ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

法律上では湖は河川!?湖なんてものは存在しなかった!

      2017/05/21

湖と言うと、「広い湖面に立ち込める霧、淡水魚がゆっくりと泳ぎ、小舟の上でのんびりと釣りを楽しむ」

そんなイメージですよね?

でも、実は日本の法律上では湖なんてものは存在していないことをご存知ですか?

一体、どういう事なんでしょうか?

【スポンサーリンク】

明確な定義がない

湖

湖は、「海とつながっていない水のたまり場」の事を言いますよね?

そして、「小さいものを池」「大きいものを湖」と言う・・・このようなイメージだと思います。

しかし、日本の河川法には、その湖のほとんどが「河川」に分けられています。

それは、どこかからか水が流れてきて、一時的に溜まった後、地下水を通って別の出口から川に繋がっている為です。

つまり「湖=めちゃくちゃ幅広い川」と考えられているのです。

その為、「湖がどういうものか?」と言う正確な定義がされていないのです!

じゃあ、何で湖と川って呼び方が分かれているの?

綺麗な湖

それは、慣用的に使われている言葉をそのまま使っているだけなのです。

簡単に言うと

その地域で「湖と呼ばれているから湖」という事なのです。

すっごい当たり前のことを言ってますが、国が定義を定めていない以上「池」と言えば「池」になりますし、適当に定める事ができちゃうんですね。

その他にも「沼」についても明確な定義がありませんので、伝統的な呼び方をそのまま使っているだけなのです。

地図に載ってるそれぞれの呼称は、その地域の伝統に依存していたんですね!

一般的には違いはある

木が倒れている湖

法律上に定義はなくとも、我々にとっては「池」「沼」「湖」って全然違いますよね?

では、一般的なそれぞれの違いを比べてみましょう。

なお、今まで書いてきたように「明確な定義はない」ので、あくまで個人的に感じた違いを挙げるだけです。

「沼」とは

透明度が低く、泥が沈殿している比較的小さな水のたまり場。

ブラックバスやブルーギルなどの淡水魚が生息しており、水深は低い。

周りは草木に覆われていて、自然の中に存在する。

「池」とは

人工的に作られた比較的小さな水のたまり場。

鯉や金魚などの淡水魚が生息しており、透明度は高い。

水が抜けないように対策されていて、定期的に手入れも行われている。

緊急用の水場として利用されたり、鑑賞目的で作られる場合が多い。

「湖」とは

川から流れてきた水のたまり場。

広い面積と深い水深がある。

様々な生態系が育まれており、船の横行もある。

海のように波があり、場所によっては海水が混じっている所もある。

みたいな感じでしょうか?

色々な点で、加筆・修正が必要でしょうが、大体こんな感じだと思います。

世界の基準

世界の湖

実は、湖と沼と池の違いは国によっても違います。

世界的には「水底のにいっぱい植物が生えていたら沼」「水底に植物が繁殖できないほど深い所は湖」という違いがあります。

もしくは、「波打つほど広い所は湖」「波打つほど広くない所は池」という違いもあるそうですよ。

しかし、いずれにせよ明確で無いことは確かです。

世界でも曖昧な感じなんですね。

明確にする必要がない

地底湖

そもそも、明確に分ける必要なんてないのです。

何故なら、自然には色々なパターンの水のたまり場があるからです。

例えば、「地底湖」や「数年に一度の割合で出現する水のたまり場」など特殊な場合もありますので、それらを全て定義内に収めることは、とても難しいのです。

なので、細かく定める努力をするより、その地域でなんと呼ばれているかを尊重した方が合理的なんですね。

 - 自然・環境 ,

アドセンス

  関連記事

雪まくりが可愛い!癒し系自然現象に思わずうっとり。

「スノードーナツ」とも言われるこの自然現象、とってもユニークで可愛いですよね! …

自然の神秘。世界には、数十年前から燃え続けている炎がある。

数十年前の炎!? 一体どういうことでしょう? ずーっと燃え続けているの?燃料は? …

シルクロードの名残「月牙泉」。砂漠の真ん中に三日月の湖が・・・

シルクロードと言うと、中国と地中海近隣とを結ぶ交易路の事です。 途中、途方もない …

「雨」にも色んな呼び方があるのを知ってますか?

「雨」と一口に言っても、日本には実に様々な呼び方があります。 皆さんがよく知って …

【残された秘境】ソコトラ島のダンジョン感が凄い!

インド洋に浮かぶ秘境「ソコトラ島」 そこには、独自の進化を遂げた動植物の宝庫です …

巨人の伝説「ジャイアンツ・コーズウェー」と「フィンガルの洞窟」

皆さんは、アイルランドの伝説「巨人フィン・マックール」を知っていますか? 今も北 …

近づくと石になってしまう湖「ナトロン湖」が恐ろしい。

近づくもの皆、石に変えてしまう恐怖の湖「ナトロン湖」 世界には、まだまだ不思議な …

美しくても触れてはいけない、毒をもつ5つの危険な鉱石。

この世界には、触れてはいけない鉱石・結晶が存在します。 それらのほとんどは、見た …

地球最古の火。数千年前から燃え続ける太古の炎。

地球最古の火・・・今までマグマ以外に、一所に燃え続ける炎があることすら知りません …

日本の誇るファンタジー世界の島「青ヶ島」

日本にも、ファンタジー世界のような美しい島があります。 そこは日本一人口が少ない …