ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

ここだったのか!?ジブリに出てくる舞台のモデル。

      2017/06/12

前回の記事ジブリ映画のモデルになった美しい世界の街や自然。で紹介しきれなかった物です。

今回は、数あるジブリ作品の中で「借りぐらしのアリエッティ」「ハウルの動く城」「思い出のマーニー」の舞台となったモデルを紹介したいと思います。

さて、あの世界観を現実でも味わうことができるのでしょうか?

*ネタバレがありますのでご注意ください!

【スポンサーリンク】

借りぐらしのアリエッティ:青森

盛美園
Photo by 663highland(作者)‐Seibien Hirakawa Aomori pref Japan02s3.jpg(ファイル名)(2012年)

おお!

ここは正しく、アリエッティ一家が借りぐらししている家ですね!

ここは、青森県平川市猿賀石林にある日本庭園「盛美園」です。

明治時代の三名園の一つに数えられています。

この庭園は、作庭の流派の一つ「武学流」の庭園で、「武学流の真髄」とも言われているんですよ!

日本の名勝(文化財の一つ)に数えられています。

借りぐらしのアリエッティってどんな作品?

翔

ジブリ作品の中ではマイナーな方だとは思いますが、個人的には好きな作品です。

アリエッティ一家が借りぐらしをしていた家に「翔(しょう)」という少年が訪れる所から物語が始まります。

翔は生まれつき心臓が弱く、手術直前の療養のため一週間だけ滞在する屋敷が物語の舞台です。

「人に見られてはいけない」

それが屋敷の床下に暮らす小人「アリエッティ」達の掟です。

小人は、人間の生活品を「借り」ながら密かに暮らしていました。

しかし、アリエッティは始めての「借り」の時に失敗し、「翔」に見つかってしまうのだった。

この作品の監督は、思い出のマーニーで監督を務めた「米林宏昌」です。

休日の梅雨の時期にでも、ゆっくりとご覧になってみては?

ハウルの動く城:コルマール

コルマール

メルヘンチックな街ですね!

ここの街は、アルザス地方のコルマールという街です。

戦争の影響をほとんど受けなかったため、今も中世の街並みが残っているんですよ!

この街なら、ハウルが隠れ住むのに適しているかもしれないですね!

それにしても、家の一件一件がとっても可愛いです!

きっと食べ物も美味しんでしょうね。

一日の休みがあったからこそ!

ハウルの動く城

「千と千尋」のプロモーションのためにフランスに行ったとき、一日休みがあったんです。それでアルザスに行ったら気に入ったので、舞台にすることにしました

このように話すのは、スタジオジブリの鈴木プロデューサー。

2004年9月に鈴木プロデューサーがベネチア国際映画祭の時にインタビューされた内容です。

当初は、ウェールズを舞台にすると考えていたそうですが、アルザスの思い出が強かったみたいですね!

さらに、作品内では他にもイタリアの影響を強く受けているそうです。

一日の休みがなかったら、また違った作品になっていたかもしれないですね!

思い出のマーニー:北海道

マーニーの屋敷
釧路湿地
出典人間万事塞翁が馬

思い出のマーニーの舞台は北海道の釧路湿原です。

原作ではイギリスなのですが、ジブリ版では北海道に舞台が移されています。

釧路湿原は日本最大の湿原として有名で、多くの野生生物の貴重な生息地となっています。

マーニーのお屋敷のモデルや、杏奈とマーニーが小舟で渡った湿地があるんですよ!

藻散布沼が完全に一致

カヌー
マーニー

藻散布沼(もちりっぷとー)と言います。可愛い名前ですね!

ここは、入江の海水と真水が入り混じる所で、まさに湿地といった感じです。

思い出のマーニーの世界観に浸れる素晴らしい所ではありますが・・・夏は蚊の巣窟になっているみたいなので、それなりの対策をお忘れなく。

藻散布沼では、カヌーも楽しめるようで、マーニーの世界観をより味わえますね!

ジブリ作品にハズレなし

やっぱり、ジブリはいいですね!

どうしても、「魔女の宅急便」や「トトロ」など昔の作品の名が挙げられますが、個人的には「コクリコ坂から」や「思い出のマーニー」も同じくらい大好きです。

宮崎駿監督が引退し、米林宏昌監督はジブリを退社・・・高畑勲監督もご高齢ですし、宮崎吾朗監督は武者修行中だし・・・。

でも、宮崎吾朗監督がまたスタジオジブリで長編アニメを作ってくれると期待しています!

そんなスタジオジブリの最新情報

なんと、今年の9月17日にスタジオジブリの最新作「レッドタートル ある島の物語」が公開されます!

監督は「マイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督」そう、スタジオジブリ初の海外の監督を採用しています!

鈴木敏夫氏がオファーを出したそうですよ。

アーティスティック・プロデューサーには高畑勲が就任しており、約8年をかけて完成させた作品です。

予告を見る限り、絵のタッチは完全にジブリではありませんね。

しかし、海外からは大きな反響を獲得しており、「泣いてしまった!」と感動の声も多いそうです!

果たして、宮崎駿絵ではないジブリ作品が日本で受け入れられるのか・・・気になる所ですが、私は確実に見に行きますね!

 - 自然・環境 , ,

アドセンス

  関連記事

今さら聞けない「光化学スモッグ」って何?

1970年代に猛威を振るっていた「光化学スモッグ」 昔は、夏になると毎日のように …

裏世界のテーマパーク!?廃墟となった日本の遊園地。

子供のみならず、大人も遊べる楽しい遊園地。 あの、得も言えぬ独特な高揚感に特別な …

「上色見熊野座神社」が完全に別世界!神はここに御座します。

「上色見熊野座神社」が神秘的過ぎます! 悪しき者は入れない・・・まるで、何かの結 …

法律上では「湖は河川」湖なんてものは存在しなかった!

湖と言うと「広い湖面に立ち込める霧、淡水魚がゆったりと泳ぎ、小舟の上でのんびりと …

地球最後の秘境「南極大陸」のトリビア。南極にも国別ドメインが!?

地球最後の秘境・・・と言うのはさすがに大げさでしょうか。 他にも、地球には「秘境 …

「冬将軍」って誰のこと?意外な人物が由来に関係していた!

年末が近づき、日本列島を寒気が覆い尽くし始めましたね。 この寒さには、体の芯から …

難破船に感じる不思議な魅力。儚くも美しい、人工物の廃れる姿。

人工物の廃れる姿って、なんだか神秘を感じてしまいますよね。 今回は「難破船」をピ …

何だコレ!?美しい丘に高いヤシが生えている「ココラ渓谷」

美しい草原の中にポコポコ生えているヤシの木。 その光景はとても美しく、どこか非現 …

月の光から生まれる幸せの虹「ルナレインボー(月虹)」

月の光で作られる虹「ルナレインボー」 その虹を見た人には様々な幸運が訪れるそうで …

近づくと石になってしまう湖「ナトロン湖」が恐ろしい。

近づく者全てを石に変えてしまう恐怖の湖「ナトロン湖」 世界には、まだまだ不思議な …