ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

何でこうなった?大真面目に作曲された変な曲。

      2017/07/11

音楽って良いですよね!

聞くだけで心が穏やかになったり高揚したり・・・。

エヴァのカヲル君も「リリンの生み出した文化の極みだよ」と言ってますよね。

しかし、中には「え?どうしてこんな事に・・・?」と思わず首をかしげてしまう変な音楽が存在します。

【スポンサーリンク】

大真面目に作られた変な音楽

ギター

それらは、大真面目に作られていてその曲の素晴らしさを理解できるのは、ほんのひと握りの人間だけです。

常人が聴いても、何がなんやら意味の分からぬ時間がただ過ぎ去っていくだけでしょう。

これらの曲を知って、「おお凄い!」と言える人がいたら是非教えてください。

私には、理解の到底及ばない別世界のようですから。

4分33秒

時計

1952年にアメリカ出身の音楽家「ジョン・ケージ」によって作曲された「4分33秒」という曲です。

この音楽は何と!

「4分33秒間、全て休みという曲なのです」

つまり、始まりから終わりまで何も音を奏でることなく終わる曲なんです。

・・・意味がわからない。

ジョン・ケージは、この曲を作る前に大学の無響室に入り、無音を聞いていたと言います。

その時に彼はこう話しています

「二つの音を聴いた。一つは高く、一つは低かった。高いほうは神経系が働いている音で、低いほうは血液が流れている音だ。」

ジョン・ケージが体験したこの経験を下に「4分33秒」という曲が出来たそうです。

この曲は、自分自身の音や会場のざわめきなど、自然に発せられる音を聞くための曲だったんですね!

俺の尻をなめろ

モーツァルト

この衝撃的なタイトルは、かの有名なモーツァルトが作曲した曲です。

信じられないかもしれませんが、このような変な曲は意外と多いんです!

他にも、「飲んで食って身が保つ」・「男たちはいつもつまみ食いしたがる」・「砕け凍った歯が」なんて変なタイトルの曲があるのです。

1782年にウィーンで作曲されたそうですが・・・この時のモーツァルトは26歳。

まさかとは思いますが、・・・尻を舐めてもらっていたのでしょうか・・。

モーツァルトのイメージが崩れそうなので、これ以上の詮索はやめておきましょう。

では、実際に聞いてみてください!

大丈夫です。ドイツ語が分からなければ普通の曲ですから・・・歌詞はぶっ飛んでるようですが。

いい曲・・・だよね。

ロングプライヤー

無限

この曲は、なんと1000年かけて演奏されるという、もはや頭のネジが100本くらいぶっ飛んでいる作品なんです。

この手の長時間演奏される曲は、大抵ベースとなるリズムがあってそれをループし続けるのですが、この曲の場合は少し違います。

確かに20分20秒の基盤となる曲があるのですが、それをコンピュータが簡単なアルゴリムを用いて膨大なバリエーションを生み出すのです。

それらの全パターンをすべて演奏し終わるには、1000年かかると言われているんです。

実は、この曲は既に演奏が開始されていて、今も尚演奏され続けています。

2000年1月1日に演奏が開始され、終わるのは2999年12月31日になるそうです。

今の予定では反復される事は無いそうです。

こんな曲で反復なんてあってたまるか!

革命のための音楽

目

1938年東京生まれの日本人音楽家「小杉 武久」によって生み出されたこの曲は、未だかつて誰も演奏されたことがない。

それもそのはず・・・。

この曲は、音楽という概念をぶち壊しているからです!

なんと、演奏開始直後に「自分の片目をえぐり出す、そのまま休憩し、5年後にもう片方の目をえぐり出す」というクレイジーな曲なんです。

こりゃ、誰も演奏しないわ!

というか、音楽と言っていいのでしょうか・・・。

しかし、小杉 武久と言えば、日本万国博覧会で音楽を制作している世界的に有名な人だし・・・。

そして驚きなのが、上記で紹介した「4分33秒」を作曲したジョン・ケージと日本で共演したことがあるんですよ!

一部のコアな人達なら泣いて喜ぶコラボかもしれませんね。

チューバ二重奏

チューバ

怖い音楽を紹介したので、ここからは思わず吹き出してしまう曲を紹介します。

まずは、ロバート・リッツによって作曲された「チューバ二重奏」

どんな曲かというと・・・。

「1つのチューバの口にはコーヒーを入れ、もう一方のチューバの口にはクリームを入れる。」

以上です。

・・・こんなのアリ?

水滴の音楽

水

空の容器に水を垂らすというそれだけの曲です。

一体誰がこんな曲を作曲したのか・・・。

実際に演奏されている映像がありました!

何かもう、初めにジョウロ倒すし、水こぼしてるし・・・

色々雑です!

でも、何故か絶賛されてるし・・・。

意味がわからない。

まだまだあるよ!

変な曲はまだまだあります!

次回も引き続き紹介していきたいと思います。

理解できない世界もあったもんだ。

 - 生活 ,

アドセンス

  関連記事

「ほくろ」ってそもそも何だ?ホクロに関するトリビア。

「異性を惑わす泣きボクロ」 女も男もホクロの存在で一喜一憂することありますよね? …

おへそは綺麗にしてる?ちゃんと掃除しないと、悪臭が出ることも

おへそって、気付いた時じゃないと掃除しないですよね。 そのまま放っておくと、とん …

続・将来を考えて絶対止めた方がいい癖「お風呂でおしっこ」

「ええ!そんな人いるの?」 と驚く人は・・・実は少数派かもしれません! みんな黙 …

それもダメだったの!?昔の日本の禁止令。

昔の日本の禁止令の中には、実にユニークなものから、現代にも通ずる立派な物が多くあ …

全身麻酔は、なぜ効くのかよく分かっていない。

衝撃の事実! 全身麻酔はどうして効くのかよく分かっていなかった! そんな物に頼っ …

え!日本が最初じゃないの?海外発祥の意外な4つの物。

日本は、世界の中でも独特な感性や独自の文化を持っていると言われています。 そんな …

ティッシュってなんで2枚重ねなの?ティッシュのトリビア。

なんでティッシュは2枚重ねなのか? 考えたこともありませんでした。 まあ、深く考 …

何でこんな所にドアが?設計ミスの建物がちょっと笑えない。

大工がいくらプロだからと言っても人間なんだからミスだってあります! 「でも、これ …

ただのわがままじゃなかった!子供の好き嫌いが多いワケ。

子供って何かにつけて、好き嫌いがハッキリしてますよね。 それ自体は、むしろ自我が …

年の瀬は笑って過ごそう!世界の面白事件4選。

年の瀬深まる今日この頃、皆さん笑ってますか? 年末の忙しさについイライラして、眉 …