ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

夏の締めくくりに相応しい「線香花火」のトリビア4選

   

もう、そろそろ夏も終わりですね。

夏の締めくくりに花火を嗜んでみてはいかがでしょうか?

昨今では、家の庭であっても花火をするのに近所迷惑だったりしますので、近くの川辺か許可されている海辺で楽しむのがいいでしょう。

そんな時に使える「線香花火」のトリビアをいくつか紹介したいと思います。

デートの時にも使えるかも・・・。(ただしイケメンに限る)

【スポンサーリンク】

線香花火のトリビア

線香花火

古くは、江戸時代から続いている「線香花火」

元々は、線香のように香炉や火鉢に立てた状態で楽しんでいたため「線香花火」という名がついています。

形も今で言うと「すぼ手」と言われる型に近いそうです。

さて、江戸時代から続くこの儚くも趣のある線香花火のトリビアを早速見てみましょう。

1.関東と関西では形が違う?

すぼ手

皆さんが想像する線香花火ってどういう物ですか?

「和紙に包まれているタイプですか?」

「それとも、黒い火薬がむき出しのタイプですか?」

実は、関東と関西では線香花火に違いがあるんです。

関西では「すぼ手」という言われる、竹ひごや藁の先端に火薬がむき出しの状態で塗られている線香花火が主流です。

しかし、関東では「長手」と言われる、和紙に火薬が包まれている線香花火が主流なんです!

歴史から見れば、「すぼ手」の方が古いのですが、江戸に広まってからは藁が手に入りにくいとの理由で、和紙に火薬を包んで作ったのが「長手」誕生の理由だそうです。

2.傾けた方が長持ちする

綺麗な花火

線香花火を持つ時は、どうやって持ちますか?

地面に対して垂直に持っていませんか?

だとしたら、もったいないですよ!それ!

実は、線香花火の火の玉が丸まって地面に落ちないのは、表面張力の作用なのです。

なので、和紙との接着面積の広さによって落ちやすさは断然に変わるのです!

つまり、地面に対して約45度・・・鉛筆のように持つと和紙との接着面積を増やすことができ、結果として長持ちしやすいんです。

ただ、火の玉が落ちてしまう一番の理由は「揺れ」なので、傾けるのが難しい場合は極力揺らさないようにすることですね。

3.線香花火は5段階

柳

線香花火は5段階変化するって知ってますか?

しかも、その全てにちゃんと名前があるんです。

1 蕾(つぼみ) 
火をつけて、酸素を吸い込みながらどんどん大きくなっていく

2 牡丹(ぼたん)

先端に玉ができてパチッ、パチッと力強い火花が散り出す。

3 松葉(まつば) 

火の玉が勢いを増し、
「松葉」のように次々と火花が飛び出す。

4 柳(やなぎ)

火花が落ち着いて、1番静かに火花を出す状態。

5 散り菊(ちりぎく)

火花が一本、また一本と落ちていく「散り菊」。

何とも、線香花火の儚さがしっかりと表現されているネーミングですね!

4.線香花火の旬は2~3年後

海外の花火

花火って、買ってすぐに使わないと湿気っちゃうと思ってませんか?

実は、ちゃんとした保存方法でなら数年保たせることができるんです!

しかも、線香花火の場合2~3年熟成させると、柔らかい火になって一番美しくなるんだとか・・・。

その理由は

線香花火は硝石(しょうせき)、硫黄、松煙(しょうえん)という3つの素材からできています。時間が経つと材料同士がよくなじむので、火花も安定するんです

との事!

なるほど、それは知りませんでした。

肝心の保存方法についてですが、湿気さえ気をつけておけば、そこまで神経質にならなくとも平気だそうです。

例えば、梅雨の時期に出しっぱなし・・・とか。

外気に触れる所に出しっぱなし・・・という事がなければ大丈夫だそうです。

また、火薬ですので高温になる所では自然発火の危険性もありますので、十分ご注意ください。

線香花火を楽しもう!

花火

何を隠そう私は、線香花火が大好きです。

先ほど書いた5段階の中では「柳(やなぎ)」の状態が好きですね。

ヒュンヒュンと火花が直線状に飛び出す姿は、見ていて飽きません。

皆さんも、夏の終わりに花火を楽しんでみてはいかがですか?

 - 生活

アドセンス

  関連記事

なんだこれ!?世界にある「変な建物」を集めてみました。

世界には、変な建物があるんですね。 今回紹介するのは、どれもユーモアがあって見る …

錬金術が完成!二酸化炭素からエタノールを生成できる!?

今、ネットで最もアツイ話題の一つ! なんと、アメリカのオークリッジ国立研究所から …

おしっこで歯磨き?靴を脱ぐための奴隷?古代ローマ人の果てない贅沢。

前回に引き続き、古代ローマ人の贅沢っぷりを紹介します。 前回だけで、かなりクレイ …

お笑い芸人が作った、みんな知ってるあの遊び。

日本人なら9割以上の人が知っている「あの遊び」は、元々お笑い芸人の人達が考えたも …

掘れば掘るほど出てくる「お金」に関するトリビア5選。

お金に関するトリビアって掘れば掘るほど出てきます。 偽札防止策や面白い発見、細か …

「国産は安全」・・・本当?新農薬で赤とんぼ激減。

「日本産なら大丈夫」 最近では、そんな絶対的な信頼も崩れ始めています。 日本産な …

ドーピングってそもそも何の事?何でやっちゃダメなの?

オリンピックや有名な世界大会でよく聞く「ドーピング」という言葉。 そもそも、ドー …

「チョコ」「スイカ」「ナス」は冷蔵庫に入れると不味くなる!

スイカを冷蔵庫に入れると不味くなる? そんな・・・スイカといえば、キンキンに冷え …

【続き】風邪薬に含まれている主な成分を簡単に調べてみた。後編

さて、前回は「トラネキサム酸」と「イブプロフェン」についてすっごく簡単に紹介しま …

血液型性格診断は本当?血液型で変わる免疫力が原因か?

皆さん、一度は血液型性格診断を受けて一喜一憂したことがあると思います。 その結果 …