ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

ヒトラーの側近には「ヒムラー」というヤバイ奴がいた。

   

あの有名なドイツの独裁者「アドルフ・ヒトラー」には、似たような名前の側近がいました。

その名も「ハインリヒ・ヒムラー」・・・。

名前だけ聞くと、ちょっと面白いですが、実は凄い「オカルト好き」で昔の神話を本気で信じちゃうようなヤバイ奴だったんです。

空想家だったんですね。

【スポンサーリンク】

オカルト大好き「ヒムラー」

ヒムラー

「アドルフ・ヒトラー」の熱狂的崇拝者であり、第3代親衛隊全国指導者であり、終戦間際にはヒトラー内閣内務大臣も勤めている、名実ともにヒトラーの右腕である「ハインリヒ・ヒムラー」

しかし、その一方で「空想家」であり、キリスト教嫌いであり、オカルトが大好きな一面も持っています。

今回は、そんなヒムラーさんのエピソードを集めてみました!

恐ろしい内容ではなく、できるだけポップな話を紹介します。

怖い男ですが、ちょっとだけホッコリするかもしれません。

友達もやっぱりオカルト好き

オカルト

親衛隊人種及び移住本部に配属されていた「カール・マリア・ヴィリグート」

彼は、いつでもヒムラーの部屋に入ることが許されていた人物だそうです。

と言うのも、この「ヴィリグート」という人物も、とてつもないオカルト好きだったんです。

ヴィリグートの場合は、もっと過激で・・・

「ウリゴート族の末裔でゲルマン賢者」

と名乗っていたそうです。

さらに彼は、「ゲルマン民族の歴史は22万8000年になる」とか「昔は太陽が3つあり、小人や巨人がいた」など、子供に言い聞かせるような昔話を真剣に話していたそうです。

そんな到底信じられないような話を、「ヒムラー」は目を輝かせながら信じたと言われています。

ヒムラーさんは・・・ピュアなんですね。

昔の城に1300万ライヒスマルク

ヴェーヴェルスブルク城

かつて、東方から攻め寄せてきたフン族の突撃を防いだとされる「ヴェーヴェルスブルク城」

その話に興味を持ったヒムラーは、ソ連からヨーロッパを守るためと銘打ち、1934年7月に軍の資金でその城を購入しています。

その後ヒムラーは、その城に1300万ライヒスマルクもの資金を投入して改装工事を行っています。

1300万ライヒスマルクと言うと、当時の駆逐艦1隻分と同じくらいだそうです。(諸説あります)

ヒムラーはその城で「アーサー王物語」や「円卓の騎士」などに強い影響を受けたとみられる儀式の数々を行ったそうで・・・。

部下に数時間の瞑想を強要したり、大広間にオーク製の巨大テーブルを置き、親衛隊幹部を「騎士」と呼び、ネーム入りの椅子を並べたりと・・・。

まあ、ワクワクしながら作ったんでしょうね。

他にも1万2000冊の大図書館やSS最高法廷なんかもこの城に置いたそうですよ。

すってんコロリン事件

線路

実はヒムラーは運動神経が鈍い事でも知られています。

列車を降りる際に階段を踏み外し、車両から思いっきり地面にすっ転んだというエピソードが残っています。

ヒムラーは、しばらくその場で激痛に耐えながら「メガネが無くなった!」と怒声を上げたそうです。

部下たちは気まずい雰囲気の中、無くなったメガネを探しますが、なかなか見つからず・・・ヒムラーは、そのままヨロヨロと列車を後にしたんだとか・・。

挙句の果てに、列車の中で長話をしたと言うだけで、転倒には全く関係ない人物に「転んだのはお前の話が長いからだ!恨むぞ!」と言ったそうです。

そんな無茶苦茶だ。

キリスト教はダメ!

キリスト

ヒムラーは「キリストはゲルマン民族の民族宗教をパクった」や「聖書はドイツ人が書いた」と言うオカルトにドハマりし、キリスト教撲滅のために様々な運動を行いました。

その中の一つに「キリスト教式の結婚式は禁止」というものがあり、結婚式の祝い方を規制したそうです。

しかし、隊員たちは不満爆発!

多くの隊員から不評を買い、すぐに撤回したそうです。

さらに、「クリスマス禁止令」を出し代わりに「冬至祭」を盛大に祝うことにしましたが、隊員の半分以上がキリスト教徒だったため、全く反映されることはありませんでした。

処刑を見て気絶

気絶

ナチスと言えば、大量虐殺という恐ろしい過去を持っていますよね・・。

ヒムラーはその大量虐殺の首謀者とも言われています。

しかし、彼は大量どころか、3人を銃殺で処刑する現場を視察した時に思いっきり気絶してしまったそうです。

しかも、そのあとにも強制収容施設など、とにかく恐ろしい所に行くと気絶をしたという記録が残っています。

もう、その仕事向いてないよ。

時代が時代なら・・・

これらの話を聞いているとファンタジー作家の方が向いてる気がします。

時代が平和だったら、それは有名な作家になっていたでしょうね。

ピュアで運動音痴で怖いことがあると気絶するって・・・。

それってもはや悪い人の特徴じゃないですよね・・・。

しかも、それだけではありません。

動物愛護教育を熱く論じたり。

「一夫多妻制にすれば、女はみんな1番になろうと努力するからブスはいなくなる」と発言したり。

日本人がアーリア人種であることを立証しようと「カタカナ文字」を研究したり。

まあ、ここだけ聞けば愉快なおじさんなんですけどね。

ヒトラーの側近ではありますが、時代が時代なら面白おじさんで人気だったでしょうね。

 - ミステリー ,

アドセンス

  関連記事

世界に実在する呪いの財宝。「ホープダイヤモンド」

この世には、「呪い」と呼ばれるモノがあります。 それは、幽霊や超能力と同じ類の超 …

【恐怖】わらべ歌「あぶくたった」を掘り下げて考えてみよう。

さて今回は、わらべ歌の中から「あぶくたった」(もしくは、あわぶくたった)という歌 …

バミューダトライアングルの真相!原因はメタンハイドレート?

バミューダトライアングルの謎について、前回の記事(世界の謎バミューダトライアング …

コックリさんの起源?海外では「ウィジャボード」と呼ばれている。

西洋版コックリさんに「ウィジャ盤」「ウィジャボード」と呼ばれている物があることを …

頭がおかしくなりそう。有名な4つのパラドックス。

パラドックスとは、ギリシャ語で「矛盾」や「ジレンマ」を意味する言葉です。 哲学で …

意味不明、絶対に読めない奇書「コデックス・セラフィニアヌス」

世界には奇書と呼ばれる本が存在しています。 今回紹介するのは、その中でも比較的最 …

世界で一番有名な奇書。ヴォイニッチ手稿に迫る!

奇書と言っても、書かれている内容がどういうものなのかは分かっていません。 何故な …

嘘か本当か?コスタリカの石球はオーパーツと言えるのか?

オカルト系の書籍の中で、一昔前にオーパーツとして紹介されていた「コスタリカの石球 …

解明された!もしくは解明されつつある世界の謎4選。

世界には、未だ科学の力で解明できない謎が数多く存在します。 「一体何故?どうして …

「クレイモア」「ソードブレイカー」空想ではない実在する5つの武器

ソーシャルゲーム・漫画・アニメの世界で当たり前のように出てくる武器の数々。 でも …