ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

世界の常識!「石油は無くならない」従来の「無くなる説」を真っ向否定!

      2017/06/14

えええ!

石油って、あと30年もすれば無くなるって聞いたような・・・。

あれ?そういえば最近そんな事聞かないな・・・。

一体どうなってるの!?

【スポンサーリンク】

石油は無くならない!化石燃料ではなかった。

石油

「石油は、深い地層の下で植物や生物の死骸が何万年もかけて変化した化石燃料である。」

きっと、皆さんこう教えられたと思います。

しかし、真実は違いました。

現在では石油は、地球に元々ある炭素と水素が合わさって出来た「地球由来説」

もしくは、細菌や微生物が作り出した「微生物説」が有力視されています。

実際に、石油と同じような物質を作り出す微生物が既に見つかっています!

まあ、長い年月が必要という点は変わらないのですが・・・。

それでも、いつの日かパッタリと無くなる・・・という事は無さそうです。

何で生物由来だと言われたの?

石油の工場

石油の構成物質は「炭化水素」の油です。

そして、我々生物の構成物質にも「炭素」が多く含まれています。

人間に至っては構成物質の70%が「水」そして、20%が「炭素」なんです。

人間だけではない、微生物やプランクトンも炭素を多く含んでいます。

そういった微細な生き物が100万年以上の長い歳月をかけて、地中で圧縮され「炭化水素」となった。

と思われていたようです。
*諸説あります。

生物由来ではないという証拠は?

化石

実は今も尚、生物の死骸由来だとする説と地球由来もしくは、微生物が作り出したという説で真っ向からぶつかり合っています。

ですが、生物由来説に関しては疑問点がいくつもあります。

その一つがこちら。

「化石燃料では考えられないほどの超深度(10km以上)から原油が見つかっている」

と言う点。

石油は比較的浅い場所で見つかる場合もありますが、それ以外の場所でも「10km以上という超大深度」まで掘れば必ず出て来ています。

実際に現在は、その深さで採掘されています。

そして、そんな深さの所で化石は一つも発見されていません。

つまり、化石がある地層とかけ離れた場所で石油が発見されているのです。

「生物のいない所で、どうやって生物由来の物ができるのか?」

疑問ですね。

実際、石油の採掘量が増えている!

右肩上がり

「あと、30年で無くなります!」

こんなことを言っておきながら、実は石油の採掘量は毎年増加傾向にあります。

しかも、最近ではIEA(国際エネルギー機関)が「150年分は大丈夫」という発表をしています。

さらに、この150年分と言うのも「今の技術で」という前置きがあって言われたことです。

つまり、まだまだ採掘の余地があると言う事ですね!

これからの世界情勢が覆る!?

アメリカ

つい最近、アメリカが40年ぶりに原油の輸出を解禁したというニュースがありましたね!

今まで「コスト的に採算が合わない」として諦められていた地層からも石油が採れるようになったみたいです。

その量は、国内精製が追いつかない程・・・なんと近年では、アラブなどの中東を抜いて世界一の産油国となりました。

さらに、その埋蔵量も世界一と言われており、これからの世界情勢がまた変化しそうです!

数十年後にはアメリカや中国を抜いて、インドや中東が世界経済を引っ張っていくと言われていましたが・・・。

さすがですね・・・あと100年はアメリカの優位だろうな・・・。

世界の闇が垣間見える

「もしかして、何十年も前からこの事実を知っていたんじゃないの?」

オカルト好きな私はそう思ってしまいます。

実は、国によっては元々、石油が無くなるとは認識されていなかったようです。

しかし、世界の大きな闇が「石油なくなるぞー、やばいぞー、石油の代わりにこれやっとけ!」と推奨してきたエネルギーがあります。

それが「原子力」!

そう、「石油・石炭」でエネルギーを生み出す火力ではなく、低コストで膨大なエネルギーを作り出すことが出来る「原子力」です。

もし、当初から「石油は無くならない」という事を知っていたら、原子力発電はどうなっていたんでしょうね?

もちろん、完全ノータッチという事はないでしょうけど、今とは発電所の数は違うでしょうね。

世界の常識を知ろう!

進化論

アメリカでは、未だにダーウィンの進化論を信じない人が多いそうです。

もちろん、進化論が真実かは知りませんけどね・・・。

何が言いたいのかというと「もしかしたら、我々の常識は世界の非常識」かもしれないという事です。

鯨を食べるのが非常識とか、そんな文化的な事ではなく例えば・・・。

「地球温暖化は、人間の作り出す排出ガスなどの二酸化炭素が原因・・・というのは嘘」とかね!

まあ、何が真実で何が嘘なのかは、実際に確かめてみないと分かりませんが、少なくとも石油があと数十年で無くなるというのは嘘のようです。

 - 自然・環境 , ,

アドセンス

  関連記事

雲の魅力。恐ろしいスーパーセルとは?空に海が出現?

雲っていいですよね。 ゆっくり見る機会なんてほとんどありませんけど、それでも時々 …

九州一高い山?意外と知られていない屋久島の魅力!

屋久島といえば縄文杉で有名ですが、それ以外にもびっくりな所がいっぱいあるんですよ …

向こうの景色がなぜ見える?クールな設計の透明な教会

ベルギーの東部、ボルフローン町の近所にある「透明な教会」 そのユニークさが想像の …

メルヘンな世界!オーストラリアにピンク色の湖があった!

まるで、ペンキをそのままぶちまけたようなピンクです。 何で、こんな湖が出来たんだ …

シルクロードの名残「月牙泉」。砂漠の真ん中に三日月の湖が・・・

シルクロードと言うと、中国と地中海近隣とを結ぶ交易路の事です。 途中、途方もない …

空が二つ!?天空を映すと言われる「ウユニ塩湖」圧巻の美しさ!

「天空の鏡」とも言われる世界有数の絶景地「ウユニ塩湖」 その名の通り、塩分の高い …

英研究チームから世界に警告!2030年よりミニ氷河期に突入か!

英ノーサンブリア大学の研究チームから、世界に向けて衝撃の研究結果が発表されました …

氷の絶景を覗いて夏の暑さを忘れよう!

さて、今回は氷の世界を覗いてみましょう! 暑い日々でも、この記事を読めば少しはひ …

【残された秘境】ソコトラ島のダンジョン感が凄い!

インド洋に浮かぶ秘境「ソコトラ島」 そこには、独自の進化を遂げた動植物の宝庫です …

美しくても触れてはいけない、毒をもつ5つの危険な鉱石。

この世界には、触れてはいけない鉱石・結晶が存在します。 それらのほとんどは、見た …