ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

「翼をください」みんなが知っているあの曲の詳細。

      2017/11/01

学校の授業で一度は歌ったことのあるあの名曲たち・・・。

歌詞やリズムは知っているけど、作曲者などの詳細まで知っている人は少ないと思います。

調べてみると、意外な事実が分かってきましたよ!

【スポンサーリンク】

翼をください

翼をください

元々この曲は「赤い鳥」という1970年代に活躍したフォークグループの曲だということを知っていますか?

しかも、1971年に発売された「竹田の子守唄」のB面曲として世に誕生したのです。

その後1973年に「やまがたすみこ」というフォークシンガーがカバーしたこともあって、老若男女の人気を集めました。

そして、その曲が教科書出版社の目に止まり教科書に載せた所、全国的に合唱曲として選ばれ今では誰でも知っている名曲となっているのです。

ちなみに「作詞:山上路夫、作曲・編曲:村井邦彦」となっております。

「下さい」ではなく「ください」

細かい話になりますが、「翼を下さい」ではなく「翼をください」が正確な曲名となっております。

時々「下さい」の方で表記されている場合がありますが・・・。

そうすると版権上は1972年に制作された英語バージョンの事を指してしまうようです。

何故、平仮名なのかという話までは分かりませんが、恐らくは権利上の都合によるものだと思います。

グリーングリーン

丘

これも有名な曲ですよね!

万が一知らないという人の為に、こんな曲です。

お父さんの力強い言葉に胸打たれるいい曲ですよね。

この曲は、1963年に「ニュー・クリスティ・ミンストレルズ」というアメリカのフォークグループが歌ったものです。

しかし、実はこの父と子の対話のような歌詞は、訳詞を行った「片岡輝」が独自に作った物なのです。

なんと、原詞に父は一切登場しません。

・・・翻訳者が勝手に歌詞を変えるなんて・・・そんなのあり?

パパは死んでしまった?

よーく聞いてみると、この歌詞はとっても悲しい話だということに気づくと思います。

そう、実は歌詞の中で「父の死」という描写が色々描かれているんです。

原詞から読み取ると「戦争に徴兵され、戦死した」という意味になるとの事です。

「ある朝ぼくは目覚めて、そして知ったさ・・・この世につらい悲しいことがあるってことを」

パパと二人で語り合った生きる喜び、そして悲しみのこと・・。

「辛く悲しい時にも泣くんじゃない」

パパは、ぼくを胸に抱きそう言ったさ。

そして、パパは出かけた・・・遠い旅路へ。

月日が過ぎゆき、ぼくは知るだろう・・・パパの言ってた言葉の意味を。

あれ・・・涙が・・。

これ、もっと歌詞の意味を子供に教えてあげるべき!

あの素晴しい愛をもう一度

ハート

「素晴らしい」と表記されることがありますが、正確には「素晴しい」です。

細かいですけどね・・・。

1971年にレコード発売されており、かなり古い曲のようです。

北山修が作詞、加藤和彦が作曲。

両氏とも「ザ・フォーク・クルセダーズ」というグループの元メンバーで、後に再結成する時にセルフカバーとして歌っています。

教科書に載った経緯は分かりませんでしたが、これまでに60以上のアーティスト達がカバーしている超大人気曲なんですよ!

児童合唱曲としても、よく選ばれていますよね!

加藤和彦さんは、凄い人だった!

名前を聞いたことがあると言う人も多くいることでしょう。

それもそのはず、実はこの「加藤和彦」さんという方は、楽曲提供を多く手がけており、アニメの作曲もしているんですよ!

アニメ「超時空要塞マクロス」の「愛・おぼえていますか」や、ゲーム「天外魔境III NAMIDA」の楽曲も作っています。

さらに映画「パッチギ! LOVE&PEACE」や舞台「スーパー歌舞伎・新三国志」などの楽曲も手がけています。

また、「アグネス・チャン」や「シブがき隊」や「西田ひかる」などなど、アイドル曲も多く提供しているんですよ!

それを思えば、「あの素晴しい愛をもう一度」が大ヒットするのも納得ですよね!

児童曲が素晴らしい訳!

歌

児童曲っていい歌ばかりですよね!

それもそのはず!

元々人気で、良い曲ばかりを集めていた訳ですからね!

今では、「世界に一つだけの花」や「YELL」、「栄光の架橋」などがポピュラーなようで・・・。

また、何十年か経つと・・・この曲は誰のだろう・・・。

なんて、疑問が出てくるんでしょうね。

 - 生活 ,

アドセンス

  関連記事

風邪薬に含まれている主な2つの成分を簡単に調べてみた。前編

今年度の締めに入ろうかという時期に風邪をひいてしまいました。 早速、風邪薬を買い …

地震・雷・火事・親父?意味や語源のわからない言葉!

普段から何気なく使っている言葉の中にも、よく考えてみると意味のわからない言葉があ …

知られていない!?実は凄く汚い場所。

普段の生活を送る中で、実は汚い場所って山ほどあります。 そんなこと言われたって、 …

その日は、ハッピーな気分になれるかも!世界の祝日・記念日

世界には、ちょっとハッピーな気分になれる祝日や記念日が存在します。 日本では、企 …

「耳かきのフサフサ」「自動改札の扉」こんなものに名前があったの!?

これぞトリビア! 知った所で使えない、いろんな物の正式名称を調べてみました! ま …

おへそは綺麗にしてる?ちゃんと掃除しないと、悪臭が出ることも

おへそって、気付いた時じゃないと掃除しないですよね。 そのまま放っておくと、とん …

飛行機内の急患は助けない?知られざる医者の雑学。

「この中に、お医者さんはいませんか?」 ドラマなどで、一度は聞くセリフです。 医 …

おしっこで歯磨き?靴を脱ぐための奴隷?古代ローマ人の果てない贅沢。

前回に引き続き、古代ローマ人の贅沢っぷりを紹介します。 前回だけで、かなりクレイ …

「4年に一度の閏年。でも100年に一度は・・・」暦に関する面白い話

暦は、我々の生活において重要な物ですよね。 一日一日を刻んでいくものですから、今 …

「国歌」「国旗」だけじゃない?「国○○」シリーズはいっぱいある!

日本の「国歌」と言えばもちろん「君が代」ですよね? 「国旗」は「日の丸」・・・当 …