ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

漢字の日に勉強しよう!読めそうで読めない漢字5選。

   

今日は12月12日。

「1(いい)2(じ)1(いち)2(じ)」という語呂合わせで漢字の日とも言われています。

そのため、毎年12月12日は、財団法人日本漢字能力検定協会が今年の世相を表す漢字一字を発表する日となっております。

2016年は「金」と言う漢字が選ばれました!

オリンピックでの金メダルや前東京都知事の金の問題など、確かに「金」にまつわる一年だったかもしれませんね!

【スポンサーリンク】

読めそうで読めない漢字

漢字

という事で、漢字の日に便乗して「読めそうで読めない漢字」を紹介したいと思います。

出来るだけ、日常的によく見る物の漢字を紹介しますが、もし全部答えられたら相当な漢字力を持っていると思いますよ!

では、早速紹介しましょう!

「薬缶」

読み【やかん】

難しい字では「薬罐・薬鑵」とも書きます。

どの書き方にも必ず「薬」という字が入ってますね。

実は、元々は漢方薬を煮て薬を作り出すのに使われていたものなので、「薬」という字が付くのです。

お茶を沸かすために使われる物は「茶銚」と呼ばれていました。

今では、湯を沸かすためだけでなく加湿器としても使われていますよね!

「扁桃」

読み【アーモンド】

へー!こんな字を書くのか!?

それにしてもこの文字・・・どこかで見たことあるような。

そうです。風邪をひくと腫れてしまう「扁桃腺」と同じ字ですよね!

実は、この扁桃腺はアーモンドの形によく似ている事から付けられた名前なんです。

なるほど、こんな繋がりがあったとは・・・・。

「嬲る」

読み【なぶる】

物ではありませんが、この漢字には面白い特徴があるのです。

その前に、この漢字の意味ですが・・・。

「男が女に対してからかって馬鹿にする」「男が女をもてあそぶ」なんて時に「嬲る」と言います。

漢字の構成は「男と男の間に女」という非常にわかり易い漢字ですよね。

しかし、実は嬲るには逆バージョンの「嫐る」という字があるのです。

「女と女の間に男」

意味は、全くの逆!

「女が男に対してからかって馬鹿にする事」「女が男をもてあそぶ」時に使われるのです。

なんとも、男女平等な漢字じゃないですか!

人間味あふれる面白い字ですね。

「背黄青鸚哥」

読み【セキセイインコ】

何だか、ちょっとカッコイイ字ですね。

でも、よく見てみると漢字の前半部分「背黄青」と言ういうのは、セキセイインコの特徴を表していますね。

そして「鸚哥」というのはその字の通り「インコ」を表す文字なので、冷静に分析すれば読めないこともないのです。

セキセイインコは、黄色い種類と青い種類がいますもんね。

玉蜀黍

読み【とうもろこし】

これは読めない・・。

「とうもろこし」は、16世紀頃にポルトガル人によって日本に伝わりました。

それ以前は日本になかったんですね!

しかし、既に似たような植物が中国から伝わってはいました・・・それが「蜀黍(もろこし)」というのですが・・・。

「唐から伝わりしモロコシ」つまり「トウモロコシ」と言うようになったんだとか。

また、黄金色の粒が美しく並んでいる姿から別名「玉黍(たまびき)」とも言われていたため、頭に「玉」が付いたそうです。

うーむ、意外と複雑な事情があって生まれた字のようですね。

今日くらいは漢字の勉強を!

いかがでしたか?

知らない漢字がありましたか?

普段、漢字の勉強なんてしませんからね・・・。

最近、「豚」という漢字を書く事があったのですが、咄嗟に文字が出てこなくて焦った思いをしました。

やっぱり、勉強しないとダメですね。

こんな漢字力じゃ、きっと小学生にも負けるかも・・・。

 - 生活

アドセンス

  関連記事

飛行機内の急患は助けない?知られざる医者の雑学。

「この中に、お医者さんはいませんか?」 ドラマなどで、一度は聞くセリフです。 医 …

「スウェット・トレーナー」「スコップ・シャベル」これの違いって何?

世の中には、似て非なる物がありふれており、中には呼び名だけで中身は同じ物もありま …

歯磨き粉が綺麗に使いきれる!特殊加工を施した容器が開発される!

歯磨き粉の最後って、中々出なくてイライラすることありますよね? そんな時は、ブン …

何でこんな所にドアが?設計ミスの建物がちょっと笑えない。

大工がいくらプロだからと言っても人間なんだからミスだってあります! 「でも、これ …

ナウルという国がぶっ飛び過ぎてて笑えない・・・。

日本は今、景気が回復していると言われ、増え続けていた失業率も回復傾向にあると言わ …

それもダメだったの!?昔の日本の禁止令。

昔の日本の禁止令の中には、実にユニークなものから、現代にも通ずる立派な物が多くあ …

ダンゴムシは・・・元々日本にいなかった?絶対に驚く雑学5選

さあ、明日はドヤ顔で雑学を披露しよう! 絶対驚くとっておきの雑学を紹介します。 …

壮麗な日本の風景「千本鳥居」のある3つの神社。

神社って、いかにも日本っぽい風景ですよね! 身を清める為の「手水舎」 悪かったお …

もの凄い量の仕掛けがある200年前のキャビネット。

日本のからくり技術は江戸時代から秀でるものがあり、世界からも絶賛を受けている品が …

「国劇」「国蝶」こんなものまであるんだ!「国○○」って奥が深い!

前回の記事「国歌」「国旗」だけじゃない?「国○○」シリーズはいっぱいある!で紹介 …