ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

ここだったのか!?ジブリに出てくる舞台のモデル。

      2017/06/12

前回の記事ジブリ映画のモデルになった美しい世界の街や自然。で紹介しきれなかった物です。

今回は、数あるジブリ作品の中で「借りぐらしのアリエッティ」「ハウルの動く城」「思い出のマーニー」の舞台となったモデルを紹介したいと思います。

さて、あの世界観を現実でも味わうことができるのでしょうか?

*ネタバレがありますのでご注意ください!

【スポンサーリンク】

借りぐらしのアリエッティ:青森

盛美園
Photo by 663highland(作者)‐Seibien Hirakawa Aomori pref Japan02s3.jpg(ファイル名)(2012年)

おお!

ここは正しく、アリエッティ一家が借りぐらししている家ですね!

ここは、青森県平川市猿賀石林にある日本庭園「盛美園」です。

明治時代の三名園の一つに数えられています。

この庭園は、作庭の流派の一つ「武学流」の庭園で、「武学流の真髄」とも言われているんですよ!

日本の名勝(文化財の一つ)に数えられています。

借りぐらしのアリエッティってどんな作品?

翔

ジブリ作品の中ではマイナーな方だとは思いますが、個人的には好きな作品です。

アリエッティ一家が借りぐらしをしていた家に「翔(しょう)」という少年が訪れる所から物語が始まります。

翔は生まれつき心臓が弱く、手術直前の療養のため一週間だけ滞在する屋敷が物語の舞台です。

「人に見られてはいけない」

それが屋敷の床下に暮らす小人「アリエッティ」達の掟です。

小人は、人間の生活品を「借り」ながら密かに暮らしていました。

しかし、アリエッティは始めての「借り」の時に失敗し、「翔」に見つかってしまうのだった。

この作品の監督は、思い出のマーニーで監督を務めた「米林宏昌」です。

休日の梅雨の時期にでも、ゆっくりとご覧になってみては?

ハウルの動く城:コルマール

コルマール

メルヘンチックな街ですね!

ここの街は、アルザス地方のコルマールという街です。

戦争の影響をほとんど受けなかったため、今も中世の街並みが残っているんですよ!

この街なら、ハウルが隠れ住むのに適しているかもしれないですね!

それにしても、家の一件一件がとっても可愛いです!

きっと食べ物も美味しんでしょうね。

一日の休みがあったからこそ!

ハウルの動く城

「千と千尋」のプロモーションのためにフランスに行ったとき、一日休みがあったんです。それでアルザスに行ったら気に入ったので、舞台にすることにしました

このように話すのは、スタジオジブリの鈴木プロデューサー。

2004年9月に鈴木プロデューサーがベネチア国際映画祭の時にインタビューされた内容です。

当初は、ウェールズを舞台にすると考えていたそうですが、アルザスの思い出が強かったみたいですね!

さらに、作品内では他にもイタリアの影響を強く受けているそうです。

一日の休みがなかったら、また違った作品になっていたかもしれないですね!

思い出のマーニー:北海道

マーニーの屋敷
釧路湿地
出典人間万事塞翁が馬

思い出のマーニーの舞台は北海道の釧路湿原です。

原作ではイギリスなのですが、ジブリ版では北海道に舞台が移されています。

釧路湿原は日本最大の湿原として有名で、多くの野生生物の貴重な生息地となっています。

マーニーのお屋敷のモデルや、杏奈とマーニーが小舟で渡った湿地があるんですよ!

藻散布沼が完全に一致

カヌー
マーニー

藻散布沼(もちりっぷとー)と言います。可愛い名前ですね!

ここは、入江の海水と真水が入り混じる所で、まさに湿地といった感じです。

思い出のマーニーの世界観に浸れる素晴らしい所ではありますが・・・夏は蚊の巣窟になっているみたいなので、それなりの対策をお忘れなく。

藻散布沼では、カヌーも楽しめるようで、マーニーの世界観をより味わえますね!

ジブリ作品にハズレなし

やっぱり、ジブリはいいですね!

どうしても、「魔女の宅急便」や「トトロ」など昔の作品の名が挙げられますが、個人的には「コクリコ坂から」や「思い出のマーニー」も同じくらい大好きです。

宮崎駿監督が引退し、米林宏昌監督はジブリを退社・・・高畑勲監督もご高齢ですし、宮崎吾朗監督は武者修行中だし・・・。

でも、宮崎吾朗監督がまたスタジオジブリで長編アニメを作ってくれると期待しています!

そんなスタジオジブリの最新情報

なんと、今年の9月17日にスタジオジブリの最新作「レッドタートル ある島の物語」が公開されます!

監督は「マイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督」そう、スタジオジブリ初の海外の監督を採用しています!

鈴木敏夫氏がオファーを出したそうですよ。

アーティスティック・プロデューサーには高畑勲が就任しており、約8年をかけて完成させた作品です。

予告を見る限り、絵のタッチは完全にジブリではありませんね。

しかし、海外からは大きな反響を獲得しており、「泣いてしまった!」と感動の声も多いそうです!

果たして、宮崎駿絵ではないジブリ作品が日本で受け入れられるのか・・・気になる所ですが、私は確実に見に行きますね!

 - 自然・環境 , ,

アドセンス

  関連記事

雲の魅力。恐ろしいスーパーセルとは?空に海が出現?

雲っていいですよね。 ゆっくり見る機会なんてほとんどありませんけど、それでも時々 …

7年に一度しか姿を現さない、幻の池が日本にあった!

トリックや伝説の類ではありません。 いや、伝説級ではありますが、実際に存在する正 …

地球のものとは思えない!世界に実在する奇岩。

奇岩とは、読んで字のごとく奇妙な形状をした岩石の事なのですが、 今回紹介する奇岩 …

メキシコにある「クリスタルの洞窟」が想像をはるかに超える!

「クリスタル」つまり結晶の事ですね。 これから紹介するのは、超巨大クリスタルで埋 …

日本の音風景100選が予想以上に美しい。

皆さんは日本の「音風景100選」というのをご存知ですか? 1996年に当時の環境 …

九州一高い山?意外と知られていない屋久島の魅力!

屋久島といえば縄文杉で有名ですが、それ以外にもびっくりな所がいっぱいあるんですよ …

富士山の世界遺産登録は、条件付きだった!

日本が世界に誇る山「富士山」 「富士山‐信仰の対象と芸術の源泉」という名で世界遺 …

何で?倒れそうで倒れない奇跡のバランスを持つ岩。

「え?何で倒れないの?」 世界には思わず二度見してしまうような、奇跡のバランスで …

裏世界のテーマパーク!?廃墟となった日本の遊園地。

子供のみならず、大人も遊べる楽しい遊園地。 あの、得も言えぬ独特な高揚感に特別な …

雪まくりが可愛い!癒し系自然現象に思わずうっとり。

「スノードーナツ」とも言われるこの自然現象、とってもユニークで可愛いですよね! …