ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

ゴースト現る!?絶対何かいると思う世界の廃墟4選

      2016/11/10

さて、自分の中で廃墟好きが再熱している今日この頃・・。

せっかくですので、皆さんとも共有したいと思います。

友人に話してもなかなか廃墟の魅力って伝わらないので・・・。

【スポンサーリンク】

廃墟は何で美しい?

廃墟を見て美しいと感じる人は確実にいます。

それも結構な数の人が魅力を感じているみたいですね。

かくゆう私もその一人なのですが、一体何故・・廃墟に魅力を感じるのでしょうか?

それは、文明の衰退・崩壊が見えるからだと思います。

例えば、ピラミッドや古代文明の痕跡を見るのと同じで、かつてそこに人がいてその人達の生活ぶりや、日常風景が手に取るように見えるからなのではないでしょうか?

過去に失われてしまった日常を想像すると、今の廃墟が儚い物に見えてくるのです。

恐竜の化石を見るような、散っていく花を見るような、そんなちょっぴり悲しい気持ちになれるんです。

とは言え、今回紹介する物はそんな哀愁に浸っている暇もないくらい、怖い廃墟を紹介します。

絶対、何かいる!昔そこに住んでた人か、地縛霊か・・・

早速、どんなもんか見てみましょう。

ポルトガルの廃教会

教会

うへー・・・これは怖い!

結構しっかりした作りですけど、中はどうなっているんでしょうか?

教会って所が日本ではあまり見られないので、我々にとっては新鮮ですね。

と言うか、教会って廃墟にしちゃっていいんですかね?

どういうシステムで運営しているのかは知りませんけど、完全に悪魔に売り渡しちゃった感じですね・・。

これは、キリストさんも悲しみます。

絶対、低級霊たちの住処になってますね。

台湾の廃アパート

廃アパート

これは・・・。

台湾は中国と同じように、急成長している地域ですからね。

新しいビルがどんどん建つと、昔の物は取り壊さないといけないわけで・・・。

でも、それにかかる費用やら土地柄やらを考えると、なかなか手が出せないのが現状のようです。

その結果、このような廃墟が出来てしまうわけですね。

実は、台湾でも日本と同じで毎年のように廃墟の心霊ブームが訪れるそうで・・・元々このアパートは立ち入り禁止だそうですが、無理やり入って行く若者が後を絶たないそうです。

恐ろしや。

コロンビアの廃ホテル

廃ホテル

絶対いるわ。

絶対何かいる!

こちらは「エル・ホテル・デル・サルト」というコロンビアのホテルなのですが・・・。

近くにある「テケンダマ滝」が汚染されてしまい、耐え切れないような悪臭が辺りを包んでしまったため、閉鎖されてしまったようです。

本来ならば、断崖に建つこのホテルからは美しい絶景が臨めるのですが・・・。

本当に愚かな事です。

今は、森に住む悪霊たちの憩いの場となっていることでしょう。

匂いさえ無ければ、このままゴーストホテルとして営業できそうな雰囲気なんですけどね。

ベルギーのミランダ城

ミランダ城

これは・・・アダムス・ファミリーが住んでいそうですね。

ゲームだったら、ラスボス級のモンスターがいそうな城です!

こちらは、ベルギーのミランダ城というお城でヨーロッパでも有名な廃墟だそうです。

シンデレラ城廃墟バージョンなんて言われているそうで、海外の廃墟マニアに絶大な支持を得ている物件なんです。

なんと、第ニ次世界大戦まで実際に家族が住んでいたそうです。

が、その後は・・・

1980年までベルギー国営鉄道(NMBS)が児童養護施設(孤児院)として使用されていました。1991年に土地の所有者に権利が戻されましたが管理されることなく、今は廃墟になっています。

なんと、かつて家族が住んでいたお城が、孤児院になっていたとは・・・なんか恐ろしいエピソードがありそうで怖いですね。

ミランダ城は、アルデンヌの森の奥深くに存在するそうで、詳しい場所を知っていないと見つけることすら難しいんだとか。

絶対、何かある。

廃墟に魅せられて

今回紹介したのは、見た目が怖そうな物件でしたが、本当に美しいものもあるんですよ!

次回は、思わず見とれてしまいそうになる、美しい廃墟を紹介したいと思います。

それから、もしあなたが廃墟に行こうと考えているのならば、ちゃんと権利者の許可を得てからにしましょうね!

これは、廃墟マニアとしての最低限のマナーです。

 - ミステリー , ,

アドセンス

  関連記事

いる?いない?世界で存在を信じられている妖精5選

今回は、世界で信じられている妖精達の話をしましょう。 妖精というと、「小さくて・ …

嘘か本当か?コスタリカの石球はオーパーツと言えるのか?

オカルト系の書籍の中で、一昔前にオーパーツとして紹介されていた「コスタリカの石球 …

「ネコふんじゃった」という曲は・・・作曲者も発祥国も分かっていない。

実は、誰もが知っている「ネコふんじゃった」という曲は、作曲者もどこの国の曲なのか …

【恐怖】わらべ歌「あぶくたった」を掘り下げて考えてみよう。

さて今回は、わらべ歌の中から「あぶくたった」(もしくは、あわぶくたった)という歌 …

夢をコントロールする部族「セノイ族」は本物か?

もし、夢が自由に操れるとしたら・・・あなたはどんな夢が見たいですか? 「お金持ち …

あなたも発症し得る!?世界に存在する5つの奇病。

この世には、信じがたい奇病が確かに存在しています。 それらの中には、先天性のもの …

頭がおかしくなりそう。有名な4つのパラドックス。

パラドックスとは、ギリシャ語で「矛盾」や「ジレンマ」を意味する言葉です。 哲学で …

「世界の不思議」聖ヨゼフの螺旋階段の謎が解明された?

皆さん、「聖ヨゼフの螺旋階段の謎」を知っていますか? 世界の七不思議やオーパーツ …

「クレイモア」「ソードブレイカー」空想ではない実在する5つの武器

ソーシャルゲーム・漫画・アニメの世界で当たり前のように出てくる武器の数々。 でも …

ヒトラーの側近には「ヒムラー」というヤバイ奴がいた。

あの有名なドイツの独裁者「アドルフ・ヒトラー」には、似たような名前の側近がいまし …