ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

巫女さんと神主って何が違うの?女性でも神主になれる?

   

勝手なイメージですが、神主は男性で巫女さんは女性な気がします。

まあ、「巫女」という字には「女」が入ってますから当たり前なんですけど・・。

という事は、男では「巫女」には、なれないのでしょうか・・。

女の人の神主ってありえるのでしょうか?

そこん所どうなの!?

【スポンサーリンク】

神主と巫女

巫女

まず、その前に神主と巫女の違いについて。

これに関しては、様々なサイトで説明されているので、詳しくは他サイトで見た方がわかり易いと思いますが、簡単に説明すると・・。

「神主」とは・・・「神職の事」「神に奉仕し祭儀を執り行う人」

「巫女」とは・・・「神職の補助」「サポート役」

昔の巫女さんの仕事は、もっと重要な物で、神の降臨を願う・・・いわゆる祈祷で一種のトランス状態になり神々との交信役だったり、神託を受けて人々に伝えたりしていました。

卑弥呼なんか超有名ですよね!

しかし、現在では神職・・・つまり神主さんの補佐的な存在になっているそうです。

女性の神主は意外と多い?

鳥居

「女性でも神主になれますか?」

もちろん、なれます!

しかし、冒頭の私の勝手なイメージ通り、戦前まで「神主は男性の仕事」と考えられてきました。

戦後になり、女人禁制の古い考えが無くなり始めた時期に、神主の女人禁制も解かれ女性の神主さんが誕生したのです。

現在は、なんと約3000人の女性神主がいるそうですよ!

知らなんだ・・・。

ただ、神主さんの日々の仕事内容には力仕事も多く含まれていたり、長時間寒い場所で執り行う祭祀や、女性専用の更衣室など無い神社もあり、やはりまだまだ女性が入り込める世界にはなっていないのが現状のようです。

さらに、トンネル工事などの安全祈願には昔から「女人禁制」が徹底されていたため、今でも「女性の神職を認めない」という男性神主さんも多いんだとか・・。

女性でも神主さんになれますが、なるからにはそれ相当の覚悟が必要になりますね・・・。

男は巫女になれないの?

巫女さん

「女性の神主さんがいるんだから、男性の巫女さんがいたっていいじゃない!!」

実は、これ・・・字が違うだけで、同じような役をしている男性もいるんです。

女性は「巫(みこ)」

そして男性は「覡(みこ)」といいます。

どちらも、「みこ」と読みますが、使われる字が違います。

また「巫覡(ふげき)」とも言いますが、これは男性女性を含めた総称であり、男性のみを指す言葉ではありません。

しかしながら、これは昔の事・・・。

今現在、神社で見かける男性の殆どは神職の方だと思います。

仮に、アルバイトで神社で働く男性がいたとしてもその場合は「覡(みこ)」ではなく、単なる「スタッフ」や「職員さん」と呼ばれるそうです。

「権禰宜(ごんねぎ)」という言葉がありますが、これは神職の一つなので同じ補佐役でも補佐する相手は「宮司さん」になります。

つまり、ワンランク上の補佐役なので、巫女さんとイコールにはできません。

何だかこんがらがってきた・・

神社

少し整理しますか・・・。

実は、神職にも「浄階」「明階」「正階」「権正階」「直階」と5つの階位があり、「浄階」が最も上位の神職で「直階」は基礎的な階位です。

そして、伊勢神宮の大宮司以外なら、どこの神社の宮司にもなれる偉い宮司さんは「明階」に位置する人の事です。

ちなみに、宮司とは会社で言う所の「社長」みたいな役の人です。

そして、階位が下がる毎に「県社」「村社」と規模の小さい神社の宮司さんの事を指します。

基礎的な階位の「直階」は先ほど紹介した「宮司を補佐する権禰宜(ごんねぎ)さん」の事なのです。

そして、それをさらに補佐する役目が「巫女さん」なんですね。

「宮司」>「禰宜」>「権禰宜」(ここまで神職)>「巫女」

簡単に言うとこんな感じみたいですね。

女性の神主もいたんだ!

という事で、女性の神主さんは普通にいたし、男性の巫女バージョンも普通にいましたね。

もし、「神社で神主として働きたい」と思っている人がいましたら、専門の大学に通う事をおすすめしますよ!

皇學館大学と國學院大學で必要な授業を受け、さらに厳しい実習を修了すると「正階」そしてなんと「明階」の階位まで授与されるらしいです。

大学へ行かなくても神職養成所へ通うという方法もありますが、これは「推薦状」が必要になる場合があるそうなので、おいそれとは行かないようですね。

ただ、神聖なだけの仕事じゃ無いって事なんですね・・・。

それ相応の覚悟と理由・・・つまり志望動機がはっきりしていないと、勤め上げるのは難しいようです。

 - 生活

アドセンス

  関連記事

「ほくろ」ってそもそも何だ?ホクロに関するトリビア。

「異性を惑わす泣きボクロ」 女も男もホクロの存在で一喜一憂することありますよね? …

夏の締めくくりに相応しい「線香花火」のトリビア4選

もう、そろそろ夏も終わりですね。 夏の締めくくりに花火を嗜んでみてはいかがでしょ …

「超ド級」の「ド」って何?物の正式名称や語源を知って雑学王になろう!

さて、今回は久しぶりに「物の正式名称&語源」について紹介したいと思います。 知っ …

天井まで本がびっしり!司馬遼太郎記念館の本棚が凄い!

皆さんは「司馬遼太郎(しば りょうたろう)」という方をご存知でしょうか? 日本の …

「うやむや」と「あやふや」日本語の微妙な違い、分かります?

日本語って本当に分かりづらいですよね? 外国人に意味を聞かれても、正確な答えを説 …

意外とたくさんあるよ!「ん」から始まる物の名前。

知った所で偉くもなんともない・・。 それでも、知っておけば何かの役に立つかもしれ …

年の瀬は笑って過ごそう!世界の面白事件4選。

年の瀬深まる今日この頃、皆さん笑ってますか? 年末の忙しさについイライラして、眉 …

イライラ解消!1000円札が戻るわけはこれだった!

自動販売機でジュースを買いたいのに小銭がない・・。 1000円札を入れても戻って …

「国劇」「国蝶」こんなものまであるんだ!「国○○」って奥が深い!

前回の記事「国歌」「国旗」だけじゃない?「国○○」シリーズはいっぱいある!で紹介 …

カップル成立の時に流れる「えんだあああ!」という曲は・・・失恋ソング。

ホイットニー・ヒューストンが歌うあの歌ですよね? 結婚式なんかでも時々聞きますよ …