ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

解明された!もしくは解明されつつある世界の謎4選。

      2017/07/25

世界には、未だ科学の力で解明できない謎が数多く存在します。

「一体何故?どうして?どうやって?」

何の知識も経験もない私では、ひっくり返ったって解明できませんが、世界のどこかでそんな謎に日夜立ち向かって研究している人たちがいるのです。

今回は、そんな人たちが解明した・解明されつつある世界の謎を紹介します。

衰えつつある知的好奇心が呼び覚まされるようです!

【スポンサーリンク】

1.2億5000万年前の大量絶滅

酸性の海

あの有名な恐竜の大量絶滅のことではありません。

それよりも、もっと昔の話です。

「ペルム紀の大量絶滅」と言われているこの事件は、地球の歴史上最大の大量絶滅です。

なんと、地球上の生物の約95%がその姿を消してしまったのです。

気になる原因は「隕石」や「スーパーボルケーノ」など、ジュラ紀の隕石説ほど有力な説はありません。

しかし、数年ほど前から新たに囁かれている説があります。

それが「海の酸性化」です。

それは、単細胞の「メタノサルキナ」というメタンガスを放出する微生物が原因ではないかと言われています。

メタノサルキナは海底に堆積している有機物を、大量に摂取して空気中にメタンガスを放出し海を酸性化させてしまったのだと考えられています。

その結果、海の魚や貝類が死滅し食物連鎖が崩れてしまった結果、約95%の生物が死滅したという説です。

ちなみに、この大量絶滅ではあの有名な三葉虫もトドメを刺されて絶滅しています。

2.鶏が先か、卵が先か

ひよこ

鶏の母親の胎内でどちらが先に作られるのだろうという謎に決着がついたようです!

卵の殻と鶏の卵巣に共通して含まれる、あるタンパク質に着目して研究した結果、そのタンパク質には「鶏の体内で卵の殻の形成を促進させる働き」があることを突き止めました。

さらに、実験の結果このタンパク質が無いと卵の殻が作れない事も判明しました。

この結果から、「鶏がいなければ殻ができない」と結論を出したそうです。

つまり、鶏の方が先に出来るってことですね!

まあ、鶏の卵巣にこのタンパク質がないと殻が出来ないってんなら、鶏の方が先に出来てなきゃおかしいですもんね。

3.ツングースカの大爆発

ツングースカ大爆発

1908年6月30日、ロシアのシベリアにあるツングースカ川上流で大爆発が起き、近くの森の木々が「爆心地から外側に向かってなぎ倒される」という奇々怪々な事件がありました。

その規模は凄まじく、なんと約2,150平方キロメートルもの森を破壊したのにも関わらず、その原因は100年以上謎に包まれていました。

専門家はすぐに隕石を疑いましたが、周囲にクレーターなどの痕跡を見つけることができず、「宇宙人の仕業」とか「未来人がタイプスリップに失敗した」などのオカルト的思想が蔓延したのです。

しかし、後に隕石が地球に衝突したときに形成される六方晶ダイヤモンドや、トロイリ鉱とテーナイトなどの宇宙物質によく含まれている物が発見され、隕石説が有力になりました。

肝心の隕石が発見されない理由は、地球への侵入角度が悪かったせいで、ほとんど破壊された状態だったと考えられています。

しかし、衝突前のエアバーストの威力が大きく、音速よりも速い高温ガスが強力な下降気流を生み、それが森にぶつかったのだと結論づけました。

つまり、隕石自体ではなく、隕石の爆発によって生み出された爆風がぶつかったということですね!

その威力は「広島原爆の数百倍」だと言われています。

4.デスバレーの動く石

デスバレーの動く石
また一つ世界の謎が解明された!「デスバレーの動く石」

アメリカ・デスバレー国立公園内の乾いた大地に独りでに動く石があるそうです。

中には300kg以上もの巨大な石もあり、数10kmもの距離を移動する石もあります。

しかし、誰ひとりとしてその石が動くシーンを目撃することができず、ずっと謎に包まれていました。

2011年アメリカの科学者たちが、動くまで石を撮影し続けるという荒業に打って出ました!

撮影を開始して約2年!ついにその瞬間を捉えることができました!

その原因は、「薄い氷が風に吹かれて幾層にも重なり、それが石を推し進めている」という物でした。

自然もここまでうまく出来ていると、神様が遊んでいるようにしか見えませんね。

謎解明は続いていく

科学の世界では「今後30年以内には、世界のほぼ全ての謎が科学で証明できるようになる」と考えられています。

それだけ、科学の力は凄いってことですね!

しかし、解明できた所でまた新たな謎や矛盾が生じるのが世の中の常という物。

ほぼ全てが解明できるとは信じがたいですね。

それに、全てを解明したとしても探究心の塊である人間は、宇宙という新たなステージの謎に挑んでいくのでしょうね。

 - ミステリー ,

アドセンス

  関連記事

数字の不思議。愛の方程式?恐ろしい語呂合わせ?

大正7年7月7日生まれの人は平成7年7月7日に77歳 これは、実際に起きた不思議 …

あなたも発症し得る!?世界に存在する5つの奇病。

この世には、信じがたい奇病が確かに存在しています。 それらの中には、先天性のもの …

幽霊ブランコの真実!キーワードは共振と風?

誰も乗っていないブランコが独りでに動き出す・・・。 そんな心霊現象を目の当たりに …

異常磁場!?重力が歪み、ほうきが立つ「オレゴンの渦」とは?

「世界の中心」・「呪われた地」・「禁断の森」 まだ、アメリカが開拓される前から、 …

最高、故に最強!世界に存在する伝説の刀。

世界には、伝説に登場する宝具・武器が今も尚、存在しているものがあります。 その姿 …

意味不明、絶対に読めない奇書「コデックス・セラフィニアヌス」

世界には奇書と呼ばれる本が存在しています。 今回紹介するのは、その中でも比較的最 …

ヒトラーの側近には「ヒムラー」というヤバイ奴がいた。

あの有名なドイツの独裁者「アドルフ・ヒトラー」には、似たような名前の側近がいまし …

世界で一番有名な奇書。ヴォイニッチ手稿に迫る!

奇書と言っても、書かれている内容がどういうものなのかは分かっていません。 何故な …

コックリさんの起源?海外では「ウィジャボード」と呼ばれている。

西洋版コックリさんに「ウィジャ盤」「ウィジャボード」と呼ばれている物があることを …

見た目が完全に一致!ツチノコの正体は「アオジタトカゲ」だった!

これは知ってる人にとっては当たり前の事なのですが、知らない人のために紹介します! …