ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

なんと、左右の脇で臭いの強さが違った!何で?

      2016/03/13

左右で脇の臭いの強さが違うって?

どれどれ(確認中)

ほんとだ!ってか、臭い・・・

なんで、左右で臭いの強さが違うんだろう。

もしかして、ワキ対策も左右で区別した方がいいのでは!?

【スポンサーリンク】

左右で違う脇の臭い

脇の匂い

脇臭の原因は、ほとんどの場合「汗」です。

汗自体は99%水分なのでほとんど臭いがしないのですが・・・

ニオイの原因については後ほど説明いたします。

さて、ではワキガでは無いのに左右で違う脇の臭いは、何が原因なのでしょうか?

よく使う腕の方が臭い

原因はとっても単純!

要は、「よく使う腕の方の脇が臭いんです。」

それは、先ほども言った通り脇臭の主な原因は「汗」なので、よく使う腕の方が自ずと汗を脇全体に広げてしまったり、発汗の量も多くなるのです。

それに加え、利き腕の方がワキガの原因であるアポクリン腺が少し多いようです。

なので、左右の脇を同じように対策しても、どちらか片方が強い臭いだと対策が不十分の場合があります。

一度自分の脇を臭い比べて、どちらが臭いかはっきりさせておいた方がいいですね!

気にすれば気にするほど・・

発汗には、色々な種類がありますが、その中でも意外と侮れないのが「精神性発汗」

つまり、気になる所に意識が集中すると、体が緊張して汗をかいてしまうんですね。

なので、「ヤバイ・・私いま絶対に右脇汗かいてるよね・・どうしよう汗染み出来てないかな・・」

なんて、心配しすぎると右の脇だけ余計に汗をかいてしまうんです。

気にするなという方が難しいですが、ここはドッシリ構えて

「汗かいてるけど、対策したから大丈夫!」

と、ポジティブに考えた方が早く汗が止まります。

汗ニオイの原因は何?

脇

先ほど、「汗の99%は水分だ」と言いましたが、ではなんであんなモワッとした臭いになるのでしょうか?

脇の臭いの厄介な所は、「自分では分かり辛い」って所ですよね。

左右の臭いを比べたいけど、イマイチ違いが分からない。

さて、どうすればいいのでしょう?

臭いの原因は古い角質と雑菌

あの嫌な汗臭さは、汗によって剥がれ落ちた古い角質と油脂が原因です。

それを雑菌が分解することによって、あのモワッとした汗臭さが生まれるのです。

こればっかりは、いくら体を毎日洗っていたとしても、完全に防ぐことはできません。

皮膚が剥がれ落ちる事や、油脂の分泌は生きている限り止めることはできませんし、誰にでも起こる事なのです。

そして、そんな雑菌まみれの汗が洋服に染み込んでしまえば・・・まぁー臭いですよね。

自分のにおいを察知したい!

嫌な顔

では、少しでも早く自分の臭いを察知したい時はどうすればいいでしょうか?

簡単です。

「左右の脇を手で擦ってみて手に付いた匂いを嗅げばいいのです。」

お世辞にも行儀のいい行為ではないので、トイレの個室など誰にも見られない所でこっそりやってみてください。

それでも分かり辛い人は、ビニールを使って擦るとわかり易いです。

買い物袋でも何でもいいですが、ビニールを使うと他の臭いに邪魔されないので、ストレートに感じることができます。

自分では感じにくい

ワキガ

そうやって確認した臭いが、「周りの人に嗅がれている臭いだと思ってください」

もし、強烈に臭ってしまった人は、今すぐ対策が必要です。

周囲にもそれと同等のニオイの強さを放っていると考えていいです。

自分では分からないと思いますが、思った以上に臭っている場合があります。

そして、匂いのない人はいくら擦ろうが、ビニールを使おうが全く匂いがしません。

なので、少し臭うくらいなら脇スプレーで十分ですが、強烈に臭ってしまったらアウトですよ!

どうすれいいの!?

脇を拭く

いろいろな対策があるとは思いますが、一番原始的で有効な手段は「洗うこと」です。

タオルやハンカチを濡らして脇を湿らせ、そのあとで水分を優しく拭き取る。

強く擦ると、肌を傷つけてしまったり、油脂の分泌を促す逆効果になってしまいますので、あくまでも優しく拭き取ります。

それを何度か繰り返すことで、脇の汗を洗い流すことができます。

その上で脇スプレーをすれば大丈夫!

注意すべき点は、洋服の内側にもしっかり脇汗対策のパッドもしくはスプレーをすることですね。

冬でも人は汗をかきます。

季節を問わず、脇対策はお忘れなく!

 - 生活 , ,

アドセンス

  関連記事

優柔不断の正体はこれか!?「決定回避の法則」!

皆さんは、「決定回避の法則」という一つの心理効果の事です。 もし「自分は優柔不断 …

錬金術が完成!二酸化炭素からエタノールを生成できる!?

今、ネットで最もアツイ話題の一つ! なんと、アメリカのオークリッジ国立研究所から …

「国劇」「国蝶」こんなものまであるんだ!「国○○」って奥が深い!

前回の記事「国歌」「国旗」だけじゃない?「国○○」シリーズはいっぱいある!で紹介 …

ダンゴムシは・・・元々日本にいなかった?絶対に驚く雑学5選

さあ、明日はドヤ顔で雑学を披露しよう! 絶対驚くとっておきの雑学を紹介します。 …

そういう事なのか!人体に関する「それマジ!?」なトリビア4選

さて、またもや人体に関するトリビアです。 人体の神秘は底知れないものがありますか …

何でこんな所にドアが?設計ミスの建物がちょっと笑えない。

大工がいくらプロだからって、人間なんだからミスだってあります! 「でも、これ作る …

続・実在する変な曲を集めてみました!笑っちゃダメだよ。

さて、今回も実在するヘンテコな曲を紹介したいと思います! 今回紹介するものは、思 …

ドーピングってそもそも何の事?何でやっちゃダメなの?

オリンピックや有名な世界大会でよく聞く「ドーピング」という言葉。 そもそも、ドー …

水にまつわる不思議。どうしてたくさん飲めないの?

ビールだったら何十杯も飲めるのに、なんで水は頑張っても2杯程度しか飲めないのでし …

え!日本が最初じゃないの?海外発祥の意外な4つの物。

日本は、世界でも独特な感性や独自の文化を持っていると言われています。 そんな日本 …