ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

実は、電柱は動かせます。電柱に関する5つのトリビア。

      2017/02/20

なんだこの電柱、邪魔だな~。

車を駐車する時にぶつけそうだな~。

そんな時は、電柱の所有者に電話です!

一般常識範囲内の理由であれば、意外と簡単に移動させてくれますよ!

【スポンサーリンク】

電柱に関するトリビア

海の上の電信柱

マジックやトリックの類ではありません。

本当に邪魔な電柱は移動できるんです!

その結果、自分の敷地内に建てることになれば、わずかばかりの賃貸料だって貰えちゃうんです!

駐車の度にハラハラするようなら、1本電話をかけてみたらどうですか?

電柱は動かせます!

電柱

しかし、必ず動かせるというわけではありません。

例えば、電柱の上にでっかい装備がごちゃごちゃあって他の物とは明らかに違う場合や、標識がぶら下がっているものなど、一概には言えません。

でも、何かしらの解決策は立ててくれるので、迷わず電話してみましょう!

そもそも、自分の敷地外で勝手にやってる建設なので、悪気を感じる必要はありませんし、向こうもそのつもりで聞いてくれるので安心してください!

ただ、お金が生じる場合があります。

状況によっては無料の場合もありますが、かなり強引な移動だと20万円以上かかることも・・・。

老朽化などの問題で無料ってパターンもあるみたいなので、なんにせよ電話して聞いてみるのが一番早いです!

電柱と電信柱の違いって?

電線

「同じじゃないの?」っと思っている人!

全然違います!明らかに違います!厚焼き玉子と目玉焼きくらい違います!

そもそも電柱は2種類あります。

1つは電力会社が建てた、電力を送電するためのもの。

もう1つは、電話会社が建てた、電話線を引くためのものです。

それぞれの正式名は電力の方が「電力柱」電話の方が「電話柱」と言います。

そして、その双方のことを総じて「電柱」と言うのです。

田舎の電柱

では、電信柱とはなにか?

それは、初めに全国的に普及したのが電気通信用の柱、つまりモールス信号や初期の文字送信のための柱だったために「電信柱」と呼ばれていたのです。

だから、電力会社の柱や電信以外の柱を「電信柱」というのは、実は正しくないんです!

ちなみに、日本で初めに電信を成功させたのは、かの有名なペリーです。

鎖国していた日本に対し、「開国するとこんなに良い物が手に入るよ!」というプレゼンの一つに電信機があったんです。

実験は、横浜で1.6kmの電線を引き、「江戸(YEDO)」と「横浜(YOKOHAMA)」という文字が送電されたそうです。

歴史を感じますね!

追記と訂正その1

ご指摘がありましたので、追記させていただきます。

上記の「電柱と電信柱の違い」という点につきまして、「かつては、そうだった」と訂正させていただきます。

現在では、電力柱と電話柱を兼ねている場合がほとんどですので、「電話だけの柱」「電力だけの柱」というような、個別で電柱を建てられている事は非常に希です。

さらに、通信事業者やケーブルTVなど様々な線が兼用で使われているので、それを考えれば2種類どころではありませんでしたね!

失礼いたしました!

昔はこんな呼び方があったんです!

すごい電柱

まあ、とはいえ電信柱(でんしんばしら)っていうのが1番言いやすいですし、しっくり来ますよね?

そんな電信柱には、こんな呼び方があったことをご存知ですか?

おじいちゃんやおばあちゃんレベルの人の中では、「電電柱」という言い方をする人がいます。

それは、今のNTTが国営だった頃、NTTは「日本電信電話公社」という名前だったので、略して電電公社と呼ばれていました。

電電公社が建てた柱だから「電電柱」・・・なるほど!

また、東北地方では電信棒と呼ぶこともあるんだとか・・。

昔は木製だった

草原の中の電信柱

今は、コンクリート製が一般的ですが、昔の電柱は木製でした。

昭和初期には、コンクリート製の電柱が作り始められていたそうですよ!

富山県では、電柱用にまっすぐ伸びて耐久性の優れている杉「ボカスギ」の栽培が盛んだったみたいですね。

今は、木製の電柱が廃止されているので、未だに木製が残っている所はかなりレアですよ!

ちなみに、電柱に使用された木は入念に防腐加工されているので、ガーデニングやオブジェにはうってつけです。

ちゃんと再利用されているみたいなので、とってもエコなんですよ!

突き詰めれば面白い!

爽やかな風景

いかに電柱の話とはいえ、つき詰めて調べてみると面白いものですね!

もしかしたら、将来的には地下に埋まるかもしれませんので、今の殺伐と乱立している姿は見れなくなるかもしれないですね。

さらに未来になると、今度は無線で供給されるようになるかもしれません・・・どういうことなのか、私のキャパでは説明できませんが・・・。

無線・・つまり電線を使わずに供給・・・携帯電話のように、電力の基地局が出来て、そこから電力をファァ~って各家庭に飛ばすんでしょうか?よく分からん・・。

「昔はね、いっぱい柱を建てて、全部の家庭と繋がっていたんだよ。」こんな話をする時が来るかもしれないですね。

 - 生活

アドセンス

  関連記事

おへそは綺麗にしてる?ちゃんと掃除しないと、悪臭が出ることも

おへそって、気付いた時じゃないと掃除しないですよね。 そのまま放っておくと、とん …

サンタさんにはモデルがいた!?サンタに関するトリビア3選

サンタクロースといえば、クリスマスの前夜に子供たちにプレゼントを配って巡るという …

おしっこで歯磨き?靴を脱ぐための奴隷?古代ローマ人の果てない贅沢。

前回に引き続き、古代ローマ人の贅沢っぷりを紹介します。 前回だけで、かなりクレイ …

掘れば掘るほど出てくる「お金」に関するトリビア5選。

お金に関するトリビアって掘れば掘るほど出てきます。 偽札防止策や面白い発見、細か …

【続き】風邪薬に含まれている主な成分を簡単に調べてみた。後編

さて、前回は「トラネキサム酸」と「イブプロフェン」についてすっごく簡単に紹介しま …

なんだこれ!?世界にある「変な建物」を集めてみました。

世界には、変な建物があるんですね。 今回紹介するのは、どれもユーモアがあって見る …

「国劇」「国蝶」こんなものまであるんだ!「国○○」って奥が深い!

前回の記事「国歌」「国旗」だけじゃない?「国○○」シリーズはいっぱいある!で紹介 …

本当にあった、頭を抱えたくなる程ありえない海外の裁判3選

人間の社会上で起こった衝突や問題を解消するための、権威を持つ者が下す判定「裁判」 …

地方の十五夜には・・・お月見泥棒という風習がある。

お月見泥棒? 一体なんの事なのでしょうか? まさか、お月さんが出ている間だけ泥棒 …

これぞトリビア!知ったところで誰も得しない「色んな物の正式名称」

たまにはトリビアサイトらしい記事でも書いてみましょうか。 ザ・トリビア「色んな物 …