ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

今さら聞けない「光化学スモッグ」って何?

   

1970年代に猛威を振るっていた「光化学スモッグ」

昔は、夏になると毎日のように注意報が発令されて、よく建物内に避難したという経験があると思います。

一旦沈静化したものの、最近になって再び猛威を振るっているようです!

今さら聞けない!「光化学スモッグ」って一体何者!?

【スポンサーリンク】

光化学スモッグとは?

光化学スモッグ

光化学スモッグとは、工場や自動車などから排出される有害物質が、太陽の光を浴びて化学反応を起こし、「光化学オキシダント」というさらに有害な物質に変化したものです。

空気中の光化学オキシダントの濃度が0.12ppmを超えると、各自治体から注意報が発令されます。

特に、日差しが強く風の弱い夏場に発生することが多く、粘膜系の弱い方には注意が必要です。

もっと詳しく!

排気ガス

高度経済成長期であった70年代では、今の中国のように日本でも大気汚染を考えない無茶な成長をしていました。

その結果、様々な有害物質を川や海、そして空気中に放出していたのです。

こと光化学スモッグに関して言えば、窒素酸化物や炭化水素、 揮発性の有機化合物などが原因と言われています。

つまり、工場の排気ガスや車の排気ガスの事です。

それらが、紫外線に当たることで、二次的汚染物質を作り出してしまうのです。

その内

酸化性物質のオゾン、アルデヒド、パーオキシ・アセチル・ナイトレート、 過酸化物

これらをまとめて「光化学オキシダント」と呼ぶのです。

どんな症状が出るの?

悲しい

光化学スモッグを吸い込むと、以下のような症状が出ます。

目の主な症状…目がチカチカする、目が痛い、涙が出る
呼吸器の主な症状…喉が痛い、咳が出る、息苦しい
その他…吐き気、頭痛、失神、手足のしびれなど
喘息などのアレルギーを持っている人は、アレルギー反応が悪化する場合もある。

これらの症状が出た場合は、すぐさま屋内に逃げ込み、きれいな水で目を洗ったりうがいをしましょう!

この時、目をこすらないようにすることが大切です。

そして、窓を閉め切って注意報が解除されるまで屋内待機しておきましょう。

また、これらの症状のほとんどが一過性の物ですので、時間が経てば自然と改善されます。

ただし、喘息の悪化などは医師の診断が必要な場合もありますので、異常な症状が続く場合は病院に行かれる事をオススメします。

視界も悪くなる?

車

光化学スモッグは、目に見えない恐怖ではありません。

なんと、濃度が高くなると、霧のようなモヤが発生するのです!

遠くの山やビルを見て、いつもより白がかったように見える日は注意が必要です。

また、空気の綺麗な田舎よりも、排気ガスの多い都心部で発生することが多いです。

ただし、光化学スモッグは紫外線が当って作られる物質なので、条件の揃った場所ならどこでも発生しますので注意が必要です。

まとめ

光化学スモッグの発生しやすい条件は

日中の最高気温が25度以上

午前9時以降の日照時間が2時間半以上

無風、または弱い風

地表と上空1,000mの気温差が7度以上

夏型の気圧配置で等圧線の間隔が広い

と言われています。

簡単に言えば、風のない晴れた夏場が危険という事です。

外で遊ぶのもいいですが、影響の出やすい子供の場合は、注意報が発令されたら屋内に入る事をオススメします。

ちなみに

工場

ちなみに、何故今さら光化学スモッグが再発しているのでしょうか?

その背景には、「中国など近隣国からの原因物質の流入」が挙げられています。

また、日本でも車の排気ガスが規制されているものの、基準に達していなかったり、改善が足りないという事も原因のようです。

それに加えて、ヒートアイランド現象や地球温暖化の影響で、光化学スモッグの発生しやすい条件が揃ってしまっているようです。

知らない内に蝕まれていくんですよね・・・。

 - 自然・環境 , ,

アドセンス

  関連記事

雲の魅力。恐ろしいスーパーセルとは?空に海が出現?

雲っていいですよね。 ゆっくり見る機会なんてほとんどありませんけど、それでも時々 …

月の光から生まれる幸せの虹「ルナレインボー(月虹)」

月の光で作られる虹「ルナレインボー」 その虹を見た人には様々な幸運が訪れるそうで …

地獄なのか天国なのか?白銀の寺院「ワットロンクン」が異世界過ぎ!

タイ北部のチェンラーイという街には、白銀に光り輝く「ワットロンクン」という寺院が …

なんと、カルフォルニアには「ガラスのビーチ」がある。

ガラスのビーチ!? 一体どういうことでしょうか? 辺り一面ガラスだらけって事?そ …

地球最古の火。数千年前から燃え続ける太古の炎。

地球最古の火・・・今までマグマ以外に、一所に燃え続ける炎があることすら知りません …

海の上に湖が!不思議な絶景「ソルヴァグスヴァテン湖」が幻想的!

これは! 海のすぐ上に湖が浮かんでいます! 息を呑む美しさに言葉を忘れてしまいま …

人の造りし物が朽ち果てる芸術。恐ろしくも美しい廃墟3選

またまた廃墟の紹介です! 人工物が長年放置されて朽ち果てる様は、ある種の芸術に見 …

現実離れした本当にあった凄い竜巻。虹を吸い上げる!炎の竜巻!

毎年甚大な被害を生む驚異の自然現象「竜巻」 その恐ろしさは、発生件数の少ない日本 …

現代社会に未接触の部族が100以上いるって知っている?

21世紀に入り早15年。 スマートフォンの普及で情報化社会が一気に広がり、様々な …

自然の神秘。世界には、数十年前から燃え続けている炎がある。

数十年前の炎!? 一体どういうことでしょう? ずーっと燃え続けているの?燃料は? …