ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

【続き】風邪薬に含まれている主な成分を簡単に調べてみた。後編

      2017/10/25

さて、前回は「トラネキサム酸」と「イブプロフェン」についてすっごく簡単に紹介しましたが・・・

今回は「クレマスチンフマル酸塩」と「プロムヘキシン塩酸塩」について調べてみました。

素人調べなので、誤りがあるかもしれません。

あくまでネタとしてご覧ください。
風邪薬に含まれている主な2つの成分を簡単に調べてみた。前編

【スポンサーリンク】

クレマスチンフマル酸塩

薬

「第一世代抗ヒスタミン成分」の一種で、主な効果は「くしゃみと鼻水を抑える」です。

しかし、鼻づまりの解消には至らず、あくまで鼻水が出るのを抑えるだけのようです。

また、眠気を誘発しやすく、車の運転がある場合は処方を控えたほうが良さそうです。

さらに、緑内障や前立腺肥大の患者は症状が悪化する恐れがあるため、使うことはできません。

市販されている鼻炎薬にも含まれていますので、上記の持病を持っている人は慎重になった方がいいかもしれませんね。

第一世代抗ヒスタミン成分って何ぞや?

くしゃみ

サラっと流しましたが、「第一世代抗ヒスタミン成分」って何ぞやって話ですよね?

これは、「ヒスタミン」というアレルギー症状を引き起こす成分の働きを抑える効果がある薬の一種です。

要は、くしゃみ・鼻水の原因である「ヒスタミン」の働きを抑えるって事ですね。

そして、抗ヒスタミン薬には「第一世代」と「第二世代」があり、開発時期の違いによって分類されています。

一般的には「第一世代」の方が副作用が強く、眠気を引き起こす性質があるため、副作用の出現を抑えた「第二世代」が生まれたのです。

そして、「クレマスチンフマル酸塩」は第一世代の物ですので、副作用によって眠気を引き起こしてしまう恐れがあるのです。

ちなみに、「第一世代抗ヒスタミン薬」の中には、その副作用を逆手にとって「睡眠薬」として売られている場合もあります。

しかし、それはあくまで副作用・・・元々の効果は「アレルギー症状の抑制」や「酔い止め」です。

プロムヘキシン塩酸塩

カプセル薬

聞きなれない成分ですが、特に高齢の方はお世話になっている薬ではないでしょうか。

主な効果は「たん切れを良くする」です。

「たん」の成分である「ムコ多糖類」の繊維を細かくし、たんを出しやすくして喉に絡みつくのを抑える効果があります。

たんは咳を原因の一つでもありますので、同時に咳を抑える効果にも期待できます。

高齢になると、うまく「たん」が切れず、気管に詰まり、呼吸困難に陥る人もいます。

意外と軽視できない症状なんですよね。

ムコ多糖類って何ぞや?

たん

またまたサラリと流しましたが「ムコ多糖類」って何の事なんでしょうか?

実は「ムコ多糖類」とは、いわゆる「粘液」の事で水分を多く備えている物質なんですよ。

水分を多く含んでいて欲しい所といえば何処ですか?

そう、「お肌」ですよね?

実は、お肌のうるおいとハリもこの「ムコ多糖類」の働きによるものが一因になっているんです。

ちなみに「ムコ」とは、ラテン語で「動物の粘液」という意味で、ネバネバ食品にも含まれているものなんですよ。

さらにもっと言えば、年齢とともに減少してしまう物質なのです。

なるほどね。

たんは出した方がいいの?

風邪

せっかく「たん」の話が出たのでもう少し話しますと・・。

ズバリ!「たん」は出していいものなのでしょうか?

どうやら「バンバン出した方がいいようです!」

と言うのも、たんは「病原菌やウイルスを粘液で包んで体外に排泄する働き」なので、汚いと思って飲み込んでしまうと意味がないんです。

「・・・そうは言っても、次から次へと出てくるよ・・。」

気にせずどんどん出しましょう!

家の外ならば、トイレや人の目のない所でなど、多少の自重はエチケットですが、家の中ならば気にすることはありません。

しかし、無理して出し続けてしまうと今度は喉を傷つけてしまう恐れがあります。

なので「クワッ」程度にしましょう。

「カアアアアっぺ!!」は喉にダメージを与えてしまいます。

また、たんを出すことによって水分不足になる危険もありますので、水分補給やたんの原因である鼻水を噛む事も忘れずに行いましょう。

けれど、やっぱり休養が一番

猫

さて、前回も書いたことなのですが、市販されている風邪薬は「症状を抑える」だけであり根本的な解決をしているわけではありません。

今回は紹介した「クレマスチンフマル酸塩」と「プロムヘキシン塩酸塩」も同じです。

くしゃみ・鼻水・たんを抑える事はできますが、風邪を治しているわけではありません。

一番は、栄養のあるものを食べ、部屋を加湿し、よく寝る!

これに限ります!

 - 生活 ,

アドセンス

  関連記事

優柔不断の正体はこれか!?「決定回避の法則」!

皆さんは、「決定回避の法則」という一つの心理効果の事です。 もし「自分は優柔不断 …

コーヒーの受け皿(ソーサー)の本当の使い方。

コーヒーや紅茶を頼む時、カップと一緒に必ず受け皿も付いてきますよね? これは、も …

イライラ解消!1000円札が戻るわけはこれだった!

自動販売機でジュースを買いたいのに小銭がない・・。 1000円札を入れても戻って …

「お日様の匂いはダニの匂い」というのは嘘!

太陽の光をたっぷり浴びたお布団は、いい匂いがしますよね! 心が穏やかになるという …

「国劇」「国蝶」こんなものまであるんだ!「国○○」って奥が深い!

前回の記事「国歌」「国旗」だけじゃない?「国○○」シリーズはいっぱいある!で紹介 …

ただのわがままじゃなかった!子供の好き嫌いが多いワケ。

子供って何かにつけて、好き嫌いがハッキリしてますよね。 それ自体は、むしろ自我が …

マイナスイオンってなんなの?実はよく分かっていなかった!?

空気清浄機・ドライヤー・加湿器・掃除機 今は、色々な商品にマイナスイオンの発生装 …

言葉の由来・意味を知ろう!「赤ちゃん」ってなんで赤が付くの?

普段、何気なく使っている言葉にも、ちゃんとした由来があります。 でも、あまりにも …

笑って暑さを吹っ飛ばせ!思わず同感!「マーフィーの法則」

マーフィーの法則とは「何故かそうなってしまう悲劇的な法則」の事で、いわゆるジョー …

血液型性格診断は本当?血液型で変わる免疫力が原因か?

皆さん、一度は血液型性格診断を受けて一喜一憂したことがあると思います。 その結果 …