ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

地球最古の火。数千年前から燃え続ける太古の炎。

      2017/06/07

地球最古の火・・・今までマグマ以外に、一所に燃え続ける炎があることすら知りませんでした。

そんな私の思考の中には、炎に古い新しいなどの概念なんて微塵もありませんでしたね。

そのような流動的な物に新旧の概念を当てはめるとは、中々に面白いと思います。

「川」や「海」に古い新しいと付けるようなもんですかね。

前の記事自然の神秘。世界には、数十年前から燃え続けている炎がある。

【スポンサーリンク】

「2500年前~現在」トルコ:キマイラの燃える岩

トルコのヤナルタス山という岩山に、数千年も燃え続けている不思議な場所があります。

この炎について触れられている最古の記録は今から2500年前という事で、少なくともそれ以上の期間燃え続けていることになります。

古い文献によると、炎を吐く架空の生き物「キマイラ」を閉じ込めたと記されているそうですが、実際には岩の隙間から噴出されるメタンと水素のガスが原因だそうです。

かつては海からの目印として、灯台の役割も果たしていたとか。

今では、観光地としても有名で、ここの火を使ってお茶を入れるなどして活用しているそうですよ!

「数千年前~現在」ニューヨーク郊外:エターナル・フレイム・フォール

この火が灯った時期の正式な記録はありません。

現地では、ネイティブ・アメリカンが灯したと伝えられているそうです。

それが本当ならば、今から数千年前には既に火が灯っていたことになります。

凄いですね。

なんたって、先祖が調理や暖を取るために灯した火を、私たちも使うことが出来るんですからね!

さすが、火は最強のツールです!

最新の研究で分かった謎

滝の裏側で燃える炎

ちょうど滝の裏側で、小さく灯っていることから、この滝は「Eternal flame fall(エターナル・フレイム・フォール)」と呼ばれています。

今までは、この滝の岩盤から天然ガスが少しづつ漏れ出していて、それに火が付いていると考えられてきました。

しかし、どうやらこの地帯の地層からは、火が燃えるほどのガスはそもそも発生しないという事が分かったそうです。

さらに、岩盤自体もそれほど古いものではないという結果が出たそうです。

では、一体なぜ数千年もの間燃え続けることができたのか?

いつから、燃えているのか?

詳細は今も調査中だそうです。

「6000年前~現在」オーストラリア:地球最古の炎

地球最古の炎はオーストラリアにあります。

通称「燃える山」と呼ばれるウィンジェン山。

オーストラリアには、活火山が無いと言われているので、火山活動のせいで燃えているのではありません。

これは、地下30m付近にある「炭層」・・・つまり石炭が含まれている地層が燃えているのです。

その炭層は今から約6000年前から燃えていると言われており、「地球最古の炎」と呼ばれています。

今も昔も利用している

その地球最古の炎は、昔から人々の生活を助けてくれています。

昔は、調理や道具の精製など、地面から吹き出る熱風や蒸気をうまく活用していたそうです。

今では、観光地として有名で地面から湧き出る煙や熱気を感じることが出来るそうです。

どうやら、最古の炎は人間に優しい炎のようですね!

被害も出ている

と思ったら、やっぱり良い事だけではないようです。

燃え尽きた地帯の地盤沈下、膨大な温室効果ガスの発生、生態系への被害・・・

しかし、もちろん消火する事は出来ません。

あまりにも、膨大すぎて手が出せないのです。

一体いつまで燃えるんだろう・・

現在「燃える山」は、バーニングマウンテン自然公園として、NWS国立公園及び野生動物局が管理しているようです。

燃えている位置は、年1m程移動しているそうで、その内全ての炭層を燃やし尽くしてしまうのではないでしょうか。

ただし、それは何万年も先の話になりそうですね。

それにしても、燃え続けている炎というのは意外に多くてびっくりしました。

さて、次はどんな神秘が拝めるのかな?

 - 自然・環境 ,

アドセンス

  関連記事

観測史上初!?沖縄に雪が降ったことがあるってホント?

沖縄に雪!? あんな南の島で雪が降ることなんてあるのでしょうか? 沖縄の人は、東 …

近づくと石になってしまう湖「ナトロン湖」が恐ろしい。

近づく者全てを石に変えてしまう恐怖の湖「ナトロン湖」 世界には、まだまだ不思議な …

氷の絶景を覗いて夏の暑さを忘れよう!

さて、今回は氷の世界を覗いてみましょう! 暑い日々でも、この記事を読めば少しはひ …

向こうの景色がなぜ見える?クールな設計の透明な教会

ベルギーの東部、ボルフローン町の近所にある「透明な教会」 そのユニークさが想像の …

九州一高い山?意外と知られていない屋久島の魅力!

屋久島といえば縄文杉で有名ですが、それ以外にもびっくりな所がいっぱいあるんですよ …

「冬将軍」って誰のこと?意外な人物が由来に関係していた!

年末が近づき、日本列島を寒気が覆い尽くし始めましたね。 この寒さには、体の芯から …

裏世界のテーマパーク!?廃墟となった日本の遊園地。

子供のみならず、大人も遊べる楽しい遊園地。 あの、得も言えぬ独特な高揚感に特別な …

美しくても触れてはいけない、毒をもつ5つの危険な鉱石。

この世界には、触れてはいけない鉱石・結晶が存在します。 それらのほとんどは見た目 …

住んでみたい?アイスランドの無人島にあるファンタスティックな家

さて、今回は「一度でいいから住んでみたいファンタスティックな家」を紹介します。 …

カタトゥンボ川の雷が人智を超えている。異世界の扉が開かれる。

カタトゥンボ川とは、ベネズエラに流れている川の事で、マラカイボという湖に流れ着い …