ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

地球のものとは思えない!世界に実在する奇岩。

      2017/02/12

奇岩とは、読んで字のごとく奇妙な形状をした岩石の事なのですが、

今回紹介する奇岩は、形状に加え奇妙な性質を持った本当に珍しい岩石を紹介したいと思います。

恐らく岩石マニアか、よほどの理系好きな人じゃないと知らない岩石ばかりだと思うので、きっと初めて知る人にとってはビックリすると思います。

しかし!これらは本当に存在します!この地球上に!

【スポンサーリンク】

世界の奇妙な岩石

岩石

今回は、数ある奇岩の中から3つをピックアップしたいと思います。

個人的にはむちゃくちゃ興奮する系統の話ですが、

ネットサーフィンの末にたどり着いたトリビアだと思って、「こんな岩があるんだな~」と感じて頂ければ結構です。

「面白い!」と思って頂ければ感激至極でございます。一緒に飲みに行きましょう!

丸い巨石「モエラキ・ボルダー」

モエラキボルダー

これは、面白い!

巨神兵の卵のようにも見えるし、亀の甲羅のようにも見えます。

こちらは、ニュージーランドにあります「モエラキ・ボルダー」という丸い巨石です。

「モエラキ」というのは海岸の名前で「ボルダー」というのが大きな岩という意味らしいです。

どのように作られたの?

亀の甲羅のような岩石

気になるところですよね!

この巨石は、約6500万年前から形成され始めているそうです。

魚の骨や貝の死骸などが粉状に固まった物が核となり、長い年月をかけて徐々にカルシウムや炭素物質が集積していった物だそうです。

しかし、それは海底での出来事。

今から、約1500万年程前にこの地域の海底が隆起し、その後、雨や風などの影響で泥石地層が洗い流され、結果丸い巨石だけが残ったというわけです。

つまり、カルシウムや炭素物質の雪だるまってわけですな!

海底人の卵なら良かったのに・・・

成長する石「trovants」

川にある岩石
出典ジャポンタ:成長し続ける石「trovants」!!神秘的な石の信じられない地質現象!!

これは、少し怖いですね!

この石は、ルーマニアの自然保護区にある、少しづつ大きくなっている奇妙な石です。

なぜ、石なのに成長するのでしょうか?

何かしらの栄養素を摂取しているのか、もしやこれは植物?

何で大きくなるの?

trovantsは正真正銘の石です。

しかし、普通の石とは違って、分厚い砂の層がある特殊な砂岩なのです。

そして、雨が降るとその砂の層に水分が浸透し、この砂岩に含まれる炭酸塩鉱物や多孔質(細かい穴がある)の砂が化学反応を起こして、ボコボコっと大きくなるみたいですね。

つまり、「水に濡れると大きくなる」ってことです。

ちなみに、この石は大雨が降ると6~8mm程成長し、6~10mに達すると成長が止まるそうです。

そのまま人型になってゴーレムとして動き出せばいいのに・・・

神秘の噴泉塔「フライ・ガイザー」

フライ・ガイザー
出典旅行の達人

なんと、美しい・・・

こんな物が存在するとは、やはり地球は面白い!

なんだか、格闘ゲームの必殺技みたいな名前だったので正直馬鹿にしてましたが、ここまで美しいとは・・

この「フライ・ガイザー」は間欠泉と違って、絶えず熱水を噴出しているため、噴泉塔と呼ばれているそうです。

なぜこんなにも色鮮やかなのか・・

どうして、こんなに綺麗な極彩色なのか気になりますよね?

もちろん、観光のためにわざと色をつけているわけではありません。

実はこれ茶色や緑色の部分は、高温で育つ「藻」だそうです。

その他の部分は、ミネラル成分と藻が反応している色なんだとか・・・

つまり、あれ全部、藻で覆われてるってことですね。

なんか、急に現実に引き戻された・・・

きっかけは人の手!?

この噴泉塔、こんな状態になっているのだから、さぞかし太古から存在する物なんだろうと思っていましたが

なんと、誕生したのはわずか100年前!

しかも、井戸づくりのために穴を掘ってたら、偶然にも熱水源を掘り当てたというビックリな原因だったのです。

その後、噴出する熱水に含まれる炭酸カルシウムが積み重なり、現在のような塔が出来たというわけです。

現在は、3~4m程の高さだそうですが、今も絶え間なく熱水は噴出されているので、これからもっと高くなるとの事です。

地球って面白い!

奇岩

いかがですか?

いずれも、岩石と言っていいものか考えてしまう程、奇妙な性質を持っていましたね。

最後の極彩色な「フライ・ガイザー」、是非ともこの目で見てみたいです。

が・・・残念ながら私有地にあるみたいなので観光客は近くで見ることができません。

しかも、ネバダ州のド田舎の砂漠にあるみたいで、周りは「人がいないから」という理由で、ロケットの打ち上げ実験にも使われているような土地だそうです。

何故そんなところで100年前に井戸を掘っていたのかは謎ですね・・・

「開拓しようと思ったら、熱い水でた」って感じですかね!

だとしたら、ちょっとシュールで面白いかも(笑)

 - 自然・環境 ,

アドセンス

  関連記事

巨人の伝説「ジャイアンツ・コーズウェー」と「フィンガルの洞窟」

皆さんは、アイルランドの伝説「巨人フィン・マックール」を知っていますか? 今も北 …

富士山は4つの火山の集合体!?富士山の豆知識。

日本一の山「富士山」は4つの山の集合体だった! だからあんなに高いんですね! 他 …

シルクロードの名残「月牙泉」。砂漠の真ん中に三日月の湖が・・・

シルクロードと言うと、中国と地中海近隣とを結ぶ交易路の事です。 途中、途方もない …

現代社会に未接触の部族が100以上いるって知っている?

我々の世代は21世紀を生きる、現役バリバリの新人類ですよね! スマートフォンの普 …

「上色見熊野座神社」が完全に別世界!神はここに御座します。

「上色見熊野座神社」が神秘的過ぎます! 悪しき者は入れない・・・まるで、何かの結 …

地球に住んでてよかった!世にも不思議な自然現象!

「嗚呼、地球っていいなぁ~。」 今回は、地球に住んでてよかったと思えるような、美 …

向こうの景色がなぜ見える?クールな設計の透明な教会

ベルギーの東部、ボルフローン町の近所にある「透明な教会」 そのユニークさが想像の …

自然の神秘。世界には、数十年前から燃え続けている炎がある。

数十年前の炎!? 一体どういうことでしょう? ずーっと燃え続けているの?燃料は? …

地獄なのか天国なのか?白銀の寺院「ワットロンクン」が異世界過ぎ!

タイ北部のチェンラーイという街には、白銀に光り輝く「ワットロンクン」という寺院が …

日本の誇るファンタジー世界の島「青ヶ島」

日本にも、ファンタジー世界のような美しい島があります。 そこは日本一人口が少ない …