ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

近づくと石になってしまう湖「ナトロン湖」が恐ろしい。

      2017/07/04

近づく者全てを石に変えてしまう恐怖の湖「ナトロン湖」

世界には、まだまだ不思議な場所が残っています!

今回は、世界でもトップクラスの辺境地を紹介します。

【スポンサーリンク】

ナトロン湖が恐ろしい

ネットニュースでも一時期話題になりましたね。

テレビでも、定期的に紹介されているナトロン湖ですが、今回はもうちょっと詳しく紹介したいと思います。

まずはこちらの動画をご覧ください。

動物の死骸が出てきますので、苦手な人はご遠慮下さい!

閲覧注意です。

通称「炎の湖」

ナトロン湖、通称「炎の湖」と呼ばれる湖は、アフリカのタンザニアにあります。

何故、炎の湖と呼ばれるのか。

それは、動画の最初に出てくる湖の様子見れば分かる通り、湖全体が炎のように真っ赤に染まっているからです!

すごいですねー!

一体何でこんなに赤いんでしょうか?

湖が赤い理由

それは、「赤い色をした微生物(好塩性微生物)が繁殖しているから」です。

うげー!

って事は、この赤色全部が微生物ってこと!?

いやー!それはキモいかも・・・。

でも、なんでその種類の微生物だけがいっぱいいるんでしょうか?

特殊すぎる環境

それは、このナトロン湖の環境が原因です。

実は、この湖・・・。

「塩分濃度8%」

「水温40度~50度」

「pH9.0~10.5(アンモニアと同等)」

という、超過酷な環境なんです。

なので、他の生き物がほとんどおらず、赤い色をした好塩性微生物が大量に発生しているのです。

しかも、長さ57km・幅22km・なのに深さが3mしかないという、比較的浅い湖でもあるんです。

まだまだ特徴はあります

実は、この湖・・・水の抜けていく場所がないんです。

つまり、水の溜まる一方で川に流れることがないのです!

「え?それじゃあ、いつか溢れちゃうじゃない!」

いえいえ、溢れることはありません。

何故なら、凄いスピードで蒸発しているからです!

この地域の気温40度!

しかも、湖の底では熱水が噴き出ているため水温は50度近くまで上がります。

その結果、どんどん水が蒸発していっちゃうんですね!

別名「死の湖」

では、何故この湖に入ると石になってしまうのか?

それは、この湖の特徴でもある「高アルカリ性」と「塩分」による作用です。

生き物がこの湖で死ぬと、アンモニア並のアルカリ性水と塩の影響で、体が腐る前に「石灰化」してしまうんです。

実はこれ、古代エジプトで作られていたミイラの作り方と、ほとんど同じ原理なんです。

なので、この湖は天然のミイラ生産工場となっているのです!

まさかそんな場所があったとは・・・。

未来は消える運命

このナトロン湖は、近い将来消える運命だと言われています。

何故なら、この地域が急速に砂漠化しているからです。

いくら広大な湖といえど、強大な砂漠化には抗えません。

その結果、この土壌は汚染されたまま砂漠化する可能性が高いのです。

ある生き物にとってはパラダイス!

フラミンゴ

こんな過酷な環境と消滅の運命を背負った「死の湖」ですが、ある生き物だけはここをパラダイスだと言います。

それが「フラミンゴ」

そう、何を隠そう!

フラミンゴが赤いのは、あの「赤い微生物を食べているから」なんです!

ナトロン湖はフラミンゴの繁殖地として打って付けの場所!

なんたって、餌は豊富にあるし、天敵はこの腐食性の湖を嫌がり近づきませんし、とっても安全なんです!

でも、いくらフラミンゴが慣れ親しんだ場所とは言えど、死んでしまえば石になります。

いやはや、死は平等ですな。

奇妙な湖です

ちなみに、動物園のフラミンゴが赤いのは、餌に「βカロテン」を混ぜて無理やり赤色に染めているからです。

世界の過酷な場所はまだまだあります。

でも、どんな環境にも生き物っているものなんですよね。

なんというか、「命って強いな~」って改めて考えさせられました。

 - 自然・環境 , ,

アドセンス

  関連記事

自然の神秘。世界には、数十年前から燃え続けている炎がある。

数十年前の炎!? 一体どういうことでしょう? ずーっと燃え続けているの?燃料は? …

何かを感じずにはいられない!摩訶不思議な自然現象・突然変異4選

「自然に出来たもの」 そう言われてしまえば、それだけのものなのですが・・・。 中 …

人の造りし物が朽ち果てる芸術。恐ろしくも美しい廃墟3選

またまた廃墟の紹介です! 人工物が長年放置されて朽ち果てる様は、ある種の芸術に見 …

「となりのトトロ」のモデルになった狭山丘陵ってどんな所?

となりのトトロと言えば、1988年・・・今から28年も前に公開されたジブリ映画で …

現代社会に未接触の部族が100以上いるって知っている?

我々の世代は21世紀を生きる、現役バリバリの新人類ですよね! スマートフォンの普 …

巨人の伝説「ジャイアンツ・コーズウェー」と「フィンガルの洞窟」

皆さんは、アイルランドの伝説「巨人フィン・マックール」を知っていますか? 今も北 …

何だコレ!?美しい丘に高いヤシが生えている「ココラ渓谷」

美しい草原の中にポコポコ生えているヤシの木。 その光景はとても美しく、どこか非現 …

「上色見熊野座神社」が完全に別世界!神はここに御座します。

「上色見熊野座神社」が神秘的過ぎます! 悪しき者は入れない・・・まるで、何かの結 …

「冬将軍」って誰のこと?意外な人物が由来に関係していた!

年末が近づき、日本列島を寒気が覆い尽くし始めましたね。 この寒さには、体の芯から …

ロシアの廃墟が美しい!ファンタジーを感じる不気味な建物。

廃墟ってなんかいいですよね! 歴史を感じるというか、ファンタジーを感じるというか …