ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

日本の誇るファンタジー世界の島「青ヶ島」

      2017/09/28

日本にもファンタジー世界のような美しい島があります。

そこは日本一人口が少ない村で、選ばれた人しか辿り着くことを許されていない神秘の島なんです。

今回は、そんな日本一美しい島「青ヶ島」を紹介します!

【スポンサーリンク】

日本の神秘「青ヶ島」

青ヶ島

青ヶ島村の住所は「東京都青ヶ島村無番地」

そう、その美しいファンタジー世界のような島がある所は、なんと東京都!

伊豆諸島の一つの島、ちょうど八丈島の真南に位置しています。

島全体が「青ヶ島村」に属しており、番地が存在しません。

なんか、それだけでもう神秘オーラ全開ですよね!

これがアニメの設定だったら、確実に美少女との自然の中で育まれる青春学生ストーリーになるのですが・・・。

現実はどうなんですかね?

学校はちゃんとある!

自然
なんと!学校がありましたか!

それもそのはず、最寄り島の八丈島からおよそ70km、本島の東京都からは358kmも離れています。

高校は無いものの小・中学校が合併で役場のすぐ近くに建てられており、校庭・プール・体育館そして特別教室棟まで完備されているんですよ!

2016年度は、小学生が9人・中学生が6人の計15人の生徒が在籍しているようです。

学校職員の人数より少ないです。

中学を卒業すると、島を出て高校生活のために自立しなくてはいけません。

そのために自立心を高めるような教育を受けているようです!

しっかりとした子供が多そうですね!

二重カルデラのファンタジー世界

2重カルデラ
出典造形フォース

青ヶ島の何が美しいって、その外観ですよね!

大きなクレーターのような中に、ちいさな山があって、その山とクレーターの壁面との間に広がる森。

何故、こんなにも美しい外観になったのでしょうか?

世界的に珍しい二重カルデラ

ひんぎゃ
出典るにん一家がゆく!

このクレーターのような凹みは、約3000年前の大噴火によって出来た凹みなんです。

大噴火によって地中のマグマが地上へ吹き出し、元々マグマが溜まっていた箇所が空洞になった結果、地面が陥没して今のような姿になったのです!

そうして出来た凹みの事を「カルデラ」と言います。

青ヶ島の場合は二重カルデラと言って、大きなカルデラの中に一回り小さいカルデラが形成された、世界的にも珍しい地形なのです!

青ヶ島の火山は今も尚活動中ですが、島の人達は上手く火山と付き合っています。

「ひんぎゃ」と呼ばれる噴気孔から出る熱を利用して、地熱釜とサウナを作り、自由に調理やサウナを利用することが出来るのです!

まるで、島全体が一つの家のような感じなのですね!

かつては女人禁制の島だった

青ヶ島の歴史には謎が多く、正式な記録はほとんどありません。

それは今から約230年前に起きた噴火の影響で、約50年間も無人島となったためです。

今、分かっているのはかつて「男女が同じ島で生活してはならない」という掟があったということだけ・・・。

そのため、女人禁制の島「男ヶ島」と呼ばれていたそうです。

うーむ、ある方面の方達にとっては夢のような島だったことでしょう。

選ばれた人しか上陸できない

青ヶ島の海
出典青ヶ島に暮らす

現在の人口は約160人。

島へのアクセスは八丈島からの船か、一日一便の定員9人までのヘリコプターしかありません。

ヘリなら20分程で着きますが、船の場合は2時間半かかります。

しかも「船の就航率は50~60%」少しでも天候が悪いとたどり着けないため、また2時間以上かけて八丈島に逆戻りです。

ヘリは人気のため空席状況を常に確認していないと予約は困難です。

島には、5つの民宿と無料キャンプ場があり、無事にたどり着いた者だけがその世界を楽しむことができます!

島特産の酒もある!

青酎
出典ネタフル

青ヶ島の特産の一つ「青酎」

原料から全て島で手作りされた焼酎で、アルコール度数は30度と高め。

甘味の強さが特徴で、本土ではほとんど流通しません。

島には2軒の居酒屋があり、そこでは「アシタバの天ぷら」や「島で採れたネタの寿司」を食べることができます。

天ぷらと寿司と酒!

空気は綺麗で、水も豊富!

星空は綺麗で、街灯も無い!

自然の中で生きるっていいですよね!

一度は行ってみたい!

世界には死ぬまでに行ってみたい所がいっぱいありますが、日本国内にもいっぱい行ってみたい所があります。

青ヶ島はその中でも最有力候補。

喧騒渦巻く都会から離れ、何も考えずに自然の中へ飛び込みたいですね。

1週間くらい滞在したいな。

ただし、台風の時期はご用心を!

行ったはいいけど帰って来れないし、どこへも観光できませんからね。

 - 自然・環境 ,

アドセンス

  関連記事

琵琶湖で釣った魚は戻しちゃいけない?琵琶湖に関する面白トリビア

私事ですが、先日「琵琶湖」を観光しまして、とっても楽しかったのですが・・・まあ、 …

雨の匂いは本当にあった!何とも言えないあの匂いの原因は!?

雨の降り始めや、降る直前に感じるあの独特な匂い。 別段、嫌な匂いというわけではな …

自然の神秘。世界には、数十年前から燃え続けている炎がある。

数十年前の炎!? 一体どういうことでしょう? ずーっと燃え続けているの?燃料は? …

法律上では「湖は河川」湖なんてものは存在しなかった!

湖と言うと「広い湖面に立ち込める霧、淡水魚がゆったりと泳ぎ、小舟の上でのんびりと …

まるで世界の終わりのよう。70年間、渋滞し続けている森。

ちょっと穏やかではないタイトルですね。 でも、70年間渋滞の解消されない森は実在 …

世界の常識!「石油は無くならない」従来の「無くなる説」を真っ向否定!

えええ! 石油って、あと30年もすれば無くなるって聞いたような・・・。 あれ?そ …

巨人の伝説「ジャイアンツ・コーズウェー」と「フィンガルの洞窟」

皆さんは、アイルランドの伝説「巨人フィン・マックール」を知っていますか? 今も北 …

九州一高い山?意外と知られていない屋久島の魅力!

屋久島といえば縄文杉で有名ですが、それ以外にもびっくりな所がいっぱいあるんですよ …

近づくと石になってしまう湖「ナトロン湖」が恐ろしい。

近づく者全てを石に変えてしまう恐怖の湖「ナトロン湖」 世界には、まだまだ不思議な …

氷の絶景を覗いて夏の暑さを忘れよう!

さて、今回は氷の世界を覗いてみましょう! 暑い日々でも、この記事を読めば少しはひ …