ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

「魔界の扉」青い炎を吹き出すイジェン火山が怖すぎる!

      2017/05/03

まさか、青い炎を出す火山があるとは知りませんでした!

しかも、生半可な青じゃない!

なんというか・・・綺麗なんだけど、どこか恐ろしいというか・・・。

ずっと見ていると得も言えぬ恐怖感に足が震えます。

【スポンサーリンク】

イジェン火山が恐ろしい!

イジェン火山

インドネシア・ジャワ島にある「イジェン火山」

世界広しといえど、この活火山ほど過酷で不気味な環境を作り出している山は他にはないでしょう。

富士山のように、ある程度しっかりとした登山道があるわけではないので、登山客で一杯になることはありません。

しかもこのイジェン火山は、普通の装備で登って迷おうものなら、文字通り骨すら残らない危険な山なんです。

何がそんなに危険なの?

まず、火山の火口付近では常に高温の硫黄ガスが噴出し続けていて、近づくことができません。

つまり、有毒ガスが充満しているんですね!

さらに、そのガスは岩の裂け目からいきなり吹き出るため、どこから吹き出るか分かりません。

しかも、その温度は約600度という超高温!

空気と触れることで、高さ5m以上の火柱が立つことも・・・。

そんな山、とてもじゃないけど登れません・・・。

火口には死の湖が・・・

火口湖

火山の中には、火口に湖を形成するものがあります。

イジェン火山もその一つ。

しかし、イジェン火山の火口湖はpH0.1という超高濃度の「硫酸の湖」!

とても生物が生存できる環境ではありません。

しかも、湖の上は行き場のない硫黄の硫化水素ガスが充満しているため、もし落ちようものなら命の危機に瀕してしまいます。

そもそも、なんで青い炎が出るの?

この青さは硫黄によるものです。

普通の火山が赤い炎を出しているのは、硫黄ではなく岩石が燃えているからなんですね。

イジェン火山は硫黄の濃度が高い上に、岩石ではなく硫黄のガスが燃えているので青い炎なんです!

もちろん、イジェン火山でも場所によっては岩石が燃えている所がありますので、そう言った場所では「赤」と「青」の炎を同時に見ることができます。

何だか、RPGゲームの呪文にありそうな感じですよね!

こんな山でも働いている人はいる

硫黄を運ぶ人

先ほど、「とてもじゃないけど登れません!」と言いましたが・・・。

なんと、この山で硫黄を運ぶ人たちがいるんです!

イジェン火山の硫黄はインドネシアの貴重な資源です。

硫黄は、医薬品や化粧品など幅広く重宝されている物質で、需要が非常に高いんです。

この人たちは「硫黄1ポンド(約450グラム)あたり2.5セント」で取引しているそうで、1度の往復で100キロ近く持ち運ぶんだとか・・・。

1ポンドが450gで、それが2.5セントなんだから・・・。

100kgが大体222ポンドくらい・・・で、222×2.5で555セントってわけですね!

つまり、一回の採取で555セントもらえるわけです!

100セント=1ドルなので、5.5ドル・・・日本円で550円~600円って所ですか・・・。

100kg持ってきて、500円か・・・・命ってこんなもんかね?

観光でも大人気!

イジェン火山
出典Blue flame at Ijen by Adam Brill

実は現在、このイジェン火山の青い炎を見てみたいという観光客で賑わっているんです!

もちろん自己責任の観光ですけど、日本からも比較的簡単に申し込めます!

但し!

意外と値段が高い!

自由度が低い!

ガスマスクは持参で!

という結構シビアな観光です。

登山中には硫黄運びの人たちとすれ違う事もあるみたいで、結構フレンドリーだったりするみたい。

もし、観光に行くのならば、ガスマスクをお忘れなく!

悪魔の入口

いかがですか?

青い炎って不気味ですよね・・・。

もちろん綺麗とも思いますけど、なんというか「この世ならざる炎」って感じがします。

・・・あ、でもガスコンロの火も青いか・・・。

 - 自然・環境 ,

アドセンス

  関連記事

シルクロードの名残「月牙泉」。砂漠の真ん中に三日月の湖が・・・

シルクロードと言うと、中国と地中海近隣とを結ぶ交易路の事です。 途中、途方もない …

なんと、カルフォルニアには「ガラスのビーチ」がある。

ガラスのビーチ!? 一体どういうことでしょうか? 辺り一面ガラスだらけって事?そ …

カタトゥンボ川の雷が人智を超えている。異世界の扉が開かれる。

カタトゥンボ川とは、ベネズエラに流れている川の事で、マラカイボという湖に流れ着い …

空が二つ!?天空を映すと言われる「ウユニ塩湖」圧巻の美しさ!

「天空の鏡」とも言われる世界有数の絶景地「ウユニ塩湖」 その名の通り、塩分の高い …

現代社会に未接触の部族が100以上いるって知っている?

我々の世代は21世紀を生きる、現役バリバリの新人類ですよね! スマートフォンの普 …

難破船に感じる不思議な魅力。儚くも美しい、人工物の廃れる姿。

人工物の廃れる姿って、なんだか神秘を感じてしまいますよね。 今回は「難破船」をピ …

人の造りし物が朽ち果てる芸術。恐ろしくも美しい廃墟3選

またまた廃墟の紹介です! 人工物が長年放置されて朽ち果てる様は、ある種の芸術に見 …

氷の絶景を覗いて夏の暑さを忘れよう!

さて、今回は氷の世界を覗いてみましょう! 暑い日々でも、この記事を読めば少しはひ …

「雨」にも色んな呼び方があるのを知ってますか?

「雨」と一口に言っても、日本には実に様々な呼び方があります。 皆さんがよく知って …

住んでみたい?アイスランドの無人島にあるファンタスティックな家

さて、今回は「一度でいいから住んでみたいファンタスティックな家」を紹介します。 …