ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

てるてる坊主の起源は?実は怖い都市伝説が・・。

      2017/07/10

梅雨明けの季節となりました!

つい、この間までてるてる坊主を作っていたという子供も少なくないのではないでしょうか?

そういえば、てるてる坊主って一体何者なんでしょう?

起源はいつごろなんでしょうか?

【スポンサーリンク】

てるてる坊主の起源

てるてる坊主

てるてる坊主は、江戸中期頃には既に飾られていたと言われています。

その起源については諸説あるものの、原型となった物が中国から伝わり、それから日本で独自に進化したそうです。

もともとは、中国で「ほうきを手にした切り紙の人形」である「掃晴娘(サオチンニャン)」が、日本に伝わりそれが進化して「てるてる坊主」になったと言われています。

日本でも、江戸中期頃は今の形ではなく、折り紙人形であったことが分かっています。

しかし、今の中国ではその事を知る人は少なく、むしろ日本で流行ったお馴染みのてるてる坊主が逆に伝わり、現在までに広く認知されています。

色んな呼び方がある

カラフルなてるてる坊主

てるてる坊主には、他にも色々な呼び方があります。

てり雛・てり法師・てりてり坊主・てるてる・てるてる法師・てるてる坊主・てれてれ法師

てりてり坊主は、凄い暑い日になりそうなネーミングですね!

でも、やっぱり同じ音を繰り返す名前が多いんですね・・。

てるてる坊主に関する怖い都市伝説

雨とてるてる坊主

みなさん、少し考えてみてください。

てるてる坊主っておかしいと思いませんか?

「なんで、首を吊って飾るんでしょうか?」

吊るすだけなら、色んな方法があると思うのです。

頭から糸を出したり、肩の部分に糸を通したり、むしろ吊るすという発想自体がおかしい。

普通は、高い所に「置く」だけでいいと思いませんか?

何で、わざわざ吊るそうと・・・しかも首に糸を巻いてまで・・・。

嘘つき坊主

実は、こんな都市伝説があります。

その昔、長雨に苦しんだ村人がお坊さんに天気してくれるよう頼みました。

「分かりました。今から雨の止むまでお経を唱え続けましょう。大丈夫、明日には晴れますよ。

そう言って、坊さんはお寺に篭もり、お経を唱え始めました。

しかし、それから3日経とうが、5日経とうが雨の止む気配はありません。

長雨のせいで地盤が緩み、所々で崖崩れが起き、死人も出ました。

作物も腐り果ててしまい、食糧難に陥った村人たちはもう一度坊さんに頼みに行きました。

しかし、そこで見た光景は

お酒

お経など唱えず、呑気に昼間からお酒を飲む姿でした。

川の氾濫を止めたり、崖崩れの下敷きになった人を救うため、必死に働いていた村人達を尻目に、自分だけ楽をしていたのです。

そうと分かった村人たちは、全員で坊さんを襲い、首をはねてしまいました。

そうしてその首を白い布で包み、空に一番近い場所へ祀りあげました。

その日の夕方から雨はピタリと止んだそうです。

村人たちは、坊さんの首を清めてから川に流し、丁重に礼を言ったそうです。

怖い都市伝説ですね。

正しいてるてる坊主

笑顔のてるてる坊主

皆さんは、てるてる坊主を吊るしたあと、その人形をどうしてますか?

もし、普通に捨てているならやり方を間違えています。

てるてる坊主の正しい処分の仕方は、川に流すのが本当なんです。

1.顔を書かずに作る。

2.晴れたら、顔を書いて御神酒を添える。

3.川に流す

4.雨が降ったら顔を書かないまま川に流す。

まあ、今のご時世では川に物を流すなんてことしたら怒られちゃいますし、結局は普通に捨てるしかないんですけどね・・・。

風物詩として楽しもう!

かわいい

現在は、人工衛星という文明の利器のおかげで、いつ雨が降るのかいつ梅雨が明けるのかは分かってしまいます。

なので、もはやてるてる坊主は不要の物ですが、夏の風物詩として見ればこれほど風流なものはありません。

風鈴とてるてる坊主のコラボなど、想像しただけで夏を感じることができます。

個人的には、少しくらい雨が多いくらいが、涼しくて過ごしやすい夏のような気がしますけどね!

・・・というか、今の子供って「てるてる坊主」作るんですかね?

 - 生活 ,

アドセンス

  関連記事

天井まで本がびっしり!司馬遼太郎記念館の本棚が凄い!

皆さんは「司馬遼太郎(しば りょうたろう)」という方をご存知でしょうか? 日本の …

実は、電柱は動かせます。電柱に関する5つのトリビア。

なんだこの電柱、邪魔だな~。 車を駐車する時にぶつけそうだな~。 そんな時は、電 …

夏の締めくくりに相応しい「線香花火」のトリビア4選

もう、そろそろ夏も終わりですね。 夏の締めくくりに花火を嗜んでみてはいかがでしょ …

「国劇」「国蝶」こんなものまであるんだ!「国○○」って奥が深い!

前回の記事「国歌」「国旗」だけじゃない?「国○○」シリーズはいっぱいある!で紹介 …

ダンゴムシは・・・元々日本にいなかった?絶対に驚く雑学5選

さあ、明日はドヤ顔で雑学を披露しよう! 絶対驚くとっておきの雑学を紹介します。 …

本当にあった、頭を抱えたくなる程ありえない海外の裁判3選

人間の社会上で起こった衝突や問題を解消するための、権威を持つ者が下す判定「裁判」 …

「超ド級」の「ド」って何?物の正式名称や語源を知って雑学王になろう!

さて、今回は久しぶりに「物の正式名称&語源」について紹介したいと思います。 知っ …

続・将来を考えて絶対止めた方がいい癖「お風呂でおしっこ」

「ええ!そんな人いるの?」 と驚く人は・・・実は少数派かもしれません! みんな黙 …

何でこうなった?大真面目に作曲された変な曲。

音楽って良いですよね! 聞くだけで心が穏やかになったり高揚したり・・・。 エヴァ …

優柔不断の正体はこれか!?「決定回避の法則」!

皆さんは、「決定回避の法則」という一つの心理効果の事です。 もし「自分は優柔不断 …