ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

掘れば掘るほど出てくる「お金」に関するトリビア5選。

      2016/09/04

お金に関するトリビアって掘れば掘るほど出てきます。

偽札防止策や面白い発見、細かい決まりや古い歴史まで・・・。

とにかく話題の尽きない物なんです。

今回は、そんなお金に関するトリビアを紹介しましょう!

【スポンサーリンク】

1.よく見ると「2」が変!?

お札

お札をよーく見てみると、通し番号に何やら違和感があります。

「んん!?なんじゃこの2は!」

なんと、数字の「2」が「9」の下に横棒が入っているだけの変な形をしてるんです!

これって意外と知らない人が多いんですよね。

一体何故こんな変な「2」なのかは分かりませんが、どうやら伊藤博史1000円札の時代から受け継がれている物のようです。

これも偽札防止策なんですかね?

ちなみに、このヘンテコな数字は「1000円札」と「5000円札」だけで「10000円札」には別のフォントが使用されています。

2.透かしっていつから使われている?

透かし

紙幣の透かしって、凄い技術ですよね?

光を当てると肖像画が浮かび上がるって、なかなか考えつくものじゃないですよ。

一体いつ頃から使われているんでしょうか?

実は、100年以上前の明治時代から使われている技術なんです!

当時は「透かし大黒5円」と呼ばれる、透かしが大黒天の5円札があったそうです。

しかし、今のようにはっきりとした透かしではなく、ぼやぁっと浮かび上がるだけだったようですね。

そのため、せっかく満面の笑みをしている大黒天様も、すごく不気味に見えて「幽霊札」なんて呼ばれて不評だったそうですよ。

3.硬貨の使用枚数は20枚までの誤解

小銭

これは、とても有名なトリビアですね。

お店で買い物をした時の支払いを硬貨でする場合、20枚以上使うとお店側から拒否されてしまう。

というトリビアですが、実は「硬貨は20枚まで」ではなく正確には「額面価格の20倍まで」なんです。

つまり、1円玉19枚、5円玉19枚、10円玉19枚、50円玉19枚、100円玉19枚、500円玉19枚までなら同時に使ってもお店側は拒否できないんです!

という事は、合計で「12654円」までなら硬貨で払うことが出来るのです!

ただし、店員からはすっごい嫌な顔で見られると思いますけどね・・・。

4.自動販売機に通らないお札は不具合?

自販機

以前こんな記事を書きました。イライラ解消!1000円札が戻るわけはこれだった!

ただし、実はそれ以前に「お札の不具合」の場合もあるそうなんです。

2006年5月に製造された1000円札約3万9500枚に、不具合が見つかり自動販売機などで読み取ってもらえない事が分かったそうです。

しかし、額面上には全く問題はなく、普通の支払いには影響しないのでそのまま流通しているんだとか・・・。

もしかしたら、他にもこう言った不具合を持ったまま流通している紙幣があるかもしれませんね。

先ほども言った通り、価値としては他の紙幣と変わらないので、銀行に行けば新しいものと交換してもらえます。

まあ、自販機で使いたいがためにわざわざ交換しに行く人はいないと思いますが・・。

5.10円玉と500円玉を並べると・・

定規

10円玉の大きさは「23.5mm」、500円玉の大きさは「26.5mm」です。

つまり、並べてみると・・・ぴったり「5cm」なんです!

・・・はい、それだけです。

何かに、使えるかも!って思いましたが、別段使える話でも何でもないですね。

まだまだあるぞ!

最後の尻すぼみ感は否めませんが、まあいいでしょう・・。

他にも、いっぱいお金にまつわるトリビアがありそうなので、次の機会に挽回したいと思います。

それにしても、2000円札ってどこに行っちゃったんですかね?

2000円札が世に出回っていた時には、ATMの引き出しに使われていましたが、今は皆無ですからね。

もちろん、今でも使える紙幣なので銀行に行ってお願いすれば交換してくれます。

まあ、今の子供に言わせれば、「全部電子化すればいいじゃない」って言われそうですけどね・・。

もしかしたら、硬貨や紙幣が無くなる日も来るんでしょうかね?

 - 生活 ,

アドセンス

  関連記事

コーヒーの受け皿(ソーサー)の本当の使い方。

コーヒーや紅茶を頼む時、カップと一緒に必ず受け皿も付いてきますよね? これは、も …

「ピザ」と「ピッツァ」色んな物の聞いて納得、ここが違う!

え?「ピザ」と「ピッツァ」って別物なんですか!? 「スパゲティ」と「パスタ」が別 …

全身麻酔は、なぜ効くのかよく分かっていない。

衝撃の事実! 全身麻酔はどうして効くのかよく分かっていなかった! そんな物に頼っ …

ダンゴムシは・・・元々日本にいなかった?絶対に驚く雑学5選

さあ、明日はドヤ顔で雑学を披露しよう! 絶対驚くとっておきの雑学を紹介します。 …

古代ローマ人の贅沢ぶりが半端じゃない!

古代ローマ帝国は、史上最も幸福な帝国と言われています。 その為、「パンとサーカス …

それもダメだったの!?昔の日本の禁止令。

昔の日本には実にユニークなものから、現代にも通ずる立派な禁止令が多くあります。 …

そういう事なのか!人体に関する「それマジ!?」なトリビア4選

さて、またもや人体に関するトリビアです。 人体の神秘は底知れないものがありますか …

「しゃっくり?」「たんこぶ?」人体に関する5つの正式名称。

人体反応って意外と正式名称の知らないものが多いですよね? 正式名称と言うより、医 …

日本には、住民より・・・人形の方が多い村がある。

日本の田舎の中でも一際田舎の徳島県三好市東祖谷。 さらに、そこの名頃(なごろ)村 …

本当にあった、頭を抱えたくなる程ありえない海外の裁判3選

人間の社会上で起こった衝突や問題を解消するための、権威を持つ者が下す判定「裁判」 …