ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

風邪薬に含まれている主な2つの成分を簡単に調べてみた。前編

   

今年度の締めに入ろうかという時期に風邪をひいてしまいました。

早速、風邪薬を買いに行ったのですが、よく見比べてみるとどれも似たような・・・というか同じ成分が書かれていたので適当に選んだのですが・・・。

「うーむ、これらの成分について詳しく知らないな・・・。」

という事で、今回は風邪薬に含まれている主な4つの成分を前後編に分けて簡単に紹介します!

【スポンサーリンク】

トラネキサム酸

薬

風邪薬には必ずと言っていいほど入っている成分です。

主な効果は「喉の痛みを抑える」です。

もうちょっと詳しく言うと「止血作用」と「抗炎症作用」となります。

具体的な動きはと言うと、トラネキサム酸は「プラスミンという物質のはたらきをブロック」します。

ちょっとまって、「プラスチミン」って何ぞや?

プラスチミンとは?

インフルエンザ

咳などで喉に傷が付いて出血すると、「繊維素」と「血小板」が固まって傷口を塞ごうとします。

この時に出来るのが「血餅」と言われ、血餅が傷口を塞いで治してくれるのです。

しかし、誤って血餅が剥がれ、それが血流に乗ってしまうと「血栓」になってしまいとても危険です。

それを防いでくれるのが「プラスチミン」!

プラスチミンには「血栓を溶かす」働きがあり、とても重要な仕事をしてくれるのですが、それは同時に喉の傷口が塞がりにくくもなってしまうのです。

つまり、風邪を引いている時は、むしろ働きをブロックした方が喉の傷を治しやすくなるのです。

まだあるプラスチミンの働き

風邪

実は、プラスチミンにはもう一つ嬉しくない事を引き起こします。

それが「炎症」。

血栓を溶かそうとする働きのせいで炎症を引き起こしてしまうのです。

本来、それは体の「病気だから休みなさい」というシグナルとして機能するのですが・・・。

働く現代人としては、嬉しくありません。

なので、トラネキサム酸を使ってプラスチミンの働きを抑えることで「喉の傷を治しやすい環境を作り、炎症を抑える」事が出来るのです。

なるほどね。

イブプロフェン

風薬

CMでお馴染みの「イブプロフェン」!

よく、「イブプロフェン配合薬」なんてセリフ聞きますよね!

主な効果は「熱と痛みを抑える」です。

また、炎症を抑える効果もありますので、「喉の痛みに効く」とも言われています。

頭痛薬にも配合されていますが、効果は穏やかで実は強力ではなく弱めの部類の薬なんです。

そのため、副作用も少ないのですが・・・それでも胃腸などにダメージを与える場合があります。

もうちょっと詳しく!

クシャミ

イブプロフェンは、NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)とも呼ばれており、NSAIDsの中では弱めの薬です。

何故、弱めの薬を採用しているのかというと、強力なNSAIDsだと胃腸へのダメージはもちろんの事「喘息」「無菌性髄膜炎」など重大な副作用を引き起こす危険があるからなんです。

ただ、イブプロフェンの効果は確かで、風邪程度の発熱ならば抑えることができます。

しかし、それはあくまで「対症療法」

つまり、「抑えているだけで、治してない」

あくまで症状を抑えているだけなので、風邪ウイルスを撃退しているわけではありません。

やはり休養と栄養が必要になるのです。

休むが一番

猫

「トラネキサム酸」も「イブプロフェン」も症状を抑えているだけで、根本的な解決をしてくれているわけではありません。

むしろ、「症状を抑えるが故に治りが遅くなる」という医者もいます。

しかし、現代人にとってはありがたい物です。

「今日一日だけ頑張りたい!乗り切りたい!」という人が多いはずですから、やっぱり必要なんですよね。

西洋医学ではなく東洋医学。

つまり、漢方などに頼る人もいますが結局どっちがいいんですかね?

後編では「クレマスチンフマル酸塩」と「ブロムヘキシン塩酸塩」について紹介したいと思います。

 - 生活 ,

アドセンス

  関連記事

実は、獅子舞には・・・オスとメスがいるんです!

ええ!? 獅子舞にはオスとメスがいるんですか!? というか、性別の概念があったと …

お城の中にも本屋さん!ウェールズの田舎には本の街がある。

本の街・・・ 本好きならば、一度は訪れてみたい所なのではないでしょうか。 私も、 …

そういう事なのか!人体に関する「それマジ!?」なトリビア4選

さて、またもや人体に関するトリビアです。 人体の神秘は底知れないものがありますか …

9割の人が「マジで!?」と言ってしまうトリビア5選。

実際に9割の人がそう言うかどうかは保証できませんが、きっと驚くトリビアがあると思 …

「耳かきのフサフサ」「自動改札の扉」こんなものに名前があったの!?

これぞトリビア! 知った所で使えない、いろんな物の正式名称を調べてみました! ま …

掘れば掘るほど出てくる「お金」に関するトリビア5選。

お金に関するトリビアって掘れば掘るほど出てきます。 偽札防止策や面白い発見、細か …

日本には、住民より・・・人形の方が多い村がある。

日本の田舎の中でも一際田舎の徳島県三好市東祖谷。 さらに、そこの名頃(なごろ)村 …

フケがひどい?頭皮にいるカビ菌が原因かもしれない。

最近、何故か広告や記事で多く紹介されている頭のかゆみの原因。 それは、頭皮で増殖 …

もの凄い量の仕掛けがある200年前のキャビネット。

日本のからくり技術は江戸時代から秀でるものがあり、世界からも絶賛を受けている品が …

漢字の日に勉強しよう!読めそうで読めない漢字5選。

今日は12月12日。 「1(いい)2(じ)1(いち)2(じ)」という語呂合わせで …