ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

世界の常識!「石油は無くならない」従来の「無くなる説」を真っ向否定!

      2017/06/14

えええ!

石油って、あと30年もすれば無くなるって聞いたような・・・。

あれ?そういえば最近そんな事聞かないな・・・。

一体どうなってるの!?

【スポンサーリンク】

石油は無くならない!化石燃料ではなかった。

石油

「石油は、深い地層の下で植物や生物の死骸が何万年もかけて変化した化石燃料である。」

きっと、皆さんこう教えられたと思います。

しかし、真実は違いました。

現在では石油は、地球に元々ある炭素と水素が合わさって出来た「地球由来説」

もしくは、細菌や微生物が作り出した「微生物説」が有力視されています。

実際に、石油と同じような物質を作り出す微生物が既に見つかっています!

まあ、長い年月が必要という点は変わらないのですが・・・。

それでも、いつの日かパッタリと無くなる・・・という事は無さそうです。

何で生物由来だと言われたの?

石油の工場

石油の構成物質は「炭化水素」の油です。

そして、我々生物の構成物質にも「炭素」が多く含まれています。

人間に至っては構成物質の70%が「水」そして、20%が「炭素」なんです。

人間だけではない、微生物やプランクトンも炭素を多く含んでいます。

そういった微細な生き物が100万年以上の長い歳月をかけて、地中で圧縮され「炭化水素」となった。

と思われていたようです。
*諸説あります。

生物由来ではないという証拠は?

化石

実は今も尚、生物の死骸由来だとする説と地球由来もしくは、微生物が作り出したという説で真っ向からぶつかり合っています。

ですが、生物由来説に関しては疑問点がいくつもあります。

その一つがこちら。

「化石燃料では考えられないほどの超深度(10km以上)から原油が見つかっている」

と言う点。

石油は比較的浅い場所で見つかる場合もありますが、それ以外の場所でも「10km以上という超大深度」まで掘れば必ず出て来ています。

実際に現在は、その深さで採掘されています。

そして、そんな深さの所で化石は一つも発見されていません。

つまり、化石がある地層とかけ離れた場所で石油が発見されているのです。

「生物のいない所で、どうやって生物由来の物ができるのか?」

疑問ですね。

実際、石油の採掘量が増えている!

右肩上がり

「あと、30年で無くなります!」

こんなことを言っておきながら、実は石油の採掘量は毎年増加傾向にあります。

しかも、最近ではIEA(国際エネルギー機関)が「150年分は大丈夫」という発表をしています。

さらに、この150年分と言うのも「今の技術で」という前置きがあって言われたことです。

つまり、まだまだ採掘の余地があると言う事ですね!

これからの世界情勢が覆る!?

アメリカ

つい最近、アメリカが40年ぶりに原油の輸出を解禁したというニュースがありましたね!

今まで「コスト的に採算が合わない」として諦められていた地層からも石油が採れるようになったみたいです。

その量は、国内精製が追いつかない程・・・なんと近年では、アラブなどの中東を抜いて世界一の産油国となりました。

さらに、その埋蔵量も世界一と言われており、これからの世界情勢がまた変化しそうです!

数十年後にはアメリカや中国を抜いて、インドや中東が世界経済を引っ張っていくと言われていましたが・・・。

さすがですね・・・あと100年はアメリカの優位だろうな・・・。

世界の闇が垣間見える

「もしかして、何十年も前からこの事実を知っていたんじゃないの?」

オカルト好きな私はそう思ってしまいます。

実は、国によっては元々、石油が無くなるとは認識されていなかったようです。

しかし、世界の大きな闇が「石油なくなるぞー、やばいぞー、石油の代わりにこれやっとけ!」と推奨してきたエネルギーがあります。

それが「原子力」!

そう、「石油・石炭」でエネルギーを生み出す火力ではなく、低コストで膨大なエネルギーを作り出すことが出来る「原子力」です。

もし、当初から「石油は無くならない」という事を知っていたら、原子力発電はどうなっていたんでしょうね?

もちろん、完全ノータッチという事はないでしょうけど、今とは発電所の数は違うでしょうね。

世界の常識を知ろう!

進化論

アメリカでは、未だにダーウィンの進化論を信じない人が多いそうです。

もちろん、進化論が真実かは知りませんけどね・・・。

何が言いたいのかというと「もしかしたら、我々の常識は世界の非常識」かもしれないという事です。

鯨を食べるのが非常識とか、そんな文化的な事ではなく例えば・・・。

「地球温暖化は、人間の作り出す排出ガスなどの二酸化炭素が原因・・・というのは嘘」とかね!

まあ、何が真実で何が嘘なのかは、実際に確かめてみないと分かりませんが、少なくとも石油があと数十年で無くなるというのは嘘のようです。

 - 自然・環境 , ,

アドセンス

  関連記事

今さら聞けない「光化学スモッグ」って何?

1970年代に猛威を振るっていた「光化学スモッグ」 昔は、夏になると毎日のように …

富士山の世界遺産登録は、条件付きだった!

日本が世界に誇る山「富士山」 「富士山‐信仰の対象と芸術の源泉」という名で世界遺 …

九州一高い山?意外と知られていない屋久島の魅力!

屋久島といえば縄文杉で有名ですが、それ以外にもびっくりな所がいっぱいあるんですよ …

雪まくりが可愛い!癒し系自然現象に思わずうっとり。

「スノードーナツ」とも言われるこの自然現象、とってもユニークで可愛いですよね! …

住んでみたい?アイスランドの無人島にあるファンタスティックな家

さて、今回は「一度でいいから住んでみたいファンタスティックな家」を紹介します。 …

地球に住んでてよかった!世にも不思議な自然現象!

「嗚呼、地球っていいなぁ~。」 今回は、地球に住んでてよかったと思えるような、美 …

日本の誇るファンタジー世界の島「青ヶ島」

日本にも、ファンタジー世界のような美しい島があります。 そこは日本一人口が少ない …

霧の恐怖。最強の濃霧にこの世の終わりを感じる。

皆さん、濃霧を体験したことはありますか? 大雪が原因で起こる視界ゼロの「ホワイト …

ジブリ映画のモデルになった美しい世界の街や自然。

ジブリ映画の舞台設定には、必ずモデルがあることをご存知ですか? 空想だけではない …

カタトゥンボ川の雷が人智を超えている。異世界の扉が開かれる。

カタトゥンボ川とは、ベネズエラに流れている川の事で、マラカイボという湖に流れ着い …