ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

ロダンの代表作「考える人」は・・・実は何も考えていない。

   

彫刻家オーギュスト・ロダンの最も有名な作品「考える人」

誰でも一度は見たことがあると思います。

学校の教科書にも載っていますよね!

しかし、その「考える人」は・・・実は何も考えていなかった!

【スポンサーリンク】

「考える人」は何も考えていない

ロダン

考えていないのならば、一体何をしている場面なんでしょうか?

顎に手をやり、俯き加減で座っている状態ですから・・・。

やっぱり、何かしら考えているようにしか見えませんよね。

実は、この男性は考えているのではなく・・・「ただじっと見ている」のです。

どういう事!?

大作の一部でしかない

見下ろしている男性

実は、この「考える人」は、元々ロダンの作っていた「地獄の門」という大作の一部でしかありません。

地獄の門は高さ6m・幅4mの大きさで、地獄に落ちていく罪人たちが描かれています。

つまり、「考える人」は地獄の門に落ちていく罪人たちを上から見下ろしている男性なのです。

その事を頭に入れながら改めて「考える人」を見ると、人によって様々な感想が生まれます。

もしかしたら、罪人を哀れに思って救済する方法を考えている所かもしれません。

そうすると、やっぱり「考える人」というタイトルは合っているようにも感じますが、とりあえず何かしらの考えに耽っているのではなく「見つめている」と言うのは間違いないようです。

なんでタイトルが変わったの?

アート

実は、「考える人」というタイトルを付けたのはロダンではありません。

ロダンが絶大な信頼を置いていた鋳造家の「アレクシス・リュディエ」という人物が名付け親なんです。

鋳造とは、金属をドロドロに溶かした後に型へ流し込んで固める作業の事です。

ロダンは生前に多くの作品の鋳造をリュディエに頼んでおり、何を隠そう「考える人」の鋳造もリュディエに頼んでいます。

考える人はロダン?ダンテ?

考える人

実は、「地獄の門」という作品は、イタリアの詩人「ダンテ・アリギエーリ」という人の叙事詩がテーマになっています。

「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」という言葉で有名な「神曲」地獄篇第3歌に登場する地獄の門がモデルになっているそうです。

その為、この考える人のモデルになったのは「詩人ダンテではないか?」と思っている人がいるみたいです。

さらに、「彫刻した本人のロダンではないか?」とも考えられています。

これだけ様々な憶測が生まれるなんて、それだけ人を惹きつける魅力があるって事なんでしょうね!

見る人が考える

元は大作の一部で後に単体で発表した「考える人」

見る人によって異なる感想。

モデルの人物の真相。

もしかしたら、この作品を見た人は何かしらの思考を持ってしまう、不思議な作品だから「考える人」というタイトルなのかもしれませんね。

考え過ぎですかね・・・。

 - ミステリー ,

アドセンス

  関連記事

古代エジプト文字解読の鍵になった「ロゼッタストーン」とは?

よく、遺跡発掘や歴史のテレビ番組などで、石版や壁画の文字を説明する場面があります …

オーメン真っ青!「666」は不吉な数字じゃなかった!?

そーなの!? じゃあ一体「666」って何なのさ! オーメンさんが悲しそうな顔して …

森に飲まれた古の廃墟「ベンメリア遺跡」密林の奥地で修復を阻むものとは。

カンボジア・アンコールワット遺跡から東へ直線距離で約40km。 そこには、森に飲 …

バミューダトライアングルの真相!原因はメタンハイドレート?

バミューダトライアングルの謎について、前回の記事(世界の謎バミューダトライアング …

地球の悲鳴?不気味な音が聞こえる「アポカリプティック・サウンド」とは?

オカルト好きの間で一時期話題になりました「アポカリプティック・サウンド」 その不 …

オカルト?満月が持つ不思議な力。何故か多い4つの事

今回は、オカルト色の強い話になります。 何でも、満月には不思議な力があって、その …

中国の本気「越王勾践剣」がカッコ良すぎる!2000年間錆びない伝説の剣。

デザインが格好良すぎる! とても2000年以上前に作られていたとは思えない、素晴 …

キリストを貫いた神殺しの聖槍「ロンギヌスの槍」とは?

ロンギヌスの槍と言われて思い浮かべるのは、「新世紀エヴァンゲリオン」という方が多 …

あたまの体操をしよう!面白パラドックスを紹介!

さて、今回は前回の記事で紹介しきれなかった有名なパラドックスを紹介します。 頭の …

解明された!もしくは解明されつつある世界の謎4選。

世界には、未だ科学の力で解明できない謎が数多く存在します。 「一体何故?どうして …