ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

サンタさんにはモデルがいた!?サンタに関するトリビア3選

   

サンタクロースといえば、クリスマスの前夜に子供たちにプレゼントを配って巡るという、何ともボランティア精神の塊みたいな人物ですよね!

もちろん実在すると言いたいですが、最近の子供たちは割と早い段階で「これはおかしい」と疑う子が多いとかなんとか・・・。

しかし、過去には本当にサンタクロースのような人物がいたんです。

【スポンサーリンク】

聖ニコラスとサンタの関係

サンタクロース

サンタクロースとは、オランダ語の「シンタクラース(聖ニコラス)」が語源だと言われています。

「聖ニコラスって誰なんだよ?」って話ですよね。

彼は、今で言う所のトルコ司祭に当たる人で、もちろん実在した人物です。

聖ニコラスは、貧しい人やひどい扱いを受けている子供達など、助けを必要としている弱い立場の人達を多く救ってきた聖人です。

その為、彼の命日である12月6日の前夜に、聖ニコラスに扮した人が良い子に贈り物をするという習慣が生まれ、これがクリスマスと結びついた結果、現在のような形になったと言われています。

ちなみに、オランダでは12月6日は聖ニコラスの日、12月25日はクリスマスと、12月は子供達にとって最高の月になっています。

なんせ、クリスマスが2回あるようなものですからね!

良い子にはプレゼント、悪い子には・・・

黒いサンタ

実は、サンタクロースは「悪い子に対して容赦がない」という話をご存知でしょうか?

各国の伝説に出てくるサンタさんは結構怖いんです。

ドイツでは「黒いサンタ(クネヒト・ループレヒト)」という人物が存在し、聖ニコラスと共に現れます。

良い子には聖ニコラスが甘いお菓子をプレゼントし、悪い子には黒いサンタがお仕置きをするんだとか・・・。

しかも、そのお仕置きの内容は「炭の塊や石、木の枝、かなり悪い子には豚の頭」など、貰っても嬉しくないプレゼントを渡すという精神攻撃だそうです。

木の枝が入っていた場合は「親に叩いてもらうためのムチ」だそうで、最悪のプレゼントと言えるでしょう。

ハイチ共和国では、サンタと共に「麻袋おじさん(トントン・マクート)」が現れ、悪い子は麻袋に詰めてさらってしまうという怖い話もあります。

アイスランドでは、サンタのような存在の妖精(ユールラッズ)がおり、良い子にはお菓子をプレゼントし、悪い子には靴の中にジャガイモを入れるという嫌がらせをするそうです。

地味な嫌がらせが一番効きますねよね・・・。

サンタのイメージはコラ・コーラが広めた

青いサンタ

サンタさんのイメージといえば、赤い服に赤い帽子、そして真っ白なお髭ですよね。

実は、各国ではサンタクロースのイメージがバラバラで、国によっては緑だったり茶色のイメージだったりするそうです。

それが、1931年にコカ・コーラ社がコーラのイメージカラーと同じという理由でサンタクロースを広告に取り入れた事で、現在のようなサンタクロースのイメージが世界中に広まりそのまま定着したそうです。

ちなみに、日本ではコカ・コーラ社が取り上げる以前から、すでにサンタのイメージは赤い服だったそうですよ!

永遠の良い子の味方

サンタ

という事で、サンタに関する3つのトリビアを紹介しました。

ヨーロッパではサンタと言うと甘いお菓子をプレゼントするってイメージなんですかね?

日本ではどちらかと言うと、おもちゃをプレゼントするってイメージですよね!

子供の頃にサッカーボールを貰ってすごく嬉しかったのは覚えていますが、他に何を貰ったか記憶が無い・・・。

今だったら「有給を一気に全部消化できる券」が欲しいかな。

 - 生活 ,

アドセンス

  関連記事

「4年に一度の閏年。でも100年に一度は・・・」暦に関する面白い話

暦は、我々の生活において重要な物ですよね。 一日一日を刻んでいくものですから、今 …

私だけじゃなかった!本屋に行くと大きい方がしたくなる4つの説!

てっきり自分だけかと思っていました! 本屋に行くと必ずトイレに行きたくなるんです …

古代ローマ人の贅沢ぶりが半端じゃない!

古代ローマ帝国は、史上最も幸福な帝国と言われています。 その為、「パンとサーカス …

水素水は似非科学?意見が真っ二つに分かれる3つの物。

現在、アンチエイジングで大人気の「水素水」! 今や、スーパーやコンビニなどで見な …

地方の十五夜には・・・お月見泥棒という風習がある。

お月見泥棒? 一体なんの事なのでしょうか? まさか、お月さんが出ている間だけ泥棒 …

マヨが黄色のは日本だけ?知った所で役に立たない、色に関するトリビア。

さて、たまにはトリビアらしい記事でも書きますか。 知った所で役に立たない無駄知識 …

自分の苗字を変えたくなる?実在する「超カッコイイ苗字」5選!

カッコイイ苗字って憧れますよね! 私は、一般的で平凡な苗字ですから余計に憧れます …

ナウルという国がぶっ飛び過ぎてて笑えない・・・。

日本は今、景気が回復していると言われ、増え続けていた失業率も回復傾向にあると言わ …

なんだこれ!?世界にある「変な建物」を集めてみました。

世界には、変な建物があるんですね。 今回紹介するのは、どれもユーモアがあって見る …

それもダメだったの!?昔の日本の禁止令。

昔の日本の禁止令の中には、実にユニークなものから、現代にも通ずる立派な物が多くあ …