ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

レーシック手術が無意味に・・・若者の斜視が増えている!

   

今、20代を中心に「斜視」が増えているとの事。

しかも、先天的ではなく後天的な斜視です。

つまり、何かしら現代の生活習慣が原因なのですが・・・

一体何がいけないんでしょうか?どうすれば治るの?

【スポンサーリンク】

若者の斜視が増えている

斜視

「斜視」とは、黒目の部分が中心から外れている状態のことを言います。

普通は、両目とも目標物に対して固定されているのですが・・・

斜視を患うと、目標物に対して黒目が定まらなくなってしまいます。

斜視は「上・下・内・外」の4種類がありますが、いずれも若者に多いある習慣が原因なのです。

どうして斜視になるの?

目には12本の脳神経があります。

それらの神経に脳からの指令が来て、右を見たり、左を見たり、寄り目になったりするのですが・・・

ある一定の方向を見すぎると、その内の神経の一本に過剰な指令が与え続けられることになります。

その結果、普段から極端に指令を受けるようになってしまい、内斜視や外斜視になってしまうのです。

無意識の内に起こっている?片目だけの斜視

スマホ

スマホを寝ながら操作したり、長時間操作していると無意識の内に起こってしまう現象があります。

それが「片目だけで見る事」

知らず知らずの内に、片目だけしか使ってない場合があるというのです!

両目を開いているにも関わらずそうなってしまうというので恐ろしいですね。

そのような状況を続けていると、片目は中心を向いているのに、もう片方の目はあさっての方向を向いてしまう事になってしまいます。

原因と対策

後天的な斜視の原因は、ある一定方向を「見すぎる事」です。

つまり、無意識の内に黒目の位置を矯正している事になります。

「そんな矯正は望んでないよ・・・」

そう思われる方がほとんどだと思います。

それを解決するために、まずは原因を知らなければ!

スマホのやりすぎ

スマートフォンを顔の近くで操作している時、目は寄り目になっています。

また、横になりながら操作すると、目は右寄りに傾いていたり、左寄りになっています。

さらに、無意識の内に片目だけで見ているような状況だと、片目だけ右寄りになっていたり、左寄りになっているのです。

そして、その状況が続くことで、片目もしくは両目とも斜視になってしまうのです。

すごく分かりやすく言うならば、「片腕だけ鍛えているような事」

そりゃ、左右のバランスが悪くなりますよね・・・

パソコンのやりすぎ

パソコン操作

一見、パソコンならある一定の距離を保っていますし、寝ながら操作することもないので平気なような気もしますが・・・

例えば「パソコンの操作が画面の片方に集中している」場合は、スマホ同様斜視の原因になります。

私も、記事を書く時は常に「画面の左寄り」に視線が集中していますので、良くないですね。

このように、私生活の中でも意外と斜視になる原因があるのです。

斜視って治るの?

軽度の斜視ならば、治すことができます!

まずは、原因のスマホやパソコンの時間を減らす事。

そして、操作をする時は出来るだけ離れて、両目でしっかり見ることです。

「両目で見ると頭が痛くなる」という方は、もしかしたら既に斜視になっているか、視力が左右の目で差がある可能性があります。

その場合はすぐに眼科の診断を受けましょう。

目が悪い上に斜視となると、もはやレーシック手術の意味はありません。

事実、レーシック手術を受けたのにも関わらず、両目の視力のバランスを保つために「メガネ」を付ける事になったという人もいます。

結局メガネが必要になってしまうのね・・・

斜視を軽減させる行動

「遠くを見ましょう」

以上!

簡単な事です。

例えば、散歩に出かけたり、窓から外の景色を見たりすればいいのです。

その時は出来るだけ遠くを見るように心がけておけば十分です。

片目だけ斜視の人は、普段から姿勢が悪い場合もありますので、背筋をピンとさせて顔をしっかり中心に向けましょう!

何事も休憩が必要!

休憩

重度の斜視は、それこそ手術をしない限りすぐに治ることはありません。

間違った生活習慣を送った年月と同じ時間をかける心がけでない限りは、黒目を正常な位置に治すことは難しいでしょう。

それでも、「今以上に斜視になる」事は防ぐことができます!

お仕事で、どうしてもパソコンが必要な人もいるでしょう。

お忙しいとは思いますが、その忙しいスケジュールの中にどうか「休憩」の時間を組み入れてください。

「休憩も立派な仕事です」

自分の体を思えばこそ、しっかり休憩時間を取りましょう!

 - 生活 ,

アドセンス

  関連記事

ナウルという国がぶっ飛び過ぎてて笑えない・・・。

日本は今、景気が回復していると言われ、増え続けていた失業率も回復傾向にあると言わ …

ダンゴムシは・・・元々日本にいなかった?絶対に驚く雑学5選

さあ、明日はドヤ顔で雑学を披露しよう! 絶対驚くとっておきの雑学を紹介します。 …

掘れば掘るほど出てくる「お金」に関するトリビア5選。

お金に関するトリビアって掘れば掘るほど出てきます。 偽札防止策や面白い発見、細か …

「ピザ」と「ピッツァ」色んな物の聞いて納得、ここが違う!

え?「ピザ」と「ピッツァ」って別物なんですか!? 「スパゲティ」と「パスタ」が別 …

実は、獅子舞には・・・オスとメスがいるんです!

ええ!? 獅子舞にはオスとメスがいるんですか!? というか、性別の概念があったと …

深まる謎・・・人間にまつわる不可思議なミステリー。

人体に関する謎は多いですね! 今回も、解明されていないもしくは解明されつつある色 …

物知り博士になろう!10人中9人が知らない言葉5選。

さあ!新しい知識を取り入れよう! 10人中9人が知らないであろう言葉や名前を紹介 …

ティッシュってなんで2枚重ねなの?ティッシュのトリビア。

なんでティッシュは2枚重ねなのか? 考えたこともありませんでした。 まあ、深く考 …

10億円以上は当たり前!?世界で取引された超高額な財宝。

宝石の王様「ダイヤモンド」 結婚指輪や婚約指輪にされることが多く、女性なら誰でも …

盲腸には意味がある!?気軽に取っちゃダメだった!

盲腸といえば、虫垂炎になるリスクで有名な器官ですよね? よく、「虫垂炎になったか …