ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

女性の脚がガクガク震える?神秘のパワースポット「ボスコヮンヌーン」

      2017/02/22

何とも不思議なパワースポットがあるものです。

男性は何ともないのに、女性だけが反応する・・・そんな場所があるのです。

世界は広いですから、そんな限定条件のある場所があっても不思議じゃないですよね!

いや、不思議ではあるんですけどね・・・

【スポンサーリンク】

イングランドの不思議な遺跡

ストーンサークル
出典うーまんずcafe.com

問題の場所は、イングランドの南西部に位置する「コーンウォール」という所にあります。

何でも、そこには「Boscawen-Un(ボスコヮンヌーン)」という遺跡があり、その遺跡の中にある環状列石(ストーンサークル)が女性の脚をガクガク震わせる場所だそうです。

この遺跡自体あまり研究が進んでいないようで、はっきりとした原因は分からないそうですが、女性だけが反応するとの事です。

確かに、男女では人体の構造上、明らかな違いがある訳ですから、そういった女性だけが持つ器官に反応しているのならばありえる話です。

まあ、どのように影響して脚が震えるのかは分かりませんが・・・。

実は、「コーンウォール」は異質な地域だった。

アーサー王

少し調べてみたところ「コーンウォール」という場所自体、少し異質な地域のようですね。

ここでは独自の言語や文化を持っていて、イギリスの中でも「英国の中の異国」と言われているみたいです。

実はこのコーンウォールという場所は、あの歴史上名高い伝説の王「アーサー王」誕生の地としても有名なのです。

「ケルト神話・妖精伝説・異界の存在」そんな話が未だに信じられている、まさに異国というわけなんです!

綺麗な景観

美しい景観はもちろん、世界遺産もあり、イギリスの中では珍しく料理も美味しいと人気の観光スポットにもなっているんです!

過去には、コーンウォールの独立運動さえ起こったらしいのですが・・・いやはや、何とも神秘的な場所ですね。

もちろん、これと遺跡の不思議な現象とは直接関係はありませんが・・・。

「異質な地域」に「不思議な遺跡」・・・何やらミステリー好きのハートに火が付きそうです。

結局分かっていることは何?

水晶

さて、本題に戻ります。

「ボスコヮンヌーン」のストーンサークルについて、分かっていることだけ紹介します。

実は、遺跡にあるストーンサークルの中には、2つだけクォーツつまり水晶で出来た石があるのです。

その遺跡に訪れた女性たちは、その石の前に立つ、もしくは触る事で脚がガクガク震える謎の症状に見舞われるらしいのです。

脚が震えると聞くと、得も言えぬ恐怖に襲われているんじゃないかと思いますが、実は逆でとても穏やかな気持ちになって安心するんだとか。

人によれば、体がポカポカしてきて童心に戻ったような清らかな気持ちになるんだそうです。

とにかく、落ち着くみたいですね!

へー、どんな感じなのか気になります。

深まるボスコヮンヌーンの謎

島

ちなみに、水晶で作られているのは中央にある石と、サークルの中のどれかだそうです。

女性ならば、その石を感じ取れるんですって・・・なんだ、その特殊能力・・・。

「妖精伝説が根付く異質な地域」・「女性だけが反応するストーンサークル」・「アーサー王生誕の地」

何の遺跡なのか?

何故、2つだけ水晶で作られているのか?

全ては、謎のままです。

 - ミステリー , ,

アドセンス

  関連記事

見た目が完全に一致!ツチノコの正体は「アオジタトカゲ」だった!

これは知ってる人にとっては当たり前の事なのですが、知らない人のために紹介します! …

中二病が捗る世界のかっこいい5つの武器

男ならば、皆さん心の内に「中二病」を秘めていますよね? 「中二病」とは、「中学二 …

歴史上の事実!武将たちの男好きは流行だった?

よく、織田信長は同性愛者で美少年である森蘭丸を常にそばに置いていた。 なんて話を …

嘘か本当か?コスタリカの石球はオーパーツと言えるのか?

オカルト系の書籍の中で、一昔前にオーパーツとして紹介されていた「コスタリカの石球 …

オーメン真っ青!「666」は不吉な数字じゃなかった!?

そーなの!? じゃあ一体「666」って何なのさ! オーメンさんが悲しそうな顔して …

森に飲まれた古の廃墟「ベンメリア遺跡」密林の奥地で修復を阻むものとは。

カンボジア・アンコールワット遺跡から東へ直線距離で約40km。 そこには、森に飲 …

2015年!バミューダトライアングルで100年前の船が発見される!

2015年、なんと今年になって約100年前に謎の失踪をした貨物船が発見されました …

「ネコふんじゃった」という曲は・・・作曲者も発祥国も分かっていない。

実は、誰もが知っている「ネコふんじゃった」という曲は、作曲者もどこの国の曲なのか …

意味不明、絶対に読めない奇書「コデックス・セラフィニアヌス」

世界には奇書と呼ばれる本が存在しています。 今回紹介するのは、その中でも比較的最 …

夢をコントロールする部族「セノイ族」は本物か?

もし、夢が自由に操れるとしたら・・・あなたはどんな夢が見たいですか? 「お金持ち …