「面白い、優れた書 …

【閲覧注意】世界で最も不気味な場所。「人形島」が怖すぎる・・・

世界で一番不気味な場所と言われている「人形島」 もう、名前だけで怖いんですが・・ …

人の空想が生み出した世界で語り継がれる想像上の怪物5選

科学の発達していなかった遥か昔・・・ 人間の力を大きく超える自然現象は、神が起こ …

異常磁場!?重力が歪み、ほうきが立つ「オレゴンの渦」とは?

「世界の中心」・「呪われた地」・「禁断の森」 まだ、アメリカが開拓される前から、 …

最も有名なわらべ歌「かごめかごめ」の怖い二つの説

「かごめかごめ」は、日本で最も有名なわらべ歌と言っても過言ではないでしょう。 昔 …

古代エジプト文字解読の鍵になった「ロゼッタストーン」とは?

よく、遺跡発掘や歴史のテレビ番組などで、石版や壁画の文字を説明する場面があります …

また一つ世界の謎が解明された!「デスバレーの動く石」

長年、謎とされてきた「デスバレーの動く石」。 舞台は、通称「死の谷」と言われる広 …

「世界の不思議」聖ヨゼフの螺旋階段の謎が解明された?

皆さん、「聖ヨゼフの螺旋階段の謎」を知っていますか? 世界の七不思議やオーパーツ …

オーメン真っ青!「666」は不吉な数字じゃなかった!?

そーなの!? じゃあ一体「666」って何なのさ! オーメンさんが悲しそうな顔して …

あたまの体操をしよう!面白パラドックスを紹介!

さて、今回は前回の記事で紹介しきれなかった有名なパラドックスを紹介します。 頭の …